--
-
NPO 自立化支援ネットワーク・アウトドアクラブ
IDN-ODC Inter Depending Network・Out Doors Club
Takaokai
ようこそ! IDNたかお会のアルバムへ

第127回活動
渋沢丘陵ハイキング
(秦野市)
2018年11月29日(木曜日)
渋沢駅→渋沢神社→渋沢中学校前→栃窪神社→渋沢丘陵→
震生湖(昼食)→白笹稲荷(関東三大稲荷)→太岳院→秦野駅

参 加 者
山本武田・冨山・樋山・土屋・小宮・出澤・東川
撮 影 : 山 本・東 川


-No0-丹沢山系(塔ノ岳(右奥)〜三ノ塔-〜大山)

-No1-渋沢駅へ10時30分集合-

-No2-山本幹事の行程説明-

-No3-渋沢神社へ-

-No4-往時は若宮八幡宮・明治6年渋沢神社に改称-

-No5-本殿 龍の蟇股(カエルマタ)-

-N6o-蟇股の両側には手の込んだ獅子の彫刻-

-No7-渋沢中学校正門前で-

-No8-正門の紅葉-

-No9-丹沢山系と渋沢の町-

-No10-竹林の中の銀杏-

-No11-栃窪神社 創立年代は不詳
小田原街道の要所にあり正保古図や元禄古図にも記載されている -

-No12-境内は広い
銀杏の実が沢山落ちていた-

-No13-案内標識完備している-

-No14-落ち葉を踏む音心地よし-

-No15-丘陵から相模湾を望む-

-No16-植物名不明-

-No17-丘陵には自然薯が多く自生いている-

-No18-自然薯直売所-

-No19-夏みかん?-

-No20-丘陵の大根畑からの大山(1251m)-

-No21- -

-No22-入り口から下に降りる-

-No23-途中のベンチで昼食-

-No24-震生湖-

-No25-静かな湖である-

-No26-震生湖をバックに-

-No27-震生湖左岸をハイク-

-No28-紅葉眼にしみる-

-No29-大きな緋鯉が泳いていた-

-No30-静寂-

-No31-花が咲けどもバナナならず-

-No32--

-No33-白笹稲荷神社の手水舎は、孟宗竹に開けた幾つもの
穴から落ちる手水で参拝前の手を清める(白笹の湧き水)-

-No34-関東三大稲荷 白笹稲荷神社-
創建当時は「白篠稲荷」秦氏が稲荷信仰を広めた

-No35-曹洞宗 太岳院-

-No36-本堂は安藤忠雄氏の設計である-

-No37-太岳院の鐘楼と桜古木-

-No38-桜古木と今泉湧水池
市内の湧き水池の中で水量が最も豊富な池である-

-No39-秦野駅に到着-

-No40-秦野駅前モニュメント-
Top Pageへ