◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                                 メルマガ IDN 第69号
                                      Inter Depending Network
                                      2005年 2月15日発行
              
                                                          
**********************************************************************************

                               このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員
                             の皆様とこれまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
                      お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
                          メルマガIDNのバックナンバーをIDNのホームページでもご覧頂けます

                                       
http://www.npo-idn.com/

*********************************************************************************

                                      《第69号のご案内》
 
総会開催の予告
 
1.ふれあい充電講演会 
 =第46回( 2月21日)「全国大学野球神宮記念大会を連覇した東亜大学は何故強くなったか」の案内
 =第47回(3月14日)「スペイン巡礼の記~ピレネーからサンティアゴまで800kmを単独踏破~」の案内

2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =東京:第32期のご案内(再掲)
 =受講感想:林 大雅さん・鹿野啓子さん
 
3.IT・PC講座  
  =パソコン楽しみ隊:2月19日「スキャナの活用」勉強会の案内
  
4.学生,社会人の進路相談 
  =佐藤栄吉さん(アドバイザー第5期):近況です

5.下関支部レポート
  =
番外編 2月13日広域合併で大「下関市」が誕生
 
6.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
 =勉強会:第3回報告と第4回の案内

7.アドバイザーの埼玉の会「シニアドさいたま」
 第2回(2月17日)「シニアドさいたま」開催の案内

8.IDN会員募集のご案内 
  =入会を考えている方に(再掲) 
 
9.再開海外旅行体験話クラブ
 =再開第1回開催(3月21日)のお知らせ 
 
10.新企画:会員のホームページの紹介
 =金田和友さん:和散人のホームページ  

11.ふれあい広場  
 =第6回たかお会『小石川後楽園散策と観梅』の報告
 =「たかお会」の今年の計画
 =「たかお会」メーリングリストへのお誘い(再掲)

12.編集後記 
 =第69号は盛りだくさん
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

正会員の皆様へ第5期第2回社員総会のお知らせ
 自立化支援ネットワーク(IDN)第5期第2回社員総会を開催いたします。まもなく正式のご案内をいたします。
なお当日は、総会のあとふれあい充電講演会が開催されます(第47回の開催案内参照)。ご参加下さいますようお願いいたします。
・日時:平成17年3月14日(月)午後5時30分
・場所:東京都しごとセンター5F第1セミナー室
    東京都千代田区飯田橋三丁目10番3号
・内容:当期の事業、会計報告ならびに今期の事業計画等を審議
 
1.ふれあい充電講演会
■第46回(2月21日)「全国大学野球神宮記念大会を連覇した東亜大学は何故強くなったか」の案内(再掲)

~チームづくりの原点~
IDN下関支部のある下関東亜大学野球部は、小柄な選手が多く甲子園組は一人もいませんし、グランドは狭く、ネットもフェンスもなく、トレーニングマシンも、ピッチングマシンもない逆境の中で、2年連続3度目の全国制覇を成し遂げました。
今回は、中野泰造監督の指導を受け、初めて日本一に輝いた時のピッチャーでキャプテンであった本田智之さん(品川プリンスホテル人事課勤務)に、限界に挑戦している若者たちの熱い物語をお聞きします。地方に生きる「若い力の台頭」と逆境に打ち勝つ「チームづくり人づくり」の原点を見つめ直してみようではありませんか。
                記
・テーマ:「逆境に打ち勝って連続日本一になったチ-ムづくり人づくり」
・主催:NPO自立化(相互)支援ネットワーク
・共催:東亜大学
http://www.toua-u.ac.jp/
・後援:山口県東京事務所 下関市東京事務所 中国新聞社
・日時:2月21日(月)午後6時~7時半
場所: 東京都しごとセンター(旧シニアワーク東京)5F第1セミナー室                 

         千代田区飯田橋3103 0352112307

・会費:1200円(一般) 1000円(会員)
・懇親会費:2000円(講演会後任意参加)
・申込み:中川   03-3869-0315 メール
mgt-naka@cilas.net
      :奈良原 049-267-2688  メールh-p-n@interlink.or.jp
・定員:50名

■第47回(3月14日)「スペイン巡礼の記 ~ピレネーからサンティアゴまで800kmを単独踏破~」の案内
・講演の紹介:
 村山雅彦さんはスペインの巡礼の旅を計画し、03年8月と04年5月の2回に分けてピレネー東麓の街、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから、サンティアゴまでの累計800kmを踏破された。
 村山さんは、思いもかけず食道と声帯にガンないしガン性のポリープ有りとの宣告を受け、それらの手術のため6週間ほど入院された。これからの「第二の青春」を楽しむためにも、とりわけ精神的に回復できたと言う自信を感得したいために「計画から実行まで一人でやることで、とにかく病気に負けなかった、という証しにしたい」の一点張りで奥様の説得に努めた結果漸くお許しが出て、出発されたそうである。
 早朝に宿を出発しその日の行程が始まる。歩きながら色々なことを反省したり、空想したり妄想にふけったり、風景や建築美術も楽しむ。教会や聖堂をおとずれる。半日歩いて、午後は知り合った連中とワインやビールの杯を傾けながらお喋りをし、いろいろな人々との出会いを楽しむ。
写真を見せてもらいながら旅の体験談をうかがう。

・講師の略歴:
1961年八幡製鐵(現、新日本製鐵)に入社。社会人としてのはじめの20年強は、資源エネルギー。とくに日本鉄鋼業が粗鋼100百万トン体制を築くための原料確保。次の10年は為替・金融の規制緩和・国際化の中での資金調達。最後は関連会社の役員。

      記
・テーマ:「スペイン巡礼の記~ピレネーからサンティアゴまで800kmを単独踏破」
・講師:村山雅彦氏
・主催:NPO自立化(相互)支援ネットワーク
・後援:天地シニアネットワーク
・日時:3月14日(月)午後6時~7時半
・会場:東京しごとセンター 第1セミナー室(定員 42名)
    http://www.tokyoshigoto.jp/shigoto/sctop/?from=sctop&menu=guide&floor=002
・会費:1,500円(一般) 
     1,000円(IDN会員および天地シニアネットワークの関係者)
・懇親会費:2,000円(講演会の後任意参加)
・申込み:中川            TEL: 03-3869-0315
     :生部(しょうぶ)e-mail : k-shobu@sirius.ocn.ne.jp 

IDN および 天地シニアネットワークの関係者の参加をお待ちします
 
*********************************************************************************
2.シニア情報生活アドバイザー講座
■ 「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは
  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

■東京:32期のご案内(再掲)
2005年に入り、下記の講座を計画しています。
毎回土曜日の開催です。ご参加をお待ちします。
2005年 2月26日(土)~2005年 3月26日(土)
・会場:TEPIA(財団法人 機械産業記念事業団)
    港区北青山2丁目8番44号(地下鉄外苑前より徒歩4分)
 
東京での開催の詳細は下記でご覧ください
URL:http://www.npo-idn.com/senior2.htm
 
■アドバイザー講座受講感想
林 大雅さん・鹿野啓子さんの受講感想をふれあい広場に掲載しています 
******************************************************************************* 

3.IT・PCの勉強会

■パソコン楽しみ隊:2月「スキャナの活用」勉強会の案内(再掲)

みなさまとともにスキャナの楽しい活用を探ります。スキャナに興味のある方、これから使ってみたい方にスキャナの選び方、使い方等をご案内します。すでに活用している方はぜひスキャナの魅力や便利な使い方をご披露ください。
     記
・日時:2月19日(土)13時~16時
・場所:品川人材開発センターPC教室
・講師:國重誠之さん
・連絡先:三好みどり  さん  otemo@jcom.home.ne.jp
 

*********************************************************************************


4.学生,社会人の進路相談をいたします

  この欄に、いろいろな方に登場していただいて、厳しい体験をできるだけ本音で語って頂いています。

 早くも志を立てたあの時から3年を経過し、「更新」の時期を迎えました。「更新の予報」に対して、佐藤栄吉さんから、以下のような近況報告を頂きました。アドバイザー資格の活用について、いろいろ苦心しておられる話も聞きますが、佐藤さんの「近況報告」は大変示唆に富んだ内容を含んでいます。ご本人の了解を得て、ご紹介させて頂きます。【奈良原眞吉】 

 

佐藤栄吉さん(アドバイザー第5期):近況です

大変ご無沙汰しております。ご連絡有難うございました。このところ、身の回りがせわしく、いろいろなご案内をいただきながら東京まで出ることが出来ませんでした、申し訳け御座いません。 さて、更新の件ですが、佐藤も出来ることなら、是非、受講して更新を果たしたいと思いますので、その節はよろしくご指導くださいますようお願いいたします。

 

近況です

1)神奈川県のシニアクラブ「神奈川県定年問題研究会」という会の事務局の一員として、ホームページの一部(毎月の行事予定欄)を受け持っております。
2)昨年の2月より、スーパー「ユニー金沢文庫店」の家電売り場に 販売員として勤務しております。週4日(7時間・日)の勤務ですが、楽しく励んでおります。また、デジタル家電等(液晶テレビ・DVD・デジカメ・各種部品など)に接することが出来ますので、シニア情報アドバイザーで勉強したことも、おおいに役立っております。
3)健康つくりとして、毎月3回ほど、ハイキング(山行など)に出かけております。
 小田急沿線の新松田・本厚木など丹沢方面が多いですが・・・・。
お蔭様で、すこぶる元気に過ごしておりますのでご安心下さいませ。

**********************************************************************************
 
5.下関支部レポート

番外編 213日広域合併で大「下関市」が誕生 

 2005年2月13日、平成の市町村合併で新しい下関市が誕生しました。『自然と歴史と人が織りなす交流都市』を基本理念に、下関市と山口県豊浦郡の4町、菊川町・豊田町・豊北町・豊浦町が合併しました。人口297,423人、世帯数126,786戸、面積715.8平方Km、県内最大の都市になりました。 

 面積で比較すると、東京都23区の面積621.5平方Kmがスッポリ入ってしまう広さです。東京都23区が人口約840万人、人口密度は約13,500人/1平方Km、新下関市が約415人/1平方Kmである、東京23区内にたった30万程度の人しか住んでいないのである。 

 山口県内で比較すれば、広さは下関市よりも早く合併した周南市を抜いて第一位。人口も県総人口の20パーセントをしめ第一位、総生産額、総所得額ともに第一位。農業粗生産額も二位の山口市の約2.7倍で第一位、商品販売額も二位の周南市の1.6倍で第一位。地域の規模、経済活力ともに県内では抜きんでた存在である。

                                                                     

 1市4町の合併は山口県内でも異例といえるほどの順調さで実現しました。旧4町の住民も昔から旧下関市内に通勤など互いに生活圏内だったことが背景にあったためと思われます。しかし問題も沢山あります。その一つ、旧市・町の議員は合併に伴う在任特例措置で2年間は議員の籍があります。下関市の場合は議員数105人になります、これがあまりにも多い。市民約30万人、議員一人当たり市民約2,860人になります(旧下関市の場合は市民約7,000人に一人の議員)。旧下関の人口は約25万人、旧4町の人口は合計で約5万人、人口が20㌫増えるのに議員が20㌫増えるのではなく、旧下関の議員数36人の約3倍近くになるのは市民として納得がいきません。例え特例措置の2年間であっても税金の無駄使いである。新下関市の人口に合った法定議員数にするために、議会を解散すべきとの意見は市民の中からはたくさん聞かれるのですが、情けないことに現議員の中からは殆んど聞こえてこないのは残念です。

 

 これと同じようなことが1市4町合併の周南市でありした。周南も議員数が下関と同じく多く、その上議員報酬を一番高い市の議員報酬に合わせたため、市民の怒りが爆発、市民運動が起こり結局議会は解散に追い込まれ選挙になりました。そのためかどうかは分かりませんが、新下関の場合は議員報酬を現行のままでの移行です。でもこれもおかしな話で、同じ市の議員として活動しても、旧4町の議員報酬は旧市の議員の三分の一程度の報酬のままです。これ以外にもいろいろ問題があります、良い機会なので、なぜ平成の合併が行われるのか、市民も市議会議員も良く考えて、誰が住んでも住み良い新しい下関市になることを祈っています。

【レポート:下関支部 青木紀雄さん】
 

*********************************************************************************
 

6.千葉アドバイザーの会「C-PAK」

■勉強会:第3回報告と第4回の案内 

 第3回の勉強会を実施しました。今回は多数の方が困っていたり、関心の多いテーマで、確認質疑が多く時間延長で

次回にずれ込み継続学習になりました。

1.日時:2005.2.10(木) PM2:00~PM4:00

2.場所:会場:千葉県高齢者生協、佐倉センター 2F

3.内容:LAN関連知識の学習
    LANの基礎、設定、ルーター、共有他
    TCP/IPとポートについて
    講師:山室、橋本さん

4.出席者:12名           
    飯塚さん、大村さん、落合さん、北野さん、近藤さん、津田さん、

      橋本さん、中澤さん、巳城さん、村杉さん、山室さん、利光さん

5.次回:第4回勉強会テーマ
    ・LANについて継続学習(各自のトラブル等)
    ・セキュリティ対策基礎、パソコンの仕組と
     メンテナンス(山室さんよりご提案)

6.その他:毎回有志による時間外学習が場所を替えなされています。

 

※連絡先は下記宛てにお願いします。

  c-pak@yahoogroups.jp

【レポート: C-PAK勉強会サポート担当  利光信爾さん】

 

7.アドバイザーの埼玉の会「シニアドさいたま」

第2回「シニアドさいたま」開催の案内

IDNシニア情報生活アドバイザーの「埼玉の会」は「シニアドさいたま」と名称を新たに、第3回のミーティングを開催します。

なお、当会の活動の一端を下記ポータルサイトでご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

・日時:平成17年2月17日(木)午後2時~5時(その後懇談会)
・場所:さいたま市立「生涯学習総合センター」学習室2号
        大宮駅西口 シーノ大宮/センタープラザ9階
      (施設案内と地図は下記URLをご覧ください。)
        https://www.shisetsu.city.saitama.jp/Public/PC/shisetsu2/554.htm


・予定内容:
1.慶工式パソコン教習システムの説明・デモンストレーション
    財団法人慶応工学会において開発され、シニアに適したパソコン教習システムの慶応工学会による説明とデモ。

システム概要は下記URL参照。
    http://www.keiokougakukai.org/seminar2.html
2.パソコン講習経験談 話し合い
    何かやってる人も、やっていない人もそれぞれの経験と意見
3.ブログ苦闘談 話し合いと相談
    初回「シニアドさいたま」の宿題で各自ブログを立ち上げた苦闘談を話し合う。
懇親会:17:30~ 
会費:4000円程度
連絡先: 白瀧康次
 E-mail: shirataki@saitama.email.ne.jp

 

【レポート:岩井正三さん】


*********************************************************************************

8.IDN会員募集のご案内
■ IDN会員募集中
NPO(特定非営利活動法人)自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、年4回発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムの割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、eメールで、事務局までお問い合わせください。


■入会を考えている方に(再掲)
  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか,目的を決めて入るのが賢明です。

  入会の手続きとしては,入会申込書と,入会金の支払いが必要になります。会員には,正会員(主体的に活動を行う会員で,総会の議決権を有する会員)と賛助会員(団体の主旨に賛同し,直接、間接時間の許す範囲内で活動する会員)の二つのタイプがあります。どちらの会員になるかは,やはり自分の意思で決めて下さい。

会費には入会金と年会費とがあります。
入会金は正会員が1万円,賛助会員が千円です。
年会費の方は,正会員が年間一口1万円,賛助会員が一口千円です。
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

 メール送信先:<
mailto:idn@npo-idn.com>
 ホームページ:
http://www.npo-idn.com/

 

9.再開:海外旅行体験話クラブ

■再開第1回開催のお知らせ

 こんにちは 

 「海外旅行体験話クラブ」のコーディネイトをしております、伊藤政弘と申します。

 しばらくの間、お休みをしていたクラブですが、本年3月より再開の運びとなりましたのでお知らせいたします。このクラブは、海外旅行(海外滞在)で経験した貴重なお話を、写真や資料、ビデオなどを加えながら楽しくお喋りしていただくクラブです。肩の凝らない楽しいクラブですので、海外旅行に興味のある方もない方も、ぜひ一度のぞきに来て下さい。ご参加お待ち申し上げます!

 

       記 

・日時:21日(月曜祝日) 14時〜17時(3時間)

・場所:関東シニアライフアドバイザー協会目黒事務所

    〒153-0063目黒区目黒2-10-5
          ライオンズマンション101号室          
          (JR/地下鉄 目黒駅から権之助下り、目黒川渡り、下目黒小学校そば)

・内容発表者1 伊藤政弘さん「テーマ:アラスカ紀行」

          アラスカの大自然を、写真やビデオをまじえて紹介。

          会社退職後の一人旅奮闘記!

    発表者2 佐藤昌子さん「テーマ:渡るアメリカに鬼はなし」

          アメリカの小中学校で、日本の文化を紹介する「民間親善使節

          ボランティア」での奮闘記!

   ※発表は一人約50分間。その後交流タイムといたします。

・参加費:500円(お茶とお菓子代)

         

【海外旅行体験話クラブの趣旨】

◇海外旅行者の目で見た、外国の習慣・文化・地理などを、楽しく発表し学習します。

◇海外旅行をした際のハプニング・失敗談・発見・感動したことなどを共有します。

◇日本と外国の習慣(考え方)・文化の違いなどを比較しながら社会の学習をします。

◇珍しい体験をされた方の実話や動機、その後の人生観などを共有します。

◇楽しかった「観光ツアー」や「オプショナルツアー」などの情報交換を共有します。

◇色々な生き方があることを学習し、自立した人生へのヒントを探ります。

 

参加申し込み先:伊藤政弘さん  ma-itou@bd5.so-net.ne.jp

 

10.新企画:会員のホームページの紹介

 会員のホームページを紹介するコーナーを設けます。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。第1回目は金田和友さん。

 もっと簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したホームページのURLをIDNのホームページに紹介し、リンク集を作ります。

<mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>

 

■金田和友さん(理事 アドバイザー第5期生):和散人のホームページ  

・URL : http://www.h4.dion.ne.jp/%7Ewasanjin/
・開設:2002年12月

 
・きっかけ話:ダイヤ高齢社会研究財団の仲間たちと秩父34観音を巡り終えたとき、CDを作ろうという事になり、ちょっとした墨絵と無季俳句を担当しました。それ以来、坂東33観音、武蔵野33観音、多摩88ヶ所巡りと古寺メグリが続いていますが、墨絵と俳句の宗匠とされてしまいました。その間の作品を中心に、世のシニア諸兄姉にご披露する場はないものかなと思っていたところ、アドバイザー養成講座のご縁で”神様小坂様仏様”にめぐり会いました。小坂さんの全面的なサポートの下、詩書画のホームページを立ち上げ、2003年新春号から目出度くホームレスから脱却することができました。
 更に恵まれているというか、欲深いというか、もう一人強力な神様(国重さん)にもサポートしてもらえるようになって、現在万全の体制で作品を公開し続けています。


中身:句を作る楽しみ、それを筆に託す楽しみ、そして絵を加える楽しみの3つの楽しみを同時に味わえる「詩書画」は高齢者の心の癒しに最適だろうと思っています。まだまだ未熟ですが来る日も来る日も筆を持ち、佳い作品をご披露していきたいと頑張っています。
 題材は身の回りに一杯あります。毎日の新聞、たまの読書、諸会合、旅行 皆良き題材です。感性を磨いてくれるものばかりです。最近はメール友から送られてきた写真に句を付す写俳を加えるようになりました。中身を簡単にご紹介しますと、
  書楽サロン 和散人の詩書画作品
  千慈気ままにパチリ 家内の写真のページ (センスとアングルが良いとかで好評です)
    豊後一人旅 国東半島六郷満山の旅の記録 (小坂さんの全面的なご支援の賜物です)
    世界遺産駆け足の旅 紀伊山地ツアーの記録 (家内もデジカメの腕を振るいました)
お終いに 月一回夫婦ひたいを寄せ合って(時には喧嘩も)ホームページの更新に取り組むということが、二人にとって大きな楽しみになってきました。更に、この作品群を古稀の記念に、今春近くのギャラリーで公開することにしました。

 

万句詠めば なかに白眉の 一句でき

 

*********************************************************************************
 

11.ふれあい広場
 
■アドバイザー講座受講感想
林 大雅(ひろまさ)さん(アドバイザー第31期生)  
  1月15日~2月12日 まで 受講させて頂きました、林大雅(65歳)です。 定年退職して、これから年金分は、ボランティア活動をしようと、格好の良い事を言っていましたが、未だ何も手について居りません。黒瀬 豊氏(アドバイザー第23期)のお奨めもあって、取りあえず、60代のライフスタイル、70代のライフスタイル、を学ぼうと思い、  シニア情報生活アドバイザー養成講座に応募致しました。今回は、5名と少人数で、女性の方も2人で、恵まれた環境で講習を受ける事ができ、感謝しております。今まで断片的に覚えていた事が、体系付けて整理されていて、メモリーにリフレッシュされた事は、成果の第一です。また、今まで気付かなかった便利な手法があることを再認識できた事は、成果の第二です。第三は、講師になった時の心構えも新しい発見でありました。最終日には、懇親会も用意されており、24名の先輩方から更なる新しい知識に触れる機会にも恵まれました。誠にありがとう御座いました。
 
鹿野啓子さん(アドバイザー第31期生)
 アドバイザー第27期の大山さんのブログに私が書き込みをし、私たちはメール交換して少し前からネット友達でした。私は大山さんのパソコンやネットの能力に感心し「私もパソコンを新調したりブロードバンドにしたりして、能力アップしたい・・・」と相談しました。そうしたら、IDNを紹介してくれたのです。 
初日。同期の方はパソコンのワードやエクセルができるのに 私は知らなくて焦りました。奈良原理事長が「みなさん、うれしいですね。きょうはこんな感動がありました!」と私たちを褒めて下さるのがうれしくて「こんな私でも頑張れる」と思いました。その気持ちは 子供時代に大好きな先生を喜ばせる為に宿題をしたのと同じです。
 生部先生はじめ諸先生方も私の立場で考えて 望む答えを下さいました。「自分の作った情報はファイルに保存すればいい。パソコンはそう簡単には壊れないし、直るから大丈夫。ネットはウィルスソフトを入れよう。」など大事なことを経験談で教えて下さいました。諸先生方のような「勉強することの楽しさを伝える事ができるアドバイザー」に 私もいつの日かなれれば・と思います。「楽しい事に目のない方であれば誰でもアドバイザーになる資格がある」を支えにします。 
 認定試験後の交流会では、皆さんのご活躍ぶりを聴かせて頂いて とても楽しかったです。私がそのすばらしい場に居てうれしいやら恥ずかしいやら、自分が小さく見えた時でした。 
 半年前に札幌から引っ越して来た東京。千葉も神奈川も埼玉も電車で繋がり首都圏は利便性が良く、皆様が元気ハツラツ!とっても活動的な事に 私はすごく感動しています。
 これをご縁にみなさま、今後ともどうかよろしくお願い致します。
 
■第6回たかお会『小石川後楽園散策と観梅』の報告
 2月12日(土)たかお会第6回活動は、光圀公で知られた名園(小石川後楽園)散策と観梅を行ないました。大勢の梅見客で賑わっていました。
園内説明のボランテアに付き1時間あまり散策し、17年度活動計画の打合せをして、第30期アドバイザー懇親会に合流しました。
金田和散人さんの小石川後楽園での詩を紹介します。
 
  助さんと 格さん歩いた 梅の園
  こっぽりと にこっと咲いた 福寿草
  本当に? 団子食べずに 観梅会
  朱舜水 儒家じゃなくて 建築家?
    あちこちに 都と唐の イミテーション
  なんとなんと 黄門に似た ボランティア
 
■IDNアウトドアクラブ「たかお会」の今年の計画
今年の「たかお会」の計画をご案内します。6月~9月の間は会員のリクエストの応じた活動を取り上げたいと考えています。
それぞれの実施計画は、実行2週間位前には、E-メール連絡致します。大勢の参加を期待しています。
(冬鳥探鳥会のご要望もありましたが、組み入れる余裕が時間的にありませんでした。夏鳥を空いている月に入れられれば入れたいと考えています。)
 
第7回:3月10日(木)子ノ権現 天龍寺
     17年度活動スタートにあたり、足腰健康を祈願する。(納経される方は納経帳持参ください)
第8回:3月下~4月上善福寺川緑地公園
     さくら見物しながら約6Kmをハイキングする
第9回:5月中下旬自然観察会宮本森林インストラクター
     神武寺・鷹取山の自然を訪ね、自然観察を行なう。
第10回:10月中旬谷川岳 天神平
     紅葉狩りと「たくみの里」の見学。定期観光バスを利用します。
     
 
■IDNアウトドアクラブ「たかお会」/メーリングリストへのお誘い(再掲)
  IDNアウトドアクラブは自然に親しむことを通じて会員の健康維持や相互の親睦をはかることを目的として発足しIDN-ADF2003で産声をあげたばかりです。活動内容はみなさまのご意見をもとに広げていく計画です。連絡や情報交換のためにメーリングリストを開設しましたのでアウトドアに関心のある方、お気軽にご連絡ください。「お名前」、「メールアドレス」をお知らせください。メーリングリストに登録します。
なお、たかお会に加入したい方、また、活動計画にご意見ご要望がありましたら下記まで連絡ください。
連絡先:   idn-outdoor-owner@egroups.co.jp

幹事:東川・國重
 
---------------------------

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
下記のメールアドレスへ自由に投稿して下さい。お待ちしています。
<
mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>

*********************************************************************************


12.編集後記

■第69号は盛りだくさん

 第69号は盛りだくさんになった。新企画の「会員のホームページ紹介」を開始し、金田さんが1番バッターを引き受けてくださった。伊藤政弘さんが復帰され、「海外旅行体験話クラブ」が再開される。3月21日の初回は、佐藤昌子さんがプレゼンテーターを快諾され、伊藤さんも自ら登場される。佐藤さんは「渡るアメリカに鬼はなし」をメルマガIDNに12回連載された方。伊藤さんも「アラスカ紀行」を12回連載。次の会には羽澄さんも控えている。伊藤さんが開催の趣旨にも書いているように気軽に参加してほしい。お三方の名文をメルマガIDNのバックナンバーでご覧になれます。

 今回の編集は長時間を要し、時間と元気がなくなってしまった。編集後記に書く内容の心積もりはあったが今回はやめにする。本日の夕方、奈良原理事長経由で飛び込んできた小坂武夫さんの「武兵衛の近況」も次回に掲載させてもらうことにする。【生部】

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。

東京都新宿区三栄町8-37 K1ビル3F アントレオフィス四谷H室
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
  TEL/FAX : 03-5363-9717 
   Eメール   :<
mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇