TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第304号】
2014年12月15日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧になれます
*********************************************************************************************************
《第304号のご案内》
 お知らせ
 IDNだより
 1.ふれあい充電講演会
  =第131回の報告:懐かしの昭和(そのⅡ) ~高度成長期 篇~
  =第132回の案内:日本橋七福神めぐり
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第114期のシニア情報生活アドバイザー講座の最終日の打ち上げ懇親会の案内
  =第115期のシニア情報生活アドバイザー講座の案内
  =アドバイザー講座の受講感想:青木三代子さん(第113期受講生)
 3.IDNパソコンひろば
  =2014年12月の初心者向け講座実施しています
  =2015年1月の初心者向け講座はお休みです
  =町会・自治会のためのブログ入門講座のフォローアップ講座を実施しています
 パソコン交流会
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =12月例会(第113回)開催の速報
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
  =シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 7.IDN会員募集のご案内
  =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
  =《アドバイザー交流サイト》の開設のご案内
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =たかお会(89回)の開催案内:ふれあい充電講演会と共同開催します
  =たかお会 次年度の計画
10.IDNゴルフ会
11.ふれあい広場
  =ふれあい広場について
12.編集後記
  =龍をあしらった工芸品

【TOPの写真:松山城天守閣】
*********************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
ふれあい充電講演会
第132回の案内をしています:新春恒例・日本橋七福神めぐり
小伝馬町駅を出発し小網神社まで2時間半の行程です
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第114期の講座を12月20日に終了し、打ち上げ懇親会を開催します
青木三代子さん(第113期受講生)の受講感想を掲載しています
四谷ひろば
 パソコン教室
12月の初心者向け講座を実施しています
2015年1月はお休みです
町会・自治会のための
ブログ入門講座
町会・自治会のためのブログ入門講座を終了しました
11月から来年の3月まで、フォローアップ講座を実施しています
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
12月例会(第113回)を速報を掲載しています
課題報告者は西浦 利清さん。テーマは《シカゴからロサンゼルスまで 、自分の車引っ越し》
アドバイザー埼玉の会
《シニアドさいたま》
今年の会員交流会(11月26日に予定)の開催を中止しました
シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内をしています
アウトドアクラブ
 《たかお会》
2015年1月7日に《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施します
その時に、2015年度の活動計画(たかお会幹事会で決定)を配布します
ホームページ・
 ブログの紹介
IDNの《facebookページ》を公開しています
《アドバイザー交流サイト》開設
の案内をしています
ふれあい広場 投稿をお待ちしています

*******************************************************************************************
お知らせ

*******************************************************************************************
ふれあい充電講演会

第131回の報告:懐かしの昭和(その2)~高度成長期篇~
 2008年12月(第84回)に続き、飯塚氏が編集された《音と映像で綴る》懐かしの昭和(その2)が紹介されました。映像を見ながら、その時代のわが身を顧みました。

【開催概要】

第131回講演会の講師 飯塚 渉さん










最後に訪れる小網神社(福禄寿)

・開催日時:12月8(月)17:30-18:40
・テーマ:懐かしの昭和(その2)~高度成長期編~
・講師:飯塚 渉さん(IDN会員)
・場所:四谷ひろば2Fコミニティールーム1
◆内容:
・時代:昭和25年から昭和49年まで時代を6区分
     及びエンディング
・上映時間63分07秒
・写真コマ数:623
・挿入BGMタイトル:39アイテム

=飯塚 渉氏からのメッセージ=
これは「日本昔ばなし・昭和版」です。
戦中・戦後の窮乏・混乱期に育ち、劇的に変貌する時代の渦中を、懸命に泳ぎ・駆け抜けた世代が我々です。
夜明け前の昭和25年から、昭和30年代・昭和40年代の暮らしや世相、出来事、子供時代のノスタルジックな残像などの映像群に味付けのBGMを配して構成・編集しました。
拙い作品ですが、どうぞゆるい気分でお楽しみ下さい。
=のすたる爺(Nostalgy) 謹白=

【コーディネーター:羽澄勝】

第132回の案内:新春恒例・日本橋七福神めぐり
・開催日:2015年1月7日(水曜日)
 *小雨の場合は決行します
・集合場所:営団日比谷線小伝馬町駅(3番出口地上)
・集合時間:午後2時
・コースの概要:
午後2時スタート:小伝馬町駅⇒椙森神社(恵比寿神)⇒末廣神社(毘沙門天)⇒笠間稲荷神社(寿老人)⇒水天宮仮宮(弁財天)⇒松島神社(大黒神)⇒茶ノ木神社(布袋尊)⇒小網神社(福禄寿)⇒人形町駅
(実歩行時間2時間・所要時間約2時間30分)
・新年懇親会:午後4時30分より開催
・参加申し込み締 切 日:1月4日(日)
・申し込み先(参加受付アドレス):
 idn-kouenkai@npo-idn.com
・参加費:IDN会員・たかお会員:500円 、ビジター:1,000
・新年懇親会費:2,500円(当日幹事に納入してください)
*緊急連絡先:
 武田 090-5579-4516 または 高橋洋子 090-4845-0993

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■第114期のアドバイザー講座の最終日打ち上げ懇親会の案内
 第114期の講座最終日に打ち上げ懇親会を実施します。
・開催日時:2014年12月20日(土曜日)16時頃より
・会場:サイゼリヤ(東京メトロ四谷三丁目駅そば)
参加される方は下記へご連絡ください

シニア情報生活アドバイザーのチラシ(部分)


idn@npo-idn.com

■第115期のアドバイザー講座の案内
 第115期の講座を実施します。Windows8.1のテキストを使います。
・開催時期:2015年1月10日~2月7日 毎回土曜日
・会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20

詳細及び受講申し込みは下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■アドバイザー講座の受講感想:青木三代子さん(第113期受講生)
 私は15年くらい前に仕事で必要に迫られてグラフィックソフトを使うようになりました。でも自己流でしたので その後 学校へ通ったりもしたのですが、やっと使えるようになった頃にバージョンアップなどで内容が変化してしまうので、パソコンに関してはいつも苦労が絶えませんでした。
 大きな組織で働いているのならその都度 教育もしてもらえるのかもしれませんが、私の場合それは望めなかったので、ここ2〜3年は分からないことはネット検索で調べて凌いでいました。けれどそれにも限界を感じ、どこか教えてもらえるところはないかと いろいろな講座を調べていましたところ「シニア情報生活アドバイザー」の養成講座をみつけたのです。

 今までと違うことが学べそうだ という軽い気持ちで申し込みをしたのですが、始まってみれば予想をはるかに超えたハードな内容で、毎回の宿題も私が見たことのないようなものばかりでビックリ。質問するレベルにさえ届かないまま次々と発表したり模試を受けたりすることになってしまいました。講義を受けていたひと月間は、仕事以外の時間のすべてを学習にあててボロボロになり、夜おそく帰宅した息子に「満身創痍ですね」とからかわれたりしておりました。

 しかしそれでも、日頃あまり勉強家でもない私が途中で脱落することなく最後まで授業を受けることができ、試験を受けて合格までいただけたのは、とても熱心で丁寧に授業をしてくださった先生方のおかげです。ほんとうに感謝しております。ありがとうございました。
 変化の激しいパソコン界ですから、補講の機会等があればできるだけ受けたいと思っていますので、今後ともご指導いただけますよう 何とぞよろしくお願いいたします。

■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは

 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
 シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに101回(第113期まで)の講座を開催し、357名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2014年12月の初心者向け講座を実施中です
入門コース
入門2:はじめてのインターネットと電子メール:
      月曜日午後(1、8、15、22日
入門3:インターネットの活用:水曜日午後(3、10、17、24日


基礎コース
基礎1:ワード入門:金曜午前(3、10、17、24日
基礎2:エクセル入門と年賀状作成:金曜午後(5、12、19、26日
基礎3:ブログ入門:金曜午後(5、12、19、26日
基礎4:インターネットの活用(2):火曜午後(2、9、16日

特別講座
S1:パワ-ポイントでクリスマスムービー:火曜午前(2、9日
S2:未定
S3:パソコン便利技:月曜午後2(1、15日

なんでも相談
21日(金)午後2


■町会・自治会のためのブログ入門講座のフォローアップ講座を実施しています
 昨年に引き続き、IDNが新宿区より受託して《町会・自治会のためのブログ入門講座》を実施しました。11月より2015年3月まで、月に1回フォローアップ講座を開催しています
 本講座は町会・自治会のコミュニケーションやコミュニティのの向上のために新宿区が企画されたものです。
 町会・自治会のブログを作る意思のある方、日常的にパソコンをお使いの方を対象にしています。

【開催概要】
・主催:新宿区生涯学習コミュニティ課
・開催日:10月の毎週火曜日午前(7日・14日・21日・28日)
・講師:長谷川久之(IDN)
・受講料:無料

フォローアップ講座
11月より2015年3月まで月に1回、第4火曜日(12月は第3火曜日)に開催します。

■パソコン交流会
当面、お休みしています。

これまでの活動内容はこちらをご覧ください
パソコン交流会の
Webページはこちらをご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

■11月例会(第112回)の速報
・日 時:12月11日(木)12:30~15:00
・場 所:千葉市生涯学習センター3F 小会議室
・報告者:西浦 利清さん
・テーマ:シカゴからロサンゼルスまで 、自分の車引っ越し、ルート66をたどる
・内 容:1987年シカゴからロサンジェルスまで約3,000kmを自分の車で引っ越しした顛末を、ルート66を紹介しながらの話

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

■シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 この度、シニアドさいたまのブログをgoo Blogに変更し登録いたしました。過去のデーターはある程度整理し、今後充実を図っていきたいと考えています。お気づきの点や、ご希望がありましたら連絡ください。
 運用を始めたfreemlには、メーリングリストホームページがあり、過去のメール記録やスケジュール表・共有ファイルなどがあります。ご利用ください。

・ブログのURL: http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
・会員のメーリングリストの投稿アドレス:seniords@freeml.com
・メーリングリストホームページ:http://www.freeml.com/seniords


シニアドさいたまのブログ:http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958
TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターなどの紹介

■シニアドさいたまのブログとメーリングリストのご案内
 この度、シニアドさいたまのブログをgoo Blogに変更し登録いたしました。過去のデーターはある程度整理し、今後充実を図っていきたいと考えています。お気づきの点や、ご希望がありましたら連絡ください。
 運用を始めたfreemlには、メーリングリストホームページがあり、過去のメール記録やスケジュール表・共有ファイルなどがあります。ご利用ください。

・ブログのURL:http://blog.goo.ne.jp/seniord-s
・会員のメーリングリストの投稿アドレス:seniords@freeml.com
・メーリングリストホームページ:http://www.freeml.com/seniords


■シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
 懸案としていたシニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました。IDNのホームページとイメージを似通ったものとし、関連性を感じられるように配慮しました。Windows8のトップページのモダンUI(タイル)のイメージに似ていますが、IDNTOPページではずっと以前から先取りしていました。編集後記にリニューアルの趣旨などを書いています。

■《アドバイザー交流サイト》の開設のご案内
IDNではマイクロソフトよりOffice365を導入し
・アドバイザーの実態把握をするためのアンケート調査
IDNパソコンひろばの運営管理システムの構築と運用
を行ってきました。
次の展開として、Office365の機能を活用して、アドバイザーの為の交流の場を作りました。
アドバイザー向けの行事やイベントなどについては、メルマガIDNでも案内しますが、こちらのサイトでのお知らせが早いことがあります。
アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/

なお、《アドバイザー交流サイト》へサインインするためには、IDとパスワードが必要です。
お分かりにならない方は、下記に気軽にご相談ください。
相談窓口 渡辺加世子(管理者): adm002@npoidn.com 


《アドバイザー交流サイト》の構成
3つのゾーンを設けています。
(1)IDNからのお知らせ:アドバイザー向けの行事やイベントなどの案内​します
 
(2)コミュニ掲示板:自由に投稿してください。
困ったことなどを質問すれば、お答えしま​す
皆さんが知るといいことを投稿、質問に答えることへのご協力をお願いします。
なお、コミュニ掲示板はFacebookやツイッターなどと違い、アドバイザーだけのSNSですので安全です。
 
(3)IDNブログ​:近況などを投稿してください事例を参考に、自由に投稿してください

アドバイザー交流サイトのURL:
https://npoidn.sharepoint.com/teams/adviser/_layouts/15/start.aspx#/



アドバイザー交流サイトの構成

■IDNの《
facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

IDNのfacebookページへのアクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。

 《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください
http://www.facebook.com/npoidn


IDNのfacebookページのTOP


自薦・他薦をお願いします
 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます
TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■たかお会(89回)の開催案内:ふれあい充電講演会と共同開催します
 2015年度の最初の活動を、2015年1月7日に開催予定の《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施します。詳細は、ふれあい充電行為宴会の案内をご覧ください

■たかお会 次年度の計画
 11月28日に、さいたま市生涯学習総合センターで、たかお会幹事会を開催し、2015年度活動計画を決めました。2015年度の最初の活動を、1月7日に開催予定の《日本橋七福神めぐり》をふれあい充電講演会と共催で実施します。その時に、たかお会会員へ2015年度のたかお会活動計画は、この新年懇親会場で発表します。

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第19回 IDNゴルフ会の予告
第19回のIDNゴルフ会の開催は未定です

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。
TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

■龍をあしらった工芸品

饕餮文瓿(とうてつもんほう)


鐎斗(しょうと)


龍文朱箱(りゅうもんしゅばこ)


龍堆黄盆(りゅうついおうぼん)


唐三彩龍耳瓶


竜首水瓶(りゅうしゅすいびょう)


自在置物(じざいおきもの)


小龍景光(国宝)の倶利伽羅龍

 前号で、《龍をあしらった粋な小物》を紹介した。今回は《龍の謂れとかたち》で、《工芸品》として整理しているものの中よりいくつかを紹介する。工芸品とは「実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物」と言われているが、《民芸品》と明確に区別してはいない。
 《龍の謂れとかたち》に、祭祀に供する容器、薬や書類の収納容器、お盆、酒器、水指、鉄器、鉄製の文鎮、自在置物(じざいおきもの)、日本刀・小柄・鍔、鏡、鐘、竿頭飾(かんとうかざり)、櫛や笄(こうがい)などに龍をあしらったものを紹介している。たとえば、中国漆工には、彫漆・螺鈿・存星・漆絵・鎗金といった技法を駆使した貴重なものも含まれている。

饕餮文瓿(とうてつもんほう)

 この大きな蓋つきの器(瓿)は、儀式に使う酒や水を蓄えておくためのもの。表面をおおう文様の主役は怪獣のような饕餮文。 蓋の摘みには角を持つ龍が表わされている。各所に長い体の龍が表されている。今は錆びて暗い緑色だが、作られた当初は金色に輝いていた。東博の企画展《天翔ける龍 2012》にも展示されたが、現在は、東洋館で見ることが出来る。
【銅製、中国 商時代・前13~前11世紀】

鐎斗(しょうと)
 鐎斗とは、酒などを温めるための容器。底部に3足、側面に龍首形の把手が付く。注口をもつ鐎斗も少なくないが、本作には注口がない。地金は響銅に特有な黄白色で、側面と裏には挽き目が残っている。中国での響銅の本格的な出現を示す優品。
【青銅 南北朝時代・6世紀】

龍文朱箱(りゅうもんしゅばこ)
 朝鮮王国が江戸幕府の将軍に宛てた国書に付属した箱。当館には3合の箱があり、いずれも朱地に金泥で龍を描いている。この箱は中でも最も姿が美しく、17世紀の作と考えられる。中国の皇帝にしか許されないはずの五爪の龍であることが注目される。
【木製漆塗 朝鮮 朝鮮時代・17~18世紀】

龍堆黄盆(りゅうついおうぼん)
 中国漆工には、彫漆(ちょうしつ)・螺鈿(らでん)・存星(ぞんせい)・漆絵(うるしえ)・鎗金(そうきん)といった技法がある。これによって花鳥・楼閣人物・屈輪(ぐり)などの文様を表わす。東博館の龍文様の堆黄盆は堆黄の最も古い作例として有名。際立った栄えを見せる万暦期彫漆の中でも屈指の作品の一つ。
【法量:径22.0 高2.4、銘:「大明萬暦己丑年製」  明時代・万暦17年(
1589)】

竜首水瓶(りゅうしゅすいびょう)
 龍をかたどる蓋と把手を付けた勇壮な姿の水瓶。 胴には四頭のペガサス(天馬)を線刻で表す。胡瓶とも称される器形に、東洋と西洋にそれぞれ起源をもつ龍とペガサスの意匠がよく調和している。
 器胎の金銀の色彩対比とともに、緑色ガラス製の竜眼が光彩を放つ。法隆寺に伝わった水差し。
 このような長い首と下にふくらむ胴に把手を取り付けた器形は、ササン朝ペルシャに源流をもち、一般に「胡瓶(こへい)」と呼ばれる。唐時代中国の作と考えられてきたが、龍の造形や毛彫の手法などから、7世紀の日本製とする見方が強くなっている。
【7世紀 白鳳または唐時代、 銅製鍍金・鍍銀、 高49.9cm 胴径19.9cm、法隆寺献納宝物 国宝】

唐三彩龍耳瓶
 唐三彩龍耳瓶としては例を見ない大作。張りのある胴、がっしりとした龍耳は力強く、堂々としている。左右に把手が付く器形は、西方に起源がある。胴の三方には形抜きでつくられた宝相華文おおぶりなメダイオンが貼り付けられている。流れて入りまじる三彩釉の効果とあいまって、華麗な趣を与えている。
【高47.4cm 口径11.4cm 底径10.0cm 重要文化財】

自在置物(じざいおきもの)
 自在置物は、鉄や銅、銀、銀と銅の合金である四分一(しぶいち)などの金属を用い動物を写実的に作った美術工芸品。龍、蛇、鳥、魚、伊勢海老、海老、蟹、昆虫(クワガタや トンボ、蝶)などの手足などを実際に動かすことのできる機能までを追求している。
 龍は胴をくねくねと動かすことができ、脚や爪も曲げたり、伸ばしたりすることが可能。鳥は翼の開閉、頸をまわすことができる。自在置物は写実から可動にまで進んだ特殊な金工品として注目される。江戸時代の大名などが、眺めて触って楽しんだ。

 年号が記された現存作では、東博蔵の正徳3年(
1713年)の銘がある明珍宗察(みょうちん むねあき)の龍がもっとも古い。龍では最大で出来栄え優れている。明珍は甲冑師の家の出身で、とくに鉄の鍛錬と打出技術に長じていた。江戸時代中期の平和な時代にこうした置物の製作を行った。
【自在龍置物 明珍宗察の作 正徳3年(
1713年)】

小龍景光(国宝)の倶利伽羅龍
 小龍景光(銘:備前国長船住景光)は本来長かった刀身を磨り上げて短くした。結果、刀身にある龍の彫り物がハバキ(刀身を鞘に固定する物)からのぞいている感じになった。《のぞき龍景光》とも呼ばれている。
【元亨二年五月日。伝:楠木正成公佩用 全長:二尺四寸四分(73.93cm)】

 景光は長光の子といわれ、鎌倉時代末期の備前長船派の正系の刀工。この太刀は,小板目のよく約(つ)んだ地鉄に,直刃(すぐは)調の刃文で、景光の最高傑作にあげられる。表裏に棒樋を彫り、表の樋の中に倶利伽羅龍(くりからりゅう)と裏の樋の中に《梵字》を浮彫りとしている。

倶利伽羅龍

 不動明王が右手に持つ倶利伽羅剣には、倶利伽羅龍が巻きつき、剣先を呑みこもうとしている図が彫られている。この剣は降魔の剣とも呼ばれ、主尊として悪を罰するだけでなく、煩悩を打ち砕き、修行の効を達成させる慈悲の存在ともされている。龍は姿を変えた不動明王の化身とされる。

 梵字(ぼんじ)はインドで使用されるブラフミー文字の漢訳名。日本で梵字と言った場合は、仏教寺院で伝統的に使用されてきた「悉曇文字」(しったんもじ)を指すことが多い。

エピローグ

 今回紹介したものはすべて東京国立博物館(東博)で展示されたものを撮影し、展示の説明を基に作品を紹介した。
 龍楽者にとって、東博は龍の宝庫である。特に辰年だった
2012年の年初に開催された企画展《天翔ける龍 2012》では、東博が所有する龍のお宝がふんだんに展示されており、図集も出版された。これらも含めて、《サイバーギャラリー 東博の龍》で紹介しているので、興味のある方はご覧いただきたい。【生部 圭助】

《サイバーギャラリー 東博の龍》のカテゴリー(070 工芸品)よりご覧ください。
編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇