TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第306号】

2015年 1月15日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧になれます
*********************************************************************************************************
《第306号のご案内》
 IDNだより
 1.ふれあい充電講演会
  =第132回の報告:日本橋七福神めぐり
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第116期のシニア情報生活アドバイザー講座の案内
 3.IDNパソコンひろば
  =2015年2月の初心者向け講座の案内
  =町会・自治会のためのブログ入門講座のフォローアップ講座を実施しています
 パソコン交流会
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =1月例会(第114回)開催の報告
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
  =シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 7.IDN会員募集のご案内
  =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
  =《アドバイザー交流サイト》の開設のご案内
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =たかお会(89回)の報告:ふれあい充電講演会と共同開催しました
  =たかお会(91回)の開催案内: エンジョイウインターアクチビティat 南会津 たかつえ高原
  =たかお会の今年度の計画
10.IDNゴルフ会
11.ふれあい広場
  =ふれあい広場について
12.編集後記
  =沖縄で出会った龍~その1 首里城の龍~

【TOPの写真:羊 韓国江原道(18~19世紀) 東博の前庭】
*********************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
新年のご挨拶
ふれあい充電講演会
第132回の報告をしています:新春恒例・日本橋七福神めぐり
小伝馬町駅を出発し小網神社まで
2時間半の行程でした
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第115期の講座を1月10日(土)に開講しました
第116期の講座を2月21日(土)に開講します
四谷ひろば
 パソコン教室
2015年2月の案内をしています
町会・自治会のための
ブログ入門講座
昨年11月から本年の3月まで、フォローアップ講座を実施しています
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
1月例会(第114回)の報告を掲載しています
報告者は山室 輝弘さん、テーマは 格安SIMと格安スマホ でした
アドバイザー埼玉の会
《シニアドさいたま》
シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内をしています
アウトドアクラブ
 《たかお会》
2015年1月7日に《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施しました
たかお会(91回:エンジョイウインターアクチビテ)の開催案内をしています
ホームページ・
 ブログの紹介
IDNの《facebookページ》を公開しています
《アドバイザー交流サイト》開設
の案内をしています
ふれあい広場 投稿をお待ちしています

*******************************************************************************************

*******************************************************************************************
ふれあい充電講演会

第132回の報告:新春恒例・日本橋七福神めぐり
 今年の年初にも恒例の七福神めぐりを行いました。たくさんの方の参加があり、懇親会まで盛り上がりました。
・開催日:2015年1月7日(水曜日)
・コースの概要:
営団地下鉄日比谷線小伝馬町駅(午後2時スタート)
⇒椙森神社(恵比寿神)⇒末廣神社(毘沙門天)⇒笠間稲荷神社(寿老人)⇒水天宮仮宮(弁財天)⇒松島神社(大黒神)⇒茶ノ木神社(布袋尊)⇒小網神社(福禄寿)⇒人形町駅
・参加者:29名(懇親会:25名)
【コーディネーター:武田康男・高橋洋子


松島神社で集合写真

懇親会風景
ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座


シニア情報生活アドバイザーのチラシ(部分)

■第116期のアドバイザー講座の案内
 第116期の講座を実施します。Windows8.1のテキストを使います。
・開催時期:2015年2月21日~3月21日 毎回土曜日
・会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20

詳細及び受講申し込みは下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは
 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
 シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに101回(第113期まで)の講座を開催し、357名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2015年2月の初心者向け講座の案内
入門コース
入門1:はじめてのパソコン:水曜日午前(4、11、18、25日
入門3:インターネットの活用:月曜日午後(
2、9、16、23日

基礎コース
基礎1:ワード入門:水曜午後(4、11、18、25日
基礎2:ワードを楽しもう(1):金曜午前
6、13、20、27日
・基礎3:エクセル入門:月曜日午前(2、9、16、23日
基礎4:ブログ入門:金曜午後(6、13、20、27日
基礎5:ワードを楽しもう(3):火曜午後3、10、17、24日

特別講座
S1:パワ-ポイント基礎1(視聴覚編):火曜午前(3、10、17
S2:豆本づくり:月曜日午後2(2、16

なんでも相談:10日(火)午後2


■町会・自治会のためのブログ入門講座のフォローアップ講座を実施しています
 IDNが新宿区より受託して《町会・自治会のためのブログ入門講座》を2014年10月に実施しました。同年11月より2015年3月まで、月に1回フォローアップ講座を開催しています
 本講座は町会・自治会のコミュニケーションやコミュニティのの向上のために新宿区が企画されたものです。町会・自治会のブログを作る意思のある方、日常的にパソコンをお使いの方を対象にしています。

フォローアップ講座
 昨年11月より2015年3月まで月に1回、第4火曜日の10時から12時まで開催します。

■パソコン交流会
当面、お休みしています。

これまでの活動内容はこちらをご覧ください
パソコン交流会の
Webページはこちらをご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

■1月例会(第114回)の報告
・日 時:平成26年12月11日(木)14時~16時
・場 所:千葉市生涯学習センター 3F 小会議室
・出席者:全9名
・課題報告者:山室 輝弘さん
・テーマ:格安SIMと格安スマホ

概 要
 昨年から「格安SIM」、「格安スマホ」といわれる新しい潮流が起きている。シニアにもまずまず満足できるスマートフォンを月額1,000~3,000円程度で利用できる様になったことです。
「格安スマホ」は比較的安価なスマートフォンと「格安SIM」をセットにした商品ですが、先ずは「格安SIM」このことを理解する必要がある。

①格安SIM
・SIMとはスマホや携帯電話に挿入して使う小型のICカードで、電話番号や通信サービスなどの契約情報が記録されており、単体で購入し、自分でスマホに装着する。(業者に装着依頼可)
<デメリット>
・キャリアメールが使えない
・音声通話やSMS(ショートメッセージサービス)はオプション
・無店舗販売であり、購入・装着・通信設定などは自己責任。初心者にはやや難しいかも

②格安スマホ
・格安SIMを利用するには、対応したスマートフォンが必要。すなわち、SIMフリー端末が必要
・SIMフリー端末の入手方法例→「格安スマホ」と呼ばれる端末があり月額3,000円程度で利用可
Y!Mobile
 3大キャリアと格安スマホの中間に位置していることでかなり難しい事業展開になりそうである

③参考:山室さんの選択と変遷
1) 2014 年4月 「イオンのスマホ」購入
・端末:Nexus4
・SIM:日本通信・スマホ電話SIM・フリーDATA
・月額:¥2,900円(基本料 1,560円、端末費 1,420円)
・データ通信:速度 200Kbps、容量 無制限
・契約期間:2年間(解約金なし)

2) 2014 年10月SIM交換
・スマホ電話 SIM フリー DATA 解約 (端末 は継続 )
→データ通信 (X SIM LTE 1.01 GB /月  900 円/月) 契約

3) 2014 年11月 iPhone5c解約 、ガラケ ー購入
・2012 年9月契約 のiPhone5cを解約 、電話 用にガラケ ーに機種変更

4)2014 年12月 イオン モバイル モバイル 購入
・端末:Wi -Fi ルータ ーNEC [Aterm MR03LN AB]
・SIM:IIJ miomio ミニマム スタートライン LTE・3GB/月(2年間 )・900 円/月


④本年度のモバイル業界の動向
・SIMロック解除の義務化
・クーリングオフの実施 
・ドコモ光の開始

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

■シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 この度、シニアドさいたまのブログをgoo Blogに変更し登録いたしました。過去のデーターはある程度整理し、今後充実を図っていきたいと考えています。お気づきの点や、ご希望がありましたら連絡ください。
 運用を始めたfreemlには、メーリングリストホームページがあり、過去のメール記録やスケジュール表・共有ファイルなどがあります。ご利用ください。

・ブログのURL: http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
・会員のメーリングリストの投稿アドレス:seniords@freeml.com
・メーリングリストホームページ:http://www.freeml.com/seniords


シニアドさいたまのブログ:http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958
TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターなどの紹介

■シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 この度、シニアドさいたまのブログをgoo Blogに変更し登録いたしました。過去のデーターはある程度整理し、今後充実を図っていきたいと考えています。お気づきの点や、ご希望がありましたら連絡ください。
 運用を始めたfreemlには、メーリングリストホームページがあり、過去のメール記録やスケジュール表・共有ファイルなどがあります。ご利用ください。

・ブログのURL:http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
・会員のメーリングリストの投稿アドレス:seniords@freeml.com
・メーリングリストホームページ:http://www.freeml.com/seniords


■シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
 懸案としていたシニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました。IDNのホームページとイメージを似通ったものとし、関連性を感じられるように配慮しました。Windows8のトップページのモダンUI(タイル)のイメージに似ていますが、IDNTOPページではずっと以前から先取りしていました。編集後記にリニューアルの趣旨などを書いています。

■《アドバイザー交流サイト》の開設のご案内
IDNではマイクロソフトよりOffice365を導入し
・アドバイザーの実態把握をするためのアンケート調査
IDNパソコンひろばの運営管理システムの構築と運用
を行ってきました。
次の展開として、Office365の機能を活用して、アドバイザーの為の交流の場を作りました。
アドバイザー向けの行事やイベントなどについては、メルマガIDNでも案内しますが、こちらのサイトでのお知らせが早いことがあります。
アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/

なお、《アドバイザー交流サイト》へサインインするためには、IDとパスワードが必要です。
お分かりにならない方は、下記に気軽にご相談ください。
相談窓口 渡辺加世子(管理者): adm002@npoidn.com 


《アドバイザー交流サイト》の構成
3つのゾーンを設けています。
(1)IDNからのお知らせ:アドバイザー向けの行事やイベントなどの案内​します
 
(2)コミュニ掲示板:自由に投稿してください。
困ったことなどを質問すれば、お答えしま​す
皆さんが知るといいことを投稿、質問に答えることへのご協力をお願いします。
なお、コミュニ掲示板はFacebookやツイッターなどと違い、アドバイザーだけのSNSですので安全です。
 
(3)IDNブログ​:近況などを投稿してください事例を参考に、自由に投稿してください

アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/



アドバイザー交流サイトの構成

■IDNの《
facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

IDNのfacebookページへのアクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。

 《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください
http://www.facebook.com/npoidn


IDNのfacebookページのTOP


自薦・他薦をお願いします
 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます
TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■たかお会(89回)のの報告:ふれあい充電講演会と共同開催しました
 2015年度の最初の活動として、2015年1月7日に《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施しました。写真等、ふれあい充電講演会の報告をご覧ください。

たかお会(第91回)の開催案内: エンジョイウインターアクチビティat 南会津 たかつえ高原
・実施期日
 第91回:平成27年2月26日(木曜日)~28日(土曜日) 2泊3日
・集合場所:JR新宿駅西口地下ロータリー TAXI 乗り場付近
・集合時間:午前7時00分(出発予定)
        ※参加者の集合可能時間により集合時間を調整します
        ※参加人数により集合場所を複数にすることがあります
・コースの概要:東北自動車道⇒西那須野IC⇒会津高原尾瀬口⇒高杖スキー場(自動車利用)
・会津高原 たかつえスキー場(2日目はスキー専用の高畑スキー場を予定)
 TEL:0241-78-2241
 URL:http://www.takatsue.jp

 ※たかつえスキー場でスノーシューハイク等も選べま す
・宿泊場所:芝浦工業大学 会津高原高杖セミナーハウス(2泊)
 ※天然温泉:24時間入浴できます。TEL:0241-78-2793 たかつえスキー場 頂上にて
 http://www.shibaura-it.ac.jp/educational_foundation/facility/seminar_house_takatsue.html
・費 用:1泊2食 6,350円見当(別途 宿泊料、夜の飲料費、交通費がかかります)
・参加費:1,000
・参加申し込み(締切日):参加者が多い場合、期日前に締め切ることもあります
 第90回:1月 5日
 第91回:2月16日
 ※初参加の方は、傷害保険契約がありますので、住所・氏名・生年月日・電話番号を幹事までご連絡下さい
・申し込み先(幹事宛メールアドレス):takaokaikanji@freeml.com

<備考>
・持参するもの:洗面用具・着替え一式(寝間着、タオル類持参のこと)・常備薬・嗜好品・保険証(写)・
          スキー用具(ウエア)一式(レンタルもできます)
・服装:防寒着。雪原散歩する方は長靴(深めの靴)でお出かけ下さい
・催行5日前以降の参加取り消しにはキャンセル料が発生する場合もありますのでご承知ください
・車の台数により参加者の定員が変わります。先着を優先いたしますが、参加希望がかなわない場合もございますのでご了承ください 東武電車とバスでの参加もできます
・初めての方はたかお会ホームページの活動報告をご参照ください
 http://www.npo-idn.com/outdoor/14skikatudo(1.23-25).htm

・緊急連絡先(幹事 西野): 090-8774-3719

■たかお会の今年度の計画
 11月28日に、さいたま市生涯学習総合センターで、たかお会幹事会を開催し、2015年度活動計画を決めました。2015年度の最初の活動を、1月7日に開催予定の《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施しました。その時に、たかお会会員へ2015年度のたかお会活動計画を、この新年懇親会場で発表しました。詳細はたかお会のホームページでご覧ください。

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第19回 IDNゴルフ会の予告
第19回のIDNゴルフ会の開催は未定です

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。
TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

■沖縄で出会った龍~その1 首里城の龍
 龍楽者としては、かつてより沖縄の龍を見たいと願っていた。2014年11月末に那覇へ行く用があり、2日間の仕事の前後に、念願だった龍を見る機会を得た。那覇市と浦添市まで足をのばし、首里城の龍の他、いくつかの龍を見ることが出来た。今回は、琉球と沖縄の歴史に簡単に触れ、首里城の外部と内部に飾れている龍を、次号で、那覇とその周辺で出会ったいくつかの龍の謂れとかたちについて紹介する。


首里城正殿


首里城正殿 正面


首里城正殿 唐破風妻飾の金龍と瑞雲

   
正殿前の大龍柱と石段上の小龍柱
左が吽形 右が阿形


唐破風の龍頭と棟飾り


2階 御差床(うさすか)
高欄には正面に一対の金龍柱が立つ


扁額の下、なげしの龍のレリーフ(部分)


龍樋
龍樋の水は龍潭池にそそいでいる


龍潭池の向こうに首里城を望む
池は龍頭形に作られている

古琉球から沖縄へ
 12世紀のグスク(御城)時代にはじまり、琉球王国をへて、
1609年の島津侵入までの時代は、総称して《古流球》とよばれる。

 12世紀になると農耕社会が形成され、各地には按司(アジ)とよばれる指導者が誕生して、砦としてのグスクを築き、互いが勢力を争う《グスク時代》を迎える。
<三山時代>
 14世紀になるとより強力な3つの勢力があらわれ、沖縄島を南部・中部・北部に分断してそれぞれの地域を支配した。これが《三山時代》と呼ばれ約100年続いた。良港を抱えていた三つの勢力は、中国との交易を積極的におこない経済力を拡大していった。

 14世紀には、中国が東アジアの中心的役割をになう新秩序が形成され、日本をふくむ周辺諸国と交易をおこなうようになった。沖縄近海をふくむ東シナ海は、多くの船が出入りする交易の場となり、琉球列島は商人たちが行き交う中継地点としてにぎわった。

 
1368年に中国に明朝が成立し、盟主としての中国と臣下としての周辺諸国の位置づけを明確にし、明の皇帝に忠誠を誓う国に対してのみ、交易を許すという中国を中心とした東アジアの国際秩序「冊封体制(さくほうたいせい)」が確立された。

<第一・第2尚氏王統時代>
 15世紀にはいると、南部の佐敷(現・南城市)按司の子・尚巴志(しょうはし)が三山の統一をなしとげて第一尚氏王統を築き、首里城を中心として琉球王国が誕生した(
1429年)。

 尚円(
1470-1477)により、第二尚氏王統時代が始まり、明治初期の《琉球処分》まで琉球王国の統治が継続する。琉球王国も東アジアを舞台に築いた大交易時代を築いた。

<島津侵入>
 16世紀をむかえるとそれまで、友好的な貿易相手国であった日本と琉球との関係にも、変化があらわれはじめた。薩摩の島津氏は、
1609年に武力をもって琉球へ侵攻し(島津侵入)、武力の弱い琉球は薩摩の支配下におかれることになった。

<沖縄県設置>
 琉球王国は、江戸幕藩体制のもとで薩摩藩の支配を受け、明治にはいると沖縄県設置(琉球処分)で王国は消滅し、
1879年に沖縄県が誕生した。

首里城(スイグスク)
 首里城は14世紀末に創建されたが、城の型が整ってきたのは、16世紀初めの琉球王朝の全盛期、尚真王時代(在位
1477~1526年)だった。那覇の街を見下ろす丘陵に、東西400メートル、南北200メートルの楕円(だえん)状の敷地をもつ最大規模の城(グスク)がつくられた。政権交代はあったが首里城は450年にわたり琉球王朝の王城で、南海の王国としての琉球の象徴だった。

 大正14年(
1925)及び昭和8年(1933)には首里城の正殿及び歓会門、守礼門などが国宝に指定された。
 城は幾度か焼失の憂き目に遭い、用途も軍の駐屯所などに転用されたが、修理を重ねながら何とか原型は保った。

 しかし、昭和20年(
1945)の太平洋戦争末期の沖縄戦で、首里城は日本軍の司令部壕があったことから集中砲火を浴び完全に破壊された。戦後は、跡地に琉球大学が建設されたことにより、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残るのみとなった。

 アメリカ統治時代の昭和32年(
1957)に遺構の上に園比屋武御獄石門が復元された。平成元年(1989)から正殿の復元に着手、平成4年(1992 本土復帰20周年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。

 首里城は『琉球王国のグスク及び関連遺産群』としてユネスコ世界遺産に登録されているが、世界遺産の対象となったのは首里城跡の遺構部分のみが対象で、復元された部分は除外されている。

首里城正殿

 首里城の正殿(せいでん)は、中国の宮殿と日本の禅寺を合わせた様な折衷型と言えるもので琉球独自の形式である。随所に龍などのアジア風の装飾があり、3つの文化が融合している。首里城正殿の壁等の彩色塗装には、桐油が塗られている。なお、下地の一部は漆である。
 正殿の前に広い前庭(御庭 うなー)がある。御庭には磚(せん 敷き瓦)というタイル状のものが敷かれている。 この色違いの列は、儀式の際に諸官が位の順に立ち並ぶ目印の役割をもっていた

一階の《下庫理(しちゃぐい)》と二階の《大庫理(うふぐい)》
 正殿は木造の3階建で、1階は《下庫理(しちゃぐい)》と呼ばれ、主に国王自ら政治や儀式を執り行う場があり、2階は《大庫理(うふぐい)》と呼ばれ、国王と親族・女官らが儀式を行う。
 特に2階の御差床(うさすか)は絢爛豪華な意匠となっている。高欄の正面に一対の金龍柱、国王の椅子の龍の飾り、両側にある朱柱(金龍柱)、なげしの龍の飾り、扁額の周囲の龍など、龍りをたくさん見ることが出来る。

龍樋

 《龍樋》は瑞泉門に向かう石段の右手前にある。龍の口から湧水が湧き出していることから《龍樋》と名付けられた。尚巴志(しょうはし)が国相・懐機(かいき)に命じて造らせたといわれている。
 龍樋の水は、王宮の飲み水として使われていた。中国からの使者である《冊封使(さっぽうし)》が琉球を訪れたとき、那覇港近くにあった宿舎《天使館》まで、毎日この水が運ばれたといわれる。
 龍の石彫刻は、
1523年に中国からもたらされた当時のままのもの。首里城のほとんどは復元された建築物や彫刻なので、この《龍樋》は当時の姿そのままを見ることが出来る貴重な彫刻である。
 龍樋の水は、円鑑池に流れ、龍淵橋の下をくぐって龍潭池にそそいでいる。

龍潭(りゅうたん)池

 《龍潭池》は沖縄県那覇市にある池で、魚小堀(イユグムイ)とも呼ばれる。
1427年、琉球王国の第一尚氏王統・第2代尚巴志王の命により、国相懐機が作庭したといわれる人工の池。
 大池は龍頭形に作られ、池の周囲416m、面積は
8,400㎡。 冊封使滞在中の重陽の日(旧暦9月9日)には冊封使一行を歓迎するため、池に龍船を浮かべ船遊びの歓待の宴が行われた。首里城が水面に映り、琉球随一の名勝地であったといわれている。

エピローグ
 首里城における龍の飾りは、外も内も必ず阿吽の形の対になっているのは見事である。写真撮影に十分な時間をとることができまかったが、ホームページ《龍の謂れとかたち》の特集《沖縄で出会った龍》に首里城の外部と内部を分けてアップした。
 興味のある方はご覧ください。【生部 圭助】

首里城(外部)こちらでご覧ください
首里城(内部)はこちらでご覧ください
編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇