IDNがこれまでの相談を受けた実績 


【学生・フリーターの場合】
 ・事例−1 就職を控え進路選択に迷っている大学生3、4年生
 ・事例−2 模擬面接を希望する女子学生

 
相談内容:一度模擬面接を受けて試験官の評価を聞いてみたい


 IDNで相談を受けた一学生の手記
【次の仕事を考えている人の場合】
 ・事例−3 就職はしているが現在の仕事に満足できないでいる若者
 ・事例−4 転職を考えているが思うように踏みきれない30才前後のビジネスマン


相談内容: 今のような状況の中では、自分一人で考えてもなかなか前へ進めない…
相談内容: 一度面接を受けて前へ進むきっかけをつかみたい…
【女性の場合】
 ・事例−5 毎日を無事に過ごしているが、人生や職業について考えている女性
 ・事例−6 結婚し子供もいるが、現在の勤務にはどうしても満足できない

 ・事例−7 一人暮しのお年寄りを看ている保健士…

相談内容:自分の話をよく聞いてくれて、自分を分かってくれる話し相手が欲しい

 

私たちは、相談に見えた人の気持ちになって、
考え、悩み、本人が自分で進路を見つけることができるよう、
一緒になって話し合っています

就職活動を振り返って(一学生の手記
 就職活動は今までの人生の中で最大のイベントでした。数ヶ月の短い期間ではありますが、いろいろな事を勉強し経験しました。
そして自分自身の事を一番見つめ直した期間でもあります。
 私はソフトを作るシステムエンジニアを志望していました。3月の中旬から就職活動を始めていろんな会社を回り選考試験を受けました。しかし1次の筆記試験が通っても2次の面接がなかなか通らないという厳しい状況でした。

 そんな中お世話になったのがIDNの奈良原さんでした。奈良原さんに教わった事で一番印象に残っている事が自己分析の大切さです。奈良原さんに会う前の私は、自己分析がしっかり出来ていなく、いきあたりばったりで面接をしていたような気がします。
 自己分析の方法を教わり自分自身を振り返りました。その事により自分の性格や行動を今まで以上に知ることが出来ました。自己分析をしっかりする事で面接ではしっかり答える事ができましたし自分の性格などの裏付けを経験にともなって話すことができました。
 
そして数回にわたる模擬面接をやっていただく事で自分の言葉で相手にしっかりと伝える事が出来るようになりました。奈良原さんの協力により自信をつけた私ですがなかなか結果は出ませんでした。このときばかりは正直、挫折感もありましたし途中であきらめそうになりました。
 システムエンジニアになる事ばかり考えていましたがもう少し視野を広げてどんな職種があるのかまた自分にどんな職業があっているのかを真剣に考えはじめたのが7月に入ってからでした。その時セールスエンジニアという職種があるのを知りました。技術が分かる営業職です。 
 自分は中学・高校と工業高校で技術に携わってきたし、大学で野球部に在籍し副キャプテンとしてチームを引っ張っていましたし、とにかく人と接することが好きな事もあって自分にはこの職種も向いているのではと感じ始めました。
 そして学校で行われる学内合同企業説明会でN販売という企業が参加していました。偶然にも募集職種はセールスエンジニアだったのです。お話を聞き選考試験を受ける事になりました。

 面接ではとにかく大きな声で笑顔を忘れずに話す事を心がけました。この面接で特にアピールした事は部として機能が成り立っていなかった時期を部員の結束で乗り越えた野球部での経験です。結果27社目にしてようやく内定をいただく事ができました。

 約5ヶ月間、人生の中では短い期間ではありますが将来の事を真剣に考えて自分がやりたい事を本気で考えた期間でした。途中でなげだしそうになった事が何度もありましたが一生懸命努力しあせらずに自分のペースで頑張れば必ず結果がついてくると思います




心のなやみと進路相談のTOPへ