TOP
IDN NPO自立化支援ネットワーク
メルマガ IDN
【第371号

2017年10月 1日発行
IDNのTOPへ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このメルマガは自立化支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧になれます
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

What’s New?  第371号(10月 1日号)の見どころ
 ふれあい充電講演会
 第154回の開催案内:10月12日
 都会の癒しスポット「等々力渓谷」パワースポット巡り

 シニア情報生活
    アドバイザー養成講座
 第137期の講座11月25日に開講
 四谷ひろば
    パソコン教室
 四谷ひろばパソコン教室 10月の案内
 
シニアのためのスマホ講座の開催案内
 千葉アドバイザーG
    《C-PAK》
 2017年9月の例会の報告と10月の案内
 9月のテーマ:世界を変える巨大プロジェクト(講師は山本 正明さん)
 アドバイザー埼玉の会
   《シニアドさいたま》
 シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 IDN会員の募集のご案内  NPO自立化支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集 
 アウトドアクラブ
   《たかお会》
 第115回の案内: 9月28日 白山(はくさん 284m)ハイキング
           10月5日に延期
 ホームページ・
   ブログの紹介
 掲載のリクエストお待ちしています
 ふれあい広場  ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 《第371号のご案内》

  1.ふれあい充電講演会
   =第154回の開催案内:都会の癒しスポット「等々力渓谷」パワースポット巡り
  2.シニアー情報生活アドバイザー講座
   =アドバイザー講座(第136期)の開催中止
   =アドバイザー講座(第137期)の開催案内
  3.IDNパソコンひろば
   =2017年10月の四谷ひろばパソコン教室での講座の案内
   =シニアのためのスマホ講座:開催の案内
  パソコン交流会
  5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
   =2017年 9月例会(143回)の報告
   =2017年10月例会(144回)の案内
  6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
   =シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
  7.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
  8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
   =会員やアドバイザーのホームページ・ブログ・Facebookなどを紹介
   =IDNの《Facebookページ》を公開しています
  9.アウトドアクラブ「たかお会」
   =第115回の案内:白山(はくさん 284m)ハイキング
 11.ふれあい広場
 12.編集後記
   =「アンドロイドテレビ」が我が家にやってきた

【TOPの写真:ランタナ  村井博美氏より提供】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
**********************************************************************************************************
ふれあい充電講演会

■第154回の案内:都会の癒しスポット「等々力渓谷」パワースポット巡り
 今回のふれあい充電講演会は、武蔵野台地の南端に位置する「等々力渓谷」を散策します。東京都指定名勝であり、23区内唯一の自然渓谷「等々力渓谷」はパワースポットとしても有名です。ここにはパワースポットとしてよいとされる不動尊、古墳、滝、川、緑などの全てがそろっています。
 主な見どころは、渓谷はもちろんとして等々力不動尊、不動の滝、稚児大師堂、横穴古墳群、日本庭園、及びちょっと離れたところにある野毛大塚古墳(東京都指定史跡)などです。
是非、秋の渓谷を一緒に訪ねてみませんか。
【開催概要】
日 程:10月12日(木)(雨天の時は10月19日に順延)
集 合:午後2時30分 東急大井町線等々力駅南口を出たところに  
会 費:会員500円/ビジター1,000円 (懇親会費3,000円)
・申し込み(このメールで申し込んでください):idn@npo-idn.com
      申込み締切り10月9日(月)
※申し込みの際、懇親会への参加の有無を必ずお知らせください
その他:今回の担当幹事は地元在住の長谷川です
当日の緊急連絡:090-3400-0371(長谷川)



開催案内のチラシはこちらをご覧ください

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください

TOPへ

**********************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

シニア情報生活アドバイザーのチラシ(部分)


アドバイザー講座(第136期)の開催中止
・開催時期:
2017年10月7日~11月11日(除く10月14日)
・会場:四谷ひろば パソコン教室

アドバイザー講座(第137期)の開催案内
・開催時期:2017年11月25日~12月23日
・会場:四谷ひろば パソコン教室
     〒
160-0004 新宿区四谷4-20
アドバイザー講座の詳細は下記をご覧ください。
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm


■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは
 シニア情報生活アドバイザーは、シニアがパソコン・タブレット・スマートホンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。第125期のアドバイザー講座より、タブレット・スマホの章が追加されたWindws10の新しいテキストを使用しています。

 IDNは112回(第134期まで)の講座を開催し、379名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

**********************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2017年10月の四谷ひろばパソコン教室での講座の案内
入門コース

2017年10月の四谷ひろばパソコン教室での講座(拡大します

・入門1:パソコン入門:火曜日午後(10・17・24・31日)

基礎コース
・ワード入門:水曜日午前(4・11・18・25日)
・エクセル入門:月曜日午後(2・9・16・23日)
・パソコンで写真を楽しもう:水曜日午後(4・11・18・25日)
・インターネットの活用(2):金曜日午前(6・13・20・27日)

特別講座
・PCの活用:月曜日午後2(2・16日)
・パソコンアラカルト:金曜日午後(6・13・20・27日)

なんでも相談
・講座受講者対象:月曜日午後2(23日)


■シニアのためのスマートフォン講座の案内

NPO自立化支援ネットワーク(IDN)では、NTTドコモ殿の協力を得て、2017年もシニアのためのスマートフォン講座を開催します。
参加をお待ちします。
・開催日
 第 1回(終了): 6月11日(日)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 2回(中止): 6月25日(日)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 3回(終了): 7月14日(金)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 4回(終了): 7月30日(日)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 5回(終了): 8月23日(水)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 6回(終了): 8月28日(金)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 7回(終了): 9月15日(金)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 8回(終了): 9月24日(日)10:00-12:00&13:00-15:00
 第 9回(開催):10月 3日(火)10:00-12:00&13:00-15:00
 第10回(開催):10月29日(日)10:00-12:00&13:00-15:00


・開催場所:四谷ひろばパソコン教室
       第3回と第7回はNPO-ASOのオフィスの会議室(新宿区細工町3-2 NTT牛込ビル)
・実習機:docomoスマートフォン SC-04G(Galaxy S6 Edge SIM含)
・受講料:各回 3,000円
・申し込み先:
yotsuya-pc@live.jp


スマホ講座 開催風景(四谷ひろば パソコン教室)

LINEを体験する

■第35回パソコン交流会
 計画中です
これまでの開催状況はこちらをご覧ください
TOPへ

**********************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

2017年9月例会 (第143回) の報告
【開催概要】
1.日時:9月14日(木) 12:45~15:00
2.場所:千葉市生涯学習センター 3F小会議室 AVワゴン設置
3.参加者:全13名
4.課題発表 
 ・課題発表者: 山本正明
 ・テーマ: 世界を変える巨大プロジェクト

5.発表概要
  1 Pingtang telescope 世界最大の電波望遠鏡 2017.06 中国
  2 Nanhui New City 100万人居住の計画都市 2020 中国
  3 GotthardBase Tunnel 世界最長・最深の列車トンネル 2016.06 スイス
  4 Expanded Panama Canal 水路の貨物容量を3倍に 2016.06 パナマ
  5 The Bride 世界最高の超高層ビル 太陽電池のベール 2026 イラク
  6 Jiaozhou Bay Bridge 世界最長の海上横断橋 2011 中国
  7 Itaipu dam 世界最大の発電量を持つダム 2015 ブラジル
  8 London Crossrail proect 地下鉄網の大幅なアップグレード 2020 イギリス
  9 Jasper solar power project アフリカ大陸最大の太陽光発電 2014 南アフリカ
 10 Hyderabad Metro Rail 世界最大のメトロ分野PPPプロジェクト 2017 インド
 11 H.K-Zhuhui-Macau Bridge 3都市を結び、4,200万人のメガ都市を創造 2017 中国
 12 Dubai Mall of the World 世界最大のドーム型構造 2029 UAE
 13 Smart Cities インターネット、再生エネルギー、自動制御 計画 アメリカ
 14 Riyadh Metro 世界最大のメトロシステム 2019 サウジアラビア
 15 Songdo Smart City 包括的なインターネットアクセス 2015 韓国
 16 Lagos-Calabar railway 871マイルの沿岸鉄道 中国受注 2018 ナイジェリア
 17 S-N Water Transfer project 長江から45億立方フィートの水を北部へ 進行中 中国
 18 Submerged floating tunnel ソグネフィヨルドに水中トンネル 計画 ノルウエー
 19 Urban Renewal Project トルコ都市再生プロジェクト 進行中 トルコ

9月例会開催風景





No.14 Riyadh Metro (Designed by Zaha Hadid)


 近年完成、現在進行中の世界の巨大プロジェクト(下表に示す19件)が紹介された。
これらはいろいろな意味で世界を変えていくプロジェクトであるが、19件中6件に中国が関わっており、中国の国力の凄さが窺える。

一方、日本がこの表中に顔を出さないのは寂しい限りである。
特に、日本に望まれる今後の巨大プロジェクトは、以下の3件である。
①大規模再生プロジェクト
 戦後に建設された鉄道、地下鉄、高速道路などのインフラが建設後50年を過ぎ、大規模な改修が必要である。 首都高速道路で大規模改修が始まっているが、全国でインフラの大規模改修の開始が必要である。
②大規模ICT関連プロジェクト
 アメリカ、韓国でスマートシティのプロジェクトが多く進行している。 
日本の生きる道はこのようなプロジェクトにあるのでないか。
③ 大規模再生エネルギープロジェクト
原子力発電所にとって代わる再生エネルギーのプロジェクトを進めてほしい。
なお、今回の19件には含まれていないが、2014年12月着工した日本のリニア新幹線プロジェクト(2027年 東京~名古屋完成、2045年 名古屋~大阪完成)は世界を変える巨大プロジェクトに数えられても良いと思われる。

【お詫び】
 ・No.9 Jasper Solar Power Projectは世界最大となっていましたが、アフリカ大陸最大の間違いでした。
 ・No.19 Urban Renewal Projectについて大村さんから質問がありましたが、このプロジェクトの対象地域はほぼトルコ全土に広がっています。

6.検討事項等
①SPKの募集案内、事前アンケートについて
  千葉市生涯学習センターでは、「市政だより」、「情報誌」でSPK等のパソコン講座の募集を行っている。 また、センターでは電話による問い合わせ対応のマニュアルを準備している。 「市政だより」、「情報誌」の募集文がSPKの内容を伝えるものになっているか?について討議した。 
→これまで多くの受講者が特に問題なく参加されていることから、現在の募集文は適切であるとの結論に達した。 なお、問い合わせ対応マニュアルについては、間違いを修正し、文章を追加して頂くようお願いすることになった。
SPK講座開始前に受講者のパソコンの知識を知ることができないか?について討議した。 
→講座開始前に事前アンケートをすることは無理があるので、以下のようにすることにした。
SPK講座の初日に、事前アンケートを配布し、講座終了までに回収する。 全員の事前アンケートを1部コピーし、当日、メイン講師に手渡す。 事前アンケートの分析は従来通り実施する。

②SPK12の市販テキストの処分について
   SPK12で使用した市販テキスト「ウィンドウズ10かんたん入門」が事務局に6冊残っているが、その扱いについて討議した。
→ウィンドウズ10のバージョンアップにより、テキストは使えなくなっているので、廃棄することとした。

③ iPad講座の企画について(山室さん)
iPad講座の企画案を作成し、生涯学習センターと打ち合わせをしてき  たが、来年度に向けて企画案(テキスト添付)を提出することになった。
討議の結果、来年度のC-PAKの講座開催の申し込みは、「シニアが楽しむパソコン超入門」と「シニアのためのiPAD入門」の2件とすることにした。今後のiPAD講座の企画書作成については以下のとおりとする。
テキスト作成:原案作成~2017.10 【山室】
         修正・まとめ~2017.11 【津田、山室、事務局】
企画書作成:原案作成~2017.11【中澤、山室】
         修正・まとめ ~2017.12中旬【中澤、山室、事務局】
企画書提出:2017.12下旬【中澤】
 なお、2018年1、2月に講師研修を2回実施する予定。

④パソクラの現状と課題について(津田さん)
パソクラは現在、津田、近藤、土屋の3名で運営しているが、近藤さん
が都合によりパソクラを続けられなくなった。 ついては、パソクラ講師、当面はアシストをやっていただける人を募集したい。 取り敢えずは、パソクラがどのように運営されているのかを見学下さい。見学だけでも結構です。その上で、ご判断いただければとのことです。
見学の日時は、10月4日(水)、11月5日(日)12月6日(水)、来年1月10日(水)、時間は9:30~15:00。 2月以降も原則、第一水曜日です。 昼食などの費用は支払われる。(4,000円) 見学希望の方は津田さんにメール連絡してください。

⑤SPK13交通費&諸経費の清算(中澤さん)
  SPK13の交通費&諸経費の清算が行われた。
  中澤さんのお骨折りに、感謝!!

2017年10月例会 (第144回) の案内
【開催概要】
1.日時:10月12日(木) 12:45~15:00
2.場所:千葉市生涯学習センター 3F小会議室 AVワゴン設置
3.課題提案者 中澤 一さん
 ・テーマ:撮影画像の整理保管方法と応用例 [PartⅡ]
 ・内 容:
  ①1.デジカメで撮影した画像の整理保管方法について紹介します
  ②撮影した画像のフォルダーツリーを紹介します
  ③フォルダーツリーの中からブログ投稿画像を作成し保管する
  ④作成画像をブログ投稿に使用する[原則毎日更新]
  ⑤投稿した画像をムービーメーカーで保管する[随時]
  *今回紹介:いろいろ画像2017前半版

4.検討事項等
  未定
5.次回案内
 ・2017年11月9日(木)
 ・課題提案者:西浦利清さん

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

**********************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

■シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
・会員のメーリングリストの投稿アドレス:seniords@freeml.com
・メーリングリストホームページ:http://www.freeml.com/seniords

・シニアドさいたまのブログ:http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
TOPへ

**********************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌『ふれあい通信』を、発行しお届けします。
*会員の方々には、各種イベントなどへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に
会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円以上です
 (賛助会員から正会員に移行する方は、移行時にその年度の差額年会費を納入してもらいます)

メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958

TOPへ

**********************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターなどの紹介

■会員やアドバイザーのホームページ・ブログ・Facebookなどを紹介
 会員やシニア情報生活アドバイザーのホームページ・ブログ・Facebookなどを紹介するコーナーを設けています。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。掲載ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したホームページのURLをIDNのホームページに紹介し、リンク集を作ります。
申し込み先:idn@npo-idn.com
 会員・アドバイザーのサイトを紹介するページをリニューし、リンク先が不明のページを削除しました。このページでご自分のホームページ・ブログ・Facebookなどの紹介を希望されるかたはあらためて申し出てください。
自薦・他薦をお願いします

■《アドバイザー交流サイト》の開設のご案内
IDNではマイクロソフトよりOffice365を導入し
・アドバイザーの実態把握をするためのアンケート調査
IDNパソコンひろばの運営管理システムの構築と運用
を行ってきました。
次の展開として、Office365の機能を活用して、アドバイザーの為の交流の場を作りました。
アドバイザー向けの行事やイベントなどについては、メルマガIDNでも案内しますが、こちらのサイトでのお知らせが早いことがあります。
アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/

なお、《アドバイザー交流サイト》へサインインするためには、IDとパスワードが必要です。
お分かりにならない方は、下記に気軽にご相談ください。
相談窓口 渡辺加世子(管理者): adm002@npoidn.com 


《アドバイザー交流サイト》の構成
3つのゾーンを設けています。
(1)IDNからのお知らせ:アドバイザー向けの行事やイベントなどの案内​します
 
(2)コミュニ掲示板:自由に投稿してください。
困ったことなどを質問すれば、お答えしま​す
皆さんが知るといいことを投稿、質問に答えることへのご協力をお願いします。
なお、コミュニ掲示板はFacebookやツイッターなどと違い、アドバイザーだけのSNSですので安全です。
 
(3)IDNブログ​:近況などを投稿してください事例を参考に、自由に投稿してください

アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/


アドバイザー交流サイトの構成

■IDNの《
Facebookページ》を公開しています
 IDNとして《Facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《Facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 Facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
Facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

Facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「Facebookページ」といいます。
 IDNの「Facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

IDNのFacebookページへのアクセス方法
 IDNでは、下記に示す「Facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。

 《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください
http://www.facebook.com/npoidn

IDNのFacebookページのTOP

これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます
TOPへ

**********************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第115回の活動の案内:白山(はくさん)ハイキング
たかお会 第115回活動計画書 白山(はくさん)ハイキング
  坂東三十三か所の札所を結ぶ巡礼のルートの一部となっているコースです。第六番札所飯山観音(長谷寺/チョウコクジ)にお参りして、その裏山となっている白山山頂(標高284m)を目指して往復します。飯山観音前バス停の標高は60mですので標高差は224mです。

【開催概要】  
・実施月日:2017年9月28日(木曜日)
 雨天のため、10月5日(木)に延期になりました
・集合場所:小田急線・本厚木駅 中央改札口
・集合時間:午前10:25
・参加申し込み:takaokaikanji@freeml.com
・参加申込締切日:9月17日(日)
・参加費:1,000円/人

コースの概要
 本厚木駅→バスターミナル5分→飯山観音前バス停(標高60m)21分→飯山観音(長谷寺―標高135m/階段多し)20分→
白山山頂(標高284m)40分/昼食→飯山観音30分→飯山温泉「ふるさとの宿」15分→バス停5分→本厚木駅前21分

・緊急連絡先
 企画幹事:松本 090-8313-6267
 総務幹事:武田 090-5579-4516  東川 090-6343-0950

詳細はこちらをご覧ください
【今回の企画幹事:松本 良彦】

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
TOPへ

*10********************************************************************************************************
IDNゴルフ会
IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます
TOPへ

*11********************************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。
TOPへ

*12********************************************************************************************************
編集後記

■「アンドロイドテレビ」が我が家にやってきた
 テレビがどのように進化するかについて、以前より興味を持っていた。『テレビ60年 未来へつなぐ(2):スマートテレビのインパクト』と題して、メルマガIDN(第272号 2013年8月15日)の編集後記に書いた。4年も前のことであるが、当時は「スマートテレビ」と標榜するテレビが脚光を浴びていた。家庭にあるテレビが通信回線につながった時に、従来のテレビがどのように進化し、テレビメーカー、放送事業者、通信事業者、コンテンツの供給者、アップルやグーグルなどの新規参入者がどのようにビジネスとして展開するかを論じた。
 その後、テレビのメーカーは4Kや8Kにビジネスの活路を求め、テレビのスマート化についてはややおろそかになったように私には感じられた。
 最近、我が家のテレビの液晶の衰えが顕著になり、「アンドロイドテレビ」と称する4Kテレビを購入し使い始めた。このテレビは、《より高性能になったテレビを視聴でき、OSにアンドロイドを搭載した大画面のディスプレイを持つタブレット》と言ってよいであろう。
 4年も前に描いたテレビによるサービスがかなり実現され、技術面だけではなく、テレビの利用においてなじみやすい仕掛け(ヒューマンインターフェース)が盛り込まれており、リビングにおけるテレビの視聴のみでなく、情報端末として位置づくことになった。


赤と黒を基調とした色彩の表現
ライプチッヒのトーマス教会での『ロ短調ミサ曲』の演奏
【NHK-BS 2017年9月24日放送のプレミアムシアター】


リモコン(上部)

リモコン(下部)
最上部中央のマイクのボタンを押して音声入力する


ホームボタンを押してホーム画面を開く
アプリの中に「
YouTube」や「Internet Browser」を見る
Wi-Fiの設定などはホーム画面の最下段にある



スクリーンキーボード
Internet Browser」を開いて検索欄に文字入力する
文字入力は慣れないと容易ではない


YouTubeのアプリを開く  左側にメニューが表示される
YouTubeのホームのトップにiOS11の紹介やデモがあった



NHKのハイブリッドキャストのホーム画面(7時のニュースを視聴時)
NHK NEWS WEBを開いてハイブリッドキャストを利用する
スマホの《TV Side View》アプリを立ち上げるとテレビと連携する

4Kによる従来のテレビの高機能化
 4Kテレビは、フルハイビジョンと比較して4倍の画素数(約207万画素から約829万画素に)があり、ディスプレイが大画面になっても画素の粗さが目立つことの少ない高画質でテレビを楽しむことができる。

<4Kアップコンバート>
 あらゆる映像を超解像処理した上で、4K映像に変換。(フルハイビジョン映像を4Kにアップコンバートする超解像エンジン「4K X-Reality PROを搭載」) さらに4K映像に超解像処理を行うことで、高精細でより高品位な映像につくりかえる。テレビ番組やネット動画などで発生しがちなノイズを取り除き、すっきり、滑らかな映像として美しく描きだす。

<瑞々しい質感を表現する色彩>
 高精細(キメ細やかさ)、広色域(色の幅広さ・鮮やかさ)、高輝度・高コントラスト(輝き・自然な黒などの明暗表現)の3要素を向上させる「トリルミナス ディスプレイ」を搭載し、被写体の鮮やかで自然な色を再現し、繊細な色彩の違いを描き分け、色のニュアンスや、人肌の瑞々しい質感を表現する。

テレビのもう一つの顔:大画面のディスプレイを持つタブレット
 放送と通信の融合といわれて久しい。テレビを放送用のアンテナと通信回線をモデムとルーターを介してWi-Fiで接続することで、《OSにアンドロイドを搭載した大画面のディスプレイを持つタブレット》としての、このテレビのもう一つの顔を紹介する。
<ブラウザー>
 このテレビには、タブレットやスマートフォンホと同様にブラウザーが搭載されている。リモコンでGoogleの検索欄にポインターを持っていくと、スクリーンキーボードが表示され、目的とする言葉を入力し、パソコン・タブレット・スマホと同じような検索ができ、インターネットを利用できる。しかし、キーによる文字入力をして利用するのは容易でない。

<音声入力をフルに活用>
 文字入力は容易ではないが、リモコンからの音声入力は格段に良くなっており、日頃スマホで音声入力を使っているのと大差ない。
 リモコンのマイクのボタンを押して話しかけるだけで、YouTubeをはじめ、放送中・放送予定の番組や、録画した番組、さまざまな動画サービスから、見たいコンテンツを探してすぐに再生できる。
 たとえば、「ブラウザー」を表示して、「まきむらみえこのみちづれ」と音声で入力すると、牧村三枝子の「みちづれ」のYouTubeのメニューが表示され、選択した映像を大画面で再生することができた。

<豊富なアプリを活用し楽しむ>
①Android TV アプリ:リモコンの「ホーム画面」ボタンを押すことで、このテレビ用に事前に準備されたコンテンツを楽しむことができる。
 たとえばYouTubeには、音楽・スポーツ・ゲーム・ニュースなどのメニューが準備されており、メニューの中よりコンテンツを選択し決定ボタンを押すと動画が再生される。

②アプリをダウンロードして利用:リモコンのGoogle Playより、動画や音楽、ゲーム、ショッピングなど好きなアプリをダウンロードして利用し楽しむのは、タブレットやスマホと少しも変わらない。

<ハイブリッドキャスト>
 ハイブリッドキャストは、NHKが中心になって開発された、放送と通信の連携による新しいテレビのサービスであり、現在は民放でも提供されている。ハイブリッドキャストの主なものを紹介する。
①放送の内容を補完:視聴しているテレビの画面に、通信回線(インターネット)を介して入手した情報を表示し、放送の内容を補完する。(dボタンを押して表示される情報は主に放送波による)

②セカンドスクリーン:対応番組の視聴中に、テレビと連携してネットを介して番組の進行に合わせて提供される情報をタブレットやスマホで取得する。(ソニーの場合は《TV Side View》アプリをセカンドスクリーン(iPadやiPhone)にインストールしている)

③双方向番組への参加:クイズやアンケートに答える

<Chromecast built-in>
 このテレビにはChromecastがビルトインされており、スマホでYouTubeなどのアプリで視聴したい動画を選定し、キャストボタンを押すと、テレビの大画面に指定した動画を映すことができる。また、一時停止や再生もスマホから操作できる。

エピローグ
 最近使い始めた「アンドロイドテレビ」についてごく簡単に紹介したが、インターフェースとしてのリモコンによる音声入力が、このテレビをユーザーフレンドリーにしている革新的な要素だと思う。
 「アンドロイドテレビ」は、家庭における大画面を持つ情報端末として、タブレットやスマホの代わりになりうる。また、タブレットやスマホをセカンドスクリーンとして使用することにより、テレビの画面の背後にあるコンテンツや情報を得て、密度の高いテレビの視聴が可能になる。

 「そんなにテレビを見るの?」と言われそうである。ケーブルテレビにより多数のチャンネルを、通信回線(インターネット)を介してたくさんのコンテンツを「アンドロイドテレビ」により視聴することができるが、テレビの前に長時間座っていることは考えられない。
 しかし、安倍首相が衆議院の解散を宣言し、その前の時間帯に小池都知事が新党の立ち上げの会見をした日の遅く、電車のシートで7人目の「スマホマン」になるのを避けて、家に帰ってテレビをオン、リモコンのホームボタンを押し、ユーチューブのニュースを開くと、両者の会見の模様を、ニュースの時間を待たずに大型画面で見ることができるのは、便利だと思った。

 テレビはこれまで誰もが最も親しんできた家電のひとつ。進化したテレビはリビングですべての人が、また、シニアがインターネットを活用するための良きパートナーになることを期待したい。【生部 圭助】

編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇