TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第288号】

2014年 4月15日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*********************************************************************************************************
《第288号のご案内》
 お知らせ
  =IDN第14期総会の報告
 IDNだより
 1.ふれあい充電講演会
  =第126回の速報:アドバイザーフォーラムと共催
  =第127回の案内:NHKスタジオ見学
  =第128回の案内:江戸東京たてもの園~高橋是清邸、三井八郎右衛門邸、子宝湯などを訪ねる~
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第110期の開催案内
  =更新セミナーの案内
 3.IDNパソコンひろば
  =
2014年4月の初心者向け講座を行っています
  =2014年5月の初心者向け講座の案内
 パソコン交流会
  =今後の話題提供をお願いします
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =4月例会(第106回)開催の報告
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 7.IDN会員募集のご案内
  =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
  =シニアドさいたまのブログをリニューアルしました
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第72回たかお会の報告:「高崎観音山周辺」桜見物ハイキング
10.IDNゴルフ会
11.ふれあい広場
  =アドバイザーフォーラム(ADF2014)の開催報告
12.編集後記
  =東京文化会館でのティー・タイム・コンサート
*********************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
IDN第14期総会の
開催報告
IDN第14期総会を開催しました。第13期の事業報告、第13期会計報告、第14期事業計画及び収支予算について承認されました
ふれあい充電講演会
第126回をアドバイザーフォーラムと共催しました
第127回と第128回(江戸東京たてもの園)の案内をしています
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第109期の講座を4月5日に開講、第110期の講座の案内をしています
今年度の更新対象者向けの更新手続きと更新セミナーの案内をしています
四谷ひろば
 パソコン教室
4月の初心者向け講座を実施しています
5月の初心者向け講座の案内をしています
パソコン交流会 第30回の企画を検討中です
今後の話題提供をお願いします
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
4月3日14時から4月例会(第106回)を開催しました。講師は山室輝弘さんでした
新布陣は会長:山下正夫、事務局長:土屋千秋、会計:西浦利清になりました
アウトドアクラブ
 《たかお会》
第83回は4月3日(木)に《高﨑観音周辺(桜見物)ハイキング》を開催しました
高崎城址公園・観音山山頂・白衣観音・ひびきばしなどをめぐりました
ホームページ・
 ブログの紹介
IDNのfacebookページを公開しています
シニアドさいたまのブログをリニューアルしました
ふれあい広場 第14期総会の終了後にアドバイザーフォーラム(ADF2014)
ふれあい充電講演会と共催
で開催しました

****************************************************************************************
お知らせ


■IDN第14期総会の報告
 4月14日(日)に、第14期総会が、新宿区四谷ひろばで開催されました。香村理事が議長に選出され、初めに生部理事長より、第13期(自平成25年1月1日至平成25年12月31日)の事業報告がありました。
 次いで決議事項に移り、第1号議案として第13期会計報告が、武田理事より、配布された資料に沿って説明があり、満場一致で承認されました。
・経常収益:4,395,206円
・経常費用:4,866,463円
・当期経常増減:471,258円
・正味財産期首残高:3,935,659円
・正味財産期末残高:3,464,401円
 次に、第2号議案として第14期事業計画及び収支予算について、生部理事長より説明があり、満場一致で承認され、最後に議事録署名人に、生部理事長、柴田理事が選出され無事終了しました。

TOPへ

**********************************************************************************************
ふれあい充電講演会

■第126回の開催速報:アドバイザーフォーラムと共催
 
本年もアドバイザーフォーラム(ADF2014)と共催で開催しましたふれあい広場アドバイザーフォーラム(ADF2014)の項をご覧ください。

■第127回の案内:NHKスタジオ見学

NHK関係者のご厚意で、スタジオ見学が急遽実現することになりました。
スタジオ運営管理の関係で参加人員の制限のため、
申し込み受付を終了しました
【開催概要】
・開催日時:4月23日(水) 15:45に集合~17:00 (終了後、懇親会)
・場所:NHK放送センター正面玄関集合
・会費:
会員500円 (ビジター1,000円) 懇親会費:3,000円程度
・申し込み:先着18名で締切りとさせていただきました。
コーディネーター:羽澄 勝
緊急連絡:
080-5385-4412(羽澄携帯へ)

■江戸東京たてもの園~高橋是清邸、三井八郎右衛門邸、子宝湯などを訪ねる~
 江戸東京たてもの園は江戸東京博物館の分館で、都立小金井公園の中にあります。高い文化的価値がありながら現地保存が困難となった江戸時代から昭和初期までの30棟~高橋是清邸、三井八郎右衛門邸、銭湯・子宝湯、下町の商家、かやぶき農家など~が復元保存されています。宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』の作画では、子宝湯、鍵屋、下町の商家建築のデザインが参考にされたそうです。たてもの園の案内ボランティアによるガイドツアー(約2時間)を楽しみながら、みなさんもタイムスリップしてみませんか。
【開催概要】
・開催日時:5月15日(木) 14:00-17:00 (後 懇親会)
・案 内:村井博美氏
・募集人数:20名
・集 合:JR中央線・武蔵小金井駅北口 14:00(特別快速は停車しません)
・コース:武蔵小金井駅(バス)⇒江戸東京たてもの園⇒(バス)武蔵小金井駅
・会 費:会員500円 (ビジター1,000円) バス片道170円  (懇親会費3,000円)
・申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
・申し込み締め切り:4月30日(水)
今回の当日コーディネーター:羽澄 勝
緊急連絡:080-5385-4412(羽澄携帯へ)

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座


シニア情報生活アドバイザーのチラシ(部分)
■第110期のシニア情報生活アドバイザー講座のご案内
第110期の講座を開催します。
・開催時期:2014年5月17日~6月14日 毎週土曜日
・会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細及び受講申し込みは下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■更新セミナーの案内
 IDNでアドバイザー資格認定をを取得、または更新されてから3年が経過する方に2014年の更新手続の為の更新セミナーの案内をしています。
【開催概要】
・開催日:下記のどちらかで受講してください
 1)第1講座 4月27日(日) 13:00~17:00
 2)第2講座 5月10日(土) 13:00~17:00
・セミナー会場:
 1)4月27日(日):四谷ひろば コミュニティルーム2(2F)
 2)5月10日(土):四谷ひろば パソコンルーム(3F)
・更新セミナーの内容
  標準更新セミナー:NMDA提供テキストによる
  特別セミナー:IDN作成のサブテキストによる
・講師:山室輝弘氏、生部圭助 理事長
・申込等
  4月17日までに申し込んでください。非申込の方も必ずご連絡ください。

■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは

 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに97回(第107期まで)の講座を開催し、350名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。
TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2014年4月の初心者向け講座を行っています
入門コース
入門1:はじめてのパソコン:金曜日午後(4、11、18、25日)
入門3:インターネットの利用:火曜日午後(1、8、15、22日)

基礎コース
・基礎1:ワードで楽しもう(1):水曜午前(2、9、16、23日
・基礎2:パソコンで写真を楽しもう:火曜日午前(1、8、15、22日
・基礎3:エクセル入門:月曜午後(7、14、21、28日)
・基礎4:ワードで楽しもう(2):水曜午後(2、9、16、23日)
・基礎5:ワードで楽しもう(2):金曜午前(4、11、18、25日
・基礎6:ワードで楽しもう(3):月曜日午前(7、14、21、28日

特別コース
S2:カメラ実習(撮影会 新宿東御苑):20日(日)午前
S3:エクセル基本:月曜午後2(7、21日)
S4:パソコンで水彩画:日曜午後(27日)

補習
文字入力、インターネットの使い方など:お休み

パソコン相談
・なんでも相談:火曜午後2(22日)


講座開催の様子



2014年4月の講座の詳細はこちらでご覧ください

  【右の写真をクリックすると拡大します】

2014年4月の講座の案内

■2014年4月の初心者向け講座の案内
四谷ひろばパソコン教室は、シニアや地域の方々がパソコンや インターネットを活用してより楽しく 生き生きとした生活を送るお手伝いをします。シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ三十数名の講師、アシスタントがシニアや地域の方々のために懇切丁寧にご指導致します。

入門コース
入門2:インターネットと電子メール:金曜日(9、16、23、30日)

基礎コース
・E1:ワード入門:火曜(13、20、27日)
2:パソコンで写真を楽しもう:水曜日(7、14、21、28日
3:エクセル入門:火曜(13、20、27日
4:ワードで楽しもう(2):月曜(12、19、26日)
5:インターネットの活用(2):水曜(7、14、21、28日
6:インターネットの活用(2)金曜日(9、16、23、30日

特別コース
S2:カメラ実習(撮影会 スカイツリー):22日(木)
S3:アラカルト(ipad体験、パソコンの管理):月曜(12、19、26日
S4:ワード実用(5):月曜(12、26日
S5:パソコンで水彩画:日曜午後(25日)


補習
パソコンの使い方の練習:お休み

■パソコン交流会
今後の話題提供をお願いします
 パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。皆様からの話題提供のお話をお待ちしています。また、さしあたり提供する話題のない方はこんな話が聞きたい、こんなことが知りたい、など、適宜ご連絡頂きたく、よろしくお願いします。

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。IDN-MMSに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。
IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之】
idn-mms02@outlook.jp

これまでの活動内容はこちらをご覧ください
パソコン交流会の
Webページはこちらをご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

■4月例会(第106回)開催の報告
・日 時:平成26年4月3日(木) 14時~16時
・場 所:千葉市生涯学習センターB1
・出席者:全10名
・テーマ:タブレット・スマートフォンで大画面を利用する
・講師:山室輝弘さん
・概要
 今タブレットやスマートフォンの普及でTVやプロジェクター等で大画面を利用したいと考えた人もいるのではないでしょうか。そこで本日は、モバイル端末と大画面外部ディスプレイを接続する方法の解説と有線や無線によるデモが実施されることになりました。
<接続する方法>
発信側と受信側で接続方法が各機器製造時に決められていることや接続方法間の互換性がないことから、仕様書などで十分確認しておく必要がある。
1)受信側(外部ディスプレイ)端子:HDMI・VGA(アナログRGB)
2)発信側(モバイル端末):

 最初に各有線や無線対応のアダプター及びコネクター・ケーブル類の実物が机上に並べて提示された。それらをもとに大型AV機の背面のコントロール部や側面端子類を確認した。その後、実際に各モバイルのOSや端末に対応したケーブルで、あるいは無線で接続し、それぞれ大画面に鮮やかに映し出された映像は素晴らしく感動的でした。
 これからのTVには、ミラーキャストアダプターが内蔵されるだろうとのこと。家庭や旅先等で自作の写真やビデオを端末機で大型画面に映し出して楽しむのも当たり前の時が、今ここに来ていることを実感しました。まだの方は、ご自分の端末機とAV機器との相性を確かめることもよいのではないでしょうか。

その他の協議事項等
1.巳城雅康(前会長)及び新年度役員に選任された山下正夫(会長)、土屋千明(事務局長)、西浦利清(会計)の各氏から退任や新任の挨拶がありました。

2.SPK10の開催について
・市民自主企画講座として開催するシニア向けパソコン入門講座を年間1回開催する
・開催日:5月19、6月2・9・16日、 7月7・14日の各月曜日全6回開催
・講師の募集等:後日連絡

今後の予定
  5月 1日:飯塚
  6月12日:山下
  7月10日:大村
  8月:夏休み
  9月11日:山室
 10月 9日:土屋
※7月以降の開催の原則
毎月第2木曜日 12:45~15:00千葉市生涯学習センターF3

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログ(新しいサイト)をご覧ください。
今まで使用していたシニアドさいたまのブログのプロバイダー(Goo)が4月から有料になるとのことで、無料のLivedoorBlogに乗り換えました。
 http://blog.livedoor.jp/kc_21-seniad_s/

TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958
TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
 懸案としていたシニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました。IDNのホームページとイメージを似通ったものとし、関連性を感じられるように配慮しました。Windows8のトップページのモダンUI(タイル)のイメージに似ていますが、IDNTOPページではずっと以前から先取りしていました。編集後記にリニューアルの趣旨などを書いています。

■IDNの《
facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

IDNのfacebookページへのアクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。

 《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください
http://www.facebook.com/npoidn


IDNのfacebookページのTOP


■シニアドさいたまのブログをリニューアルしました
 《シニアドさいたま》は、IDN(自立化支援ネットワーク)及びICCH(シニアサロン川越)で《シニア情報生活アドバイザー》の資格を取得した方々のブログです。
 このブログには、会員がそれぞれの居住地や所属する団体に於いて、地域のため、所属団体の目的のために、多岐にわたり資格を生かした活動を展開しており、会員が関わっている諸活動のホームページをここに紹介しています。現在会員は33名です。

 これらの活動に参加したり、パソコンの講習を受講したい方は、各ホームページにアクセスし問い合わせください。また、会員個人が開設しているホームページやブログも閲覧できます。
 今まで使用していたシニアドさいたまのブログのプロバイダー(Goo)が12014年4月から有料になるとのことで、無料のLivedoorBlogに乗り換えました。
http://blog.livedoor.jp/kc_21-seniad_s/
【世話役:東川征夫さん】

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます
TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第72回たかお会の報告:「高崎観音山周辺」桜見物ハイキング
 高崎観音山は、JR高崎駅から4km弱のところに位置し、標高190mの山頂に41.8mの白衣観音像・慈眼院があり、また、周辺には染料植物園、野鳥の森、洞窟観音など見どころ多彩なところです。前日までは曇り時々小雨の天気予報で花冷えも心配な天候でしたが、15℃程度の傘も不要なスタートでした。

 参加者は8名の男性陣で、駅前の高崎市庁舎21階の高崎観音、利根川水系の烏川及び上毛三山が眺望できる展望ロビーから、これからのハイクコースの俯瞰から始まりました。(赤城山などの遠方は曇り空のため観られませんでしたが、、、)

 高崎周辺は、ソメイヨシノ、彼岸桜などが六分から満開の開花状況でした。花見客がみられる高崎城址公園、アジサイで有名な清水寺(せいすいじ)の518段の石段を上り、高崎観音の参道を経て、染料植物園の休憩所で昼食・休憩、その後、植物園の職員から藍染のサプライズミニ講座、植物園の染色工芸館見学、高崎白衣観音散策と健康で有意義な一日を高崎駅居酒屋で確認・解散した高崎ハイクでした。【レポート:企画幹事 畑 隆】
 

参道を抜けると桜と白衣観音の歓迎が

高崎白衣大観音は、高野山真言宗慈眼院の境内にある
通称 《高崎観音》
高崎市民は《観音様》と呼んでいる
昭和11年(1936)に建立された鉄筋コンクリート製の観音像
高さ41.8m

高崎白衣観音像前で記念写真

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第19回 IDNゴルフ会の予告
第18回のIDNゴルフ会を2013年11月7日(木)~8日(金)に大日向カントリー倶楽部で開催しました。
第19回のIDNゴルフ会を2014年の春に開催予定です

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場

■アドバイザーフォーラム(ADF2014)の開催速報

講師の檜山 敦氏


 本年もアドバイザーフォーラム(ADF2014)を下記により開催しました。東京大学大学院の檜山 敦特任講師に、ウェアラブルコンピュータをとりまく最近のICT動向、及び高齢者の経験・知識・技能を社会の推進力とするための《高齢者クラウド》の研究開発についてご講演をいただきました。
【開催概要】
・共催:ADF2014&ふれあい充電講演会
・日 時:平成26年4月13日(日)14:30-17:15
      (第14期総会終了後に開催)
・会 場:四谷ひろば B館3階 パソコン教室

・テーマ:
(1)(仮)シニアとICTのベストミックス
  =ウェアラブルコンピュータをとりまく最近のICT動向
  =高齢者クラウド
  講師:檜山 敦氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科
      知能機械情報学専攻 特任講師)
(2)アドバイザーの活動実態アンケート調査の報告:生部
  =IDNとニューメディア開発協会が実施したアンケート調査の結果を比較しながら説明
(3)Office 365の概要と今後の展開:杉田・渡辺
  =IDNが導入したマイクロソフトのOffice 365の概要と
    今後の展開について

■「ふれあい広場」について

皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。
TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

東京文化会館でのティー・タイム・コンサート
 上野東照宮の唐門の内側にある龍の彫刻の写真を撮りに行く途中、東京文化会館で開催される《ティー・タイム・コンサート》の案内を見つけた。当日のコンサートは、東京都交響楽団の4名のファゴット奏者たちによるコンサートが予定されていた。唐門では気にしていた光の具合もよく、無事に龍の彫刻の撮影を済ませての帰り道に、東京文化会館のロビーにできていた列の最後尾に並んだ。大ホールのホワイエまで入ったのは久しぶりである。ロビーから入ってホワイエの正面に設えられた舞台の前の椅子を確保してから、係りの方に断って、演奏者が登場する前の会場の写真を撮った。椅子に座って開演を待つ間、東京文化会館のことや、大ホールと小ホールで聴いたコンサートのことを思い出していた。


東京文化会館 西洋美術館より全景を見る


東京文化会館 奥の三角は小ホール


ティー・タイム・コンサート 開演前の風景

 
91ソ連芸術祭スペシャルコンサート
ロストロポーヴィッチ

 
マイスキーとチョン・キョン・ファ

 
岡村喬生と小林道夫

東京文化会館
 東京文化会館は、「首都東京にオペラやバレエもできる本格的な音楽ホールを」という要望に応え、東京都が開都500年事業として建設し、昭和36 (
1961)年4月にオープンした。
 オペラ、バレエ、オーケストラ演奏などの公演を行う大ホールは
2,303席の大きいホール、室内楽やリサイタル等で使用される小ホールの席数は649席。東京文化会館はこのほか、リハーサル室、会議室、音楽資料室を備えている。
 前川國男の設計によこの建物は有名であり、建築学科の学生として、建築雑誌で建築の詳細を学び、上野へ足を運んで実物を見た。

東京文化会館でのコンサートの思い出
 学生時代、東京の生活にも慣れてきたころ音楽に興味を持ち、労音の催しを聴くために東京文化会館に通った。そこでは、チェロの演奏に没入していた若い頃のロストロポーヴィッチやアシュケナージの姿を思い出す。

カラヤンとベルリンフィル

 だが、なんといっても最も印象的なのは、
1966年のカラヤンとベルリンフィルによる演奏会。1965年春に社会人になり、大阪の本社で研修をうけながら最初の一年間を過ごした。朝日フェスティバルホールでの演奏会に通い始めることから、社会人としての《コンサート三昧》が始まった。

 カラヤンとベルリンフィルが来日し、大阪でも演奏会が開催されることを知ったが、研修を終了後の東京勤務を予測して、東京にいた妹にたのんでチケットを確保してもらった。幸い4月より東京勤務になり、東京文化会館でカラヤンとベルリンフィルによるブルックナーの交響曲第8番を聴くことが出来た。

オイストラフ

 ダヴィッド・オイストラフの演奏を聞いたのは
1967年4月16日。キリル・コンドラシン指揮のモスクワ・フィルハーモニーの演奏で、ブラームスの《ヴァイオリン協奏曲》とマーラーの《交響曲第9番》が演奏された。ブラームスのコンチェルトの冒頭、流れる汗を拭いながらヴァイオリンの出を待っていたオイストラフの姿が記憶に残っている。

ゴルバチョフ
 コンサートに行ったら、ゴルバチョフ夫妻が現れたことがある。1991年4月16日の《91ソ連芸術祭 スペシャルコンサート》でのこと。 バルコニー席からにこやかに手を振っていた二人の姿が印象的だったが、この頃はゴルバチョフにとって激動の時期だった。

 ゴルバチョフは、
1986年にペレストロイカを提唱し、ソ連の改革を進める。1989年にベルリンの壁が崩壊、1990年には東ドイツの西ドイツへの統合された時期。この年の3月15日大統領に選出されたが、権力基盤は弱く、エリツィンがロシア共和国の大統領となり、ゴルバチョフの地位を脅かすようになる。1991年にかけての政情不安の中4月に来日している。このコンサートから4カ月後の8月19日に妻と共にクリミア半島の別荘に軟禁される事件を経て、12月25日にソ連大統領を辞任した。 

 この時のコンサートでは、20歳のキーシンがショパンとリストを、諏訪内晶子がラヴェルのバイオリンソナタと、ゴルバチョフ夫妻のために《モスクワの思い出(赤いサラファン)》を演奏した。

東京文化会館の小ホールでのコンサートの思い出
 流 政之が内装を担当した東京文化会館の小ホールは大好きで、ここでのコンサートの思い出も多い。

 ミーシャ・マイスキーが、
1991年6月4日と5日の二晩に分けてバッハの《無伴奏チェロ組曲》の全曲を演奏したときは、2日連続でコンサートに通った。

 岡村喬生の《冬の旅》も何回か聴きに行った。
1985年の《冬の旅》はピアノ伴奏が高橋悠治という異色の組み合わせ、2006年にはイェルク・デームスを相手に事前のトークも行った。この日のコンサートについては、メルマガIDN第95号の編集後記に書いている。

 年末に恒例になっていた小林道夫がチェンバロを弾く、バッハの《ゴールドベルク変奏曲》の演奏会には
1990年、1992年、1996年に行った。小ホールで流 政之が醸し出す空間とチェンバロの音の組み合わせは大変好きである。

ティー・タイム・コンサート
 10分ほど列に並んで12時30分にホワイエに入る。舞台はロビーから入ってホワイエの正面に設えられており、席からは逆光になるが、開放感を醸し出すために光を遮断することはあえてやっていないようだ。広いラウンジの席に座って30分待って、演奏者たちが登場する。演奏者は、岡本正之、長 哲也、向後崇雄、山田知史のファゴット奏者とラテンパーカッションの久一忠之の5名。

 演奏された曲目は、愉快なスケエルツォ(プロコフィエフ)、ファゴットとチェロのためのソナタ(モーツァルト)、ラスト・タンゴ・イン・バイロイト(シッケレ)、タンゴ組曲(ピアソラ)、熊蜂の飛行(リムスキー・コルサコフ)。
 2曲目のモーツァルトの演奏でのファゴットの1本は古楽器であり、復刻したものではなく制作された当時のものとの説明があった。
 4本のファゴットが同時に演奏されるのを聴いたことはなく珍しかった。1時間弱の演奏はあっという間に終わり、アンコールには、パーカッションも入り、ヨハン・シュトラウスの《雷鳴と電光》のにぎやかな中で演奏会が終わった。

エピローグ
 私は聴きに行ったコンサートのチラシやプログラムを保管している。ファイルボックスの中より、東京文化会館で聴いたものを探してみると、上記のほか、小沢征爾と新日本フィルとロストロポーヴィッチによる《誕生60周年記念コンサート(
1987)》、イングリット・ヘブラーのリサイタル(1989)、ヤンーチェック弦楽四重奏団(1992)、チョン・キョン・ファ(1994)のリサイタル、などに行ったことが分かった。
 
1986年にサントリーホールがオープンした後は、東京文化会館に行くことが少なくなっている。改装した後の大ホールの雰囲気を味わってみたいと思いながら、まだ目的を達していない。【生部圭助】

編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇