TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第286号】
 
2014年 3月15日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*********************************************************************************************************
《第286号のご案内》
 お知らせ
  =IDN第14期総会の開催案内
  =アドバイザーフォーラム(ADF2014)の開催案内
 IDNだより
 1.ふれあい充電講演会
  =第127回の案内:NHKスタジオ見学
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第109期の開催案内
  =アドバイザー講座の受講感想:富田 賢一さん(第107期受講生)
 3.IDNパソコンひろば
  =2014年3月の初心者向け講座を実施しています
  =2014年4月の初心者向け講座の案内
  =町会・自治会のためのブログ入門講座のフォローアップ
 パソコン交流会
  =今後の話題提供をお願いします
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =3月例会(第105回)開催の速報
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 7.IDN会員募集のご案内
  =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
  =最新のシニアドさいたまのブログ
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第72回たかお会の案内:「高崎観音山周辺」桜見物ハイキング
10.IDNゴルフ会
  =第19回 IDNゴルフ会の予告
11.ふれあい広場
  =シニアネットフォーラム21 in 東京2014が開催されました
12.編集後記
  =NHK放送文化研究所の日本人の意識調査
*********************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
IDN第14期総会の
開催案内
IDN第14期総会を開催いたします。昨年末時点で正会員の方にご案内しています
平成26年4月13日(日)に変更 13時30分より、四谷ひろば B館3階 PC教室で
アドバイザーフォーラム
(ADF2014)の開催案内
アドバイザーフォーラム(ADF2014)開催の案内をしています
ふれあい充電講演会と共催で、第14期総会の終了後、同じ会場で開催します
ふれあい充電講演会
第126回をアドバイザーフォーラムと共催します
第127回の案内をしています:NHKスタジオ見学
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第108期の講座は休講、第109期の講座を4月5日に開講予定です
富田 賢一さん(第107期受講生)の講座の受講感想を掲載しています
四谷ひろば
 パソコン教室
3月の初心者向け講座を開催しています
4月の初心者向け講座の案内をしています
パソコン交流会 第30回の企画を検討中です
今後の話題提供をお願いします
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
3月13日14時から3月例会(第105回)を開催しました。講師は中澤 一さんでした
テーマは、ブログ作成と画像の紹介
アウトドアクラブ
 《たかお会》
第83回は4月3日(木)に《高﨑観音周辺(桜見物)ハイキング》を開催します
高崎城址公園・観音山山頂・白衣観音・ひびきばしなどをめぐります
アウトドアクラブ
 《IDNゴルフ会》
第18回のIDNゴルフ会を2013年11月7日~8日に大日向カントリー倶楽部で開催しました
第19回のIDNゴルフ会を2014年の5月に開催予定です
ホームページ・
 ブログの紹介
シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
IDNのfacebookページを公開しています
ふれあい広場 シニアネットフォーラム21 in 東京2014が開催されました
IDNでは、当日の運営をを担当、14名の方がお手伝いをしてくれました

****************************************************************************************
お知らせ


■IDN第14期総会の開催案内
 本年は、下記によりIDN第14期総会を開催いたします。昨年末時点で正会員の方にご案内しています。出欠の返事をお願いいたします。総会の終了後に、アドバイザーフォーラム(ADF2014)開催をいたします。
・日 時:平成26年4月13日(日)に変更 13時30分より
・会 場:四谷ひろば B館3階 パソコン教室

■アドバイザーフォーラム(ADF2014)の開催予告

 本年も下記によりアドバイザーフォーラム(ADF2014)を下記により開催をいたしますのでご予定ください。後日、参加申し込みの案内をいたします。

【開催概要】
・共催:ADF2014&ふれあい充電講演会
・日 時:平成26年4月13日(日)に変更  14:30-15:00(第14期総会終了後)
・会 場:四谷ひろば B館3階 パソコン教室
・テーマ:
(1)(仮)シニアとICTのベストミックス
  =ウェアラブルコンピュータをとりまく最近のICT動向
  =高齢者クラウド
  講師:講師:檜山 敦氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 特任講師)
(2)アドバイザーの活動実態アンケート調査の報告:生部
(3)Office 365の概要と今後の展開:杉田・渡辺
  =IDNが導入したマイクロソフトのOffice 365の概要と今後の展開

TOPへ

**********************************************************************************************
ふれあい充電講演会

■第127回の案内:NHKスタジオ見学
 NHK関係者のご厚意で、スタジオ見学が急遽実現することになりました。絶好の機会ですので、皆様のご参加をお待ちしています。
スタジオ運営管理の関係で参加人員の制限、通常より早い締め切となりますがご容赦ください。
【開催概要】
・開催日時:4月23日(水) 15:45~17:00 (終了後、懇親会)
・場所:NHK放送センター正面玄関集合
・会費:
会員500円 (ビジター1,000円) 懇親会費:3,000円程度
・申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
・締切り:3月30日(日)
*但し、締切り前でも先着18名で締切りとさせていただきます。
コーディネーター:羽澄 勝
緊急連絡:
080-5385-4412(羽澄携帯へ)

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座


シニア情報生活アドバイザーのチラシ(部分)
■第109期のシニア情報生活アドバイザー講座のご案内
第109期の講座を開催します。
・開催時期:2014年4月5日~5月3日 毎週土曜日
・会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細及び受講申し込みは下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■アドバイザー講座の受講感想:
  富田 賢一さん(第107期受講生)
 3年前に知人が認定を受けまして、その時に私も受講するよう彼から勧められましたが、仕事の関係で本年受講するに至りました。知人には合格するまでは受講している事は、伏せておりました。
 受講前は、17年のパソコン経験から「受講すれば合格するだろう」位の気持ちでおりましたが、いざ受講が始まりましたら新たに知る事が多く有り、如何に17年間、自己流で過ごしてきたかを思い知らされました。
 わたくし事ですが、並行して引越の準備をしていましたので毎週、宿題をこなすのに手いっぱいで予習・復習は全くできない状態であったため途中から合格に不安感を持つようになりました。そのような中、毎回の講義で先生方の温かい叱咤激励が有り、大変救われていました。
 試験日が雪で中止になった時は一瞬、頭の中が真っ白になりましたが再度講義内容とプレゼンを一から目を通し、気持ちを立て直して試験に挑みました。大変ハードな五週間でしたが、先生方のお力添えで合格できました事を心より感謝申し上げます。

■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは

 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに97回(第107期まで)の講座を開催し、350名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。
TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2014年3月の初心者向け講座を実施しています
入門コース
・入門2:
 インターネットと電子メール:火曜日午後(4、11、18、25日)

3月の四谷教室の講座


基礎コース

・基礎1:
 ワード入門:水曜日午前(5、12、19、26日
・基礎2:
 ワードで楽しもう
(1):火曜午前(4、11、18、25日
・基礎3:
 パソコンで写真を楽しもう:月曜日午後(3、10、17、24日

・基礎4:
 ブログ入門:水曜日午後(5、12、19、26日

・基礎5:
 ブログ入門
:金曜午前(7、14、21、28日)

・基礎6:
 インターネットの活用(2):月曜日午前(3、10、17、24日

特別コース
S2:カメラ実習(撮影会 皇居東御苑:30日(日)午前
S3:ワード実用4:月曜午後2(3、17日)
S4:パソコンで水彩画:日曜午後(23日)

補習:
文字入力、インターネットの使い方など:お休み
何でも相談:日曜日午後(9日)


2014年
3月の講座の詳細はこちらでご覧ください


■2014年4月の初心者向け講座の案内
入門コース
入門1:はじめてのパソコン:金曜日午後(4、11、18、25日)
入門3:インターネットの利用:火曜日午後(1、8、15、22日)


基礎コース
・基礎1:ワードで楽しもう(1):水曜午前(2、9、16、23日
・基礎2:パソコンで写真を楽しもう:火曜日午前(1、8、15、22日
・基礎3:エクセル入門:月曜午後(7、14、21、28日)
・基礎4:ワードで楽しもう(2):水曜午後(2、9、16、23日)
・基礎5:ワードで楽しもう(2):金曜午前(4、11、18、25日
・基礎6:ワードで楽しもう(3):月曜日午前(7、14、21、28日

特別コース
S2:カメラ実習(撮影会 新宿東御苑):20日(日)午前
S3:エクセル基本:月曜午後2(7、21日)
S4:パソコンで水彩画:日曜午後(27日)

補習
文字入力、インターネットの使い方など:お休み


パソコン相談
・なんでも相談:火曜午後2(22日)

■町会・自治会のためのブログ入門講座:フォローアップ講座の実施

 昨年に引き続き、IDNが新宿区より受託して町会・自治会のためのブログ入門講座を実施し、
2013年11月よりフォローアップ講座を行っています。本講座は町会・自治会のコミュニケーションやコミュニティのの向上のために新宿区が企画されたものです。町会・自治会のブログを作る意思のある方、日常的にパソコンをお使いの方を対象にしています。
開催日(終了)
 10月8日、15日、22日、29日
 毎週火曜日 午前10:00~12:00
フォローアップ講座の実施と予定
 2013年11月26日(済)、12月24日(済)、
 2014
 1月28日(済)、 2月25日(済)、3月25日(最終回)

2014年4月の講座の詳細はこちらでご覧ください

■パソコン交流会
今後の話題提供をお願いします
 パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。皆様からの話題提供のお話をお待ちしています。また、さしあたり提供する話題のない方はこんな話が聞きたい、こんなことが知りたい、など、適宜ご連絡頂きたく、よろしくお願いします。

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。IDN-MMSに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。
IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之】
idn-mms02@outlook.jp

これまでの活動内容はこちらをご覧ください
パソコン交流会の
Webページはこちらをご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

■3月例会(第105回)開催の速報
・日 時:平成25年3月13日 14時から
・場 所:千葉市生涯学習センター B1
・講 師:中澤 一 さん
・テーマ:ブログ作成と画像の紹介
2005年(平成17年)1月に 投稿開始、今年で10年目になる。原則毎日投稿、毎日更新し継続。作成の手順を少し紹介し、画像の一部をWindows Liveムービーで紹介。

その他の協議事項
・新年度役員の選任
・その他

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログ(新しいサイト)をご覧ください。
今まで使用していたシニアドさいたまのブログのプロバイダー(Goo)が4月から有料になるとのことで、無料のLivedoorBlogに乗り換えました。
http://blog.livedoor.jp/kc_21-seniad_s/
ブログの内容については《会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介》をご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958
TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■シニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました
 懸案としていたシニア情報生活アドバイザーのページをリニューアルしました。IDNのホームページとイメージを似通ったものとし、関連性を感じられるように配慮しました。Windows8のトップページのモダンUI(タイル)のイメージに似ていますが、IDNTOPページではずっと以前から先取りしていました。編集後記にリニューアルの趣旨などを書いています。

■IDNの《
facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

IDNのfacebookページへのアクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。

 《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください
http://www.facebook.com/npoidn


IDNのfacebookページのTOP


■最新のシニアドさいたまのブログ(新しいサイト)
 《シニアドさいたま》は、IDN(自立化支援ネットワーク)及びICCH(シニアサロン川越)で《シニア情報生活アドバイザー》の資格を取得した方々のブログです。
 このブログには、会員がそれぞれの居住地や所属する団体に於いて、地域のため、所属団体の目的のために、多岐にわたり資格を生かした活動を展開しており、会員が関わっている諸活動のホームページをここに紹介しています。現在会員は33名です。

 これらの活動に参加したり、パソコンの講習を受講したい方は、各ホームページにアクセスし問い合わせください。また、会員個人が開設しているホームページやブログも閲覧できます。
 今まで使用していたシニアドさいたまのブログのプロバイダー(Goo)が12014年4月から有料になるとのことで、無料のLivedoorBlogに乗り換えました。
http://blog.livedoor.jp/kc_21-seniad_s/
【世話役:東川征夫さん】

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます
TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第72回たかお会の案内:「高崎観音山周辺」桜見物ハイキング
 高崎観音山はJR高崎駅から4Km弱のところに位置し、標高190mの山頂に41.8mの観音像があります。山頂からは赤城山、榛名山などが眺望でき、四季折々自然が楽しめます。
 第72回の高崎自然歩道ハイキング時に紅葉を満喫したところですが、今回は季節を変え、春の桜見物ハイキングを企画いたしました。

・実施月日:2014年4月3日(木)
・集合場所:高崎線 高崎駅改札口集合
・集合時間:10時30分
・コースの概要(往復10km程度のコースを散策致します)
 高崎駅→高崎城址公園→高崎市市庁舎展望台→観音山山頂→白衣観音→ひびきばし→染色公園→高崎公園→高崎駅
・参加費:1,000円 当日総務幹事に納入してください
・申し込み締切日:3月23日(日)
 下記アドレスへお申し込みください。(幹事のアドレスです)
    takaokai@freeml.com
*初参加の方は、傷害保険契約がありますので、住所・氏名・生年月日・電話番号を上記アドレスへ連絡ください。
*交通費・食事代・懇親会費は個人負担です。
・帰り:高崎駅16時30分頃の予定
・懇親会:高崎駅で有志によるを予定しています
 

ひびき橋と高崎白衣観音
白衣大観音と染料植物園を結ぶつり橋「ひびき橋」は、観音山に点在する施設を結ぶ新しい名所となっています
長さ120m、幅員2m、谷からの高さは28.5mあります

桜を待つ高崎白衣観音
【緊急連絡先】
 企画幹事  畑 090-8008-1240
 総務幹事  武田 090-5579-4516  東川 090-6343-0950


たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第19回 IDNゴルフ会の予告
第18回のIDNゴルフ会を2013年11月7日(木)~8日(金)に大日向カントリー倶楽部で開催しました。
第19回のIDNゴルフ会を2014年の春に開催予定です

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場
■シニアネットフォーラム21 in 東京2014が開催されました

シニアネットフォーラム21 in 東京2014  開催風景

 シニアネットフォーラム21 in 東京2014が開催されました。IDNでは、当日の運営をを担当することになり、14名の方がお手伝いをしてくださいました。

【開催概要】
・テーマ:スマートシニアを目指して
・日 時:平成26年3月12日(水)10:00-16:20
・会 場:中央区日本橋室町3-2-8
     三信室町ビル 日本橋サンスカイルーム

■「ふれあい広場」について

皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。
TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

NHK放送文化研究所の日本人の意識調査
 NHK放送文化研究所(文研)は、昭和21年に設立された。文研は、本格的なデジタル時代を迎えても、「豊かな放送文化を創造する」という公共放送の役割は変わらない、この目的の実現に向けて必要な調査研究を行うことを、主な役割としている。
 文研からは毎年春に開催される《研究発表とシンポジウム》開催の案内がメールで来るので、研究発表やシンポジウムに参加しており、今年も《
2014年春の研究発表とシンポジウム》のプログラム中の《日本人の意識 40年の軌跡》を聞いた。


2014年春の研究発表とシンポジウム
【当日、会場のスクリーンを撮影した】


家庭と女性の職業の両立
1973年は22%  2013年は56%



生活満足感
「人間関係」以外の満足感が上昇している



40年で大きく変化(増加)した項目


意識変化の要因分析の結果
(影響の大きさを文字の大きさと太字で示している)

【ここに紹介したものは当日の配布資料より作成した】

日本人の意識調査
 日本人の意識調査は1973年の第1回調査から5年ごとに調査が行われ、数えて今回が9回目となる。調査は、毎回同じ質問、同じ方法で世論調査を重ねることによって、日本人の生活目標、家庭や男女のありかた、仕事や余暇、政治、宗教などにつて、日本人の基本的なものの考え方や価値観が長期的にどのように変化するのかを追跡することを目的としている。
 今回は、過去の調査結果に9回目の調査結果を加味し、40年間におよぶ日本人の意識の変化および不変をとらえ、調査の着目点について報告があった。 

2013年の調査

 
2013年に実施された《日本人の意識調査》の概要は下記の通りである。
・調査対象:全国の16歳以上の国民 
5,400
・調査方法:個人面接法
・調査実施日:2013年10月19、20日
・有効数:
3,070人(有効率 56.9%)

2013年の調査 結果のポイント
 2013年の調査では「震災の影響」について着目されたようであるが、「全体的な傾向に大きな変化はない」と結論付けている。

 ポイントの2番目としての「ナショナリズム」については、日本に対する自信が回復、天皇に対する《尊敬》が増加した、としている。
 日本人は、「他の国民に比べて、きわめてすぐれた素質を持っている」について、
1983年の71%をピークに下降し、1998年と2003年に51%を記録したがその後上昇し、2013年に68%まで回復した。

 3番目の「生活意識」については、生活満足度が上昇、家庭と女性の職業《両立》が初めて過半数に達した。

 家庭と女性の職業の両立については、1973年に20%だったものが、回を重ねるごとに増加し、2013年に初めて過半数を超えて56%となり、「結婚したら、家庭を守ることに専念したほうがよい」と考える人を上回った。

 「生活満足感」については、全体として高いレベルを保っているが、「人間関係」以外の満足感が上昇している。「生活全体(91%)」でもこの5年間での上昇がみられるが、「衣食住(79%)」、「地域の環境(87%)」での上昇が顕著である。

 「結婚観」の「する必要はない」について、93年からのデータ(51%)が示されているが、2013年には63%に上昇し、「結婚するのが当然」を大きく上回っている」ている。

40年で大きく変化(増加)した項目
 40年で大きく変化(増加)した項目としては、夫の家事の手伝い、家庭と女性の職業、女子の教育、地域の環境、婚前交渉について、理想の家庭、政治課題、衣食住の8つの項目を挙げている。(図を参照)
 「夫の家事の手伝い」については、98年の調査で80%を越し、13年の調査で89%に上昇した。

 「政治課題」については、「経済の発展」が40年で大きく増加(11%→37%)しているが、
1998年と03年には48%と高い値だったことがあり、前回の2008年には25%、2013年に37%と、経年として見ると増減の変化が著しい。
 一方「政治課題」についての「福祉の向上」を見てみると、
1973年の49%から経年としては増減があるが、2008年には28%に大幅に減少している。今回の報告では、2013年の調査結果の数字は紹介されなかった。

40年を通した変化の特徴
 40年を通した変化の特徴としては、下記の4点が報告された。
 ・伝統的な価値観から、「脱・伝統」の方向へ
 ・家族・男女関係の領域で大きな変化
 ・増加した項目、減少した項目とも、同じ方向に変化し続けているものが多い
 ・変わっていない意識もある(年上には敬語、仕事の相手は能力より人柄、など)

意識変化の要因
 2013年の調査結果に基づく結果の分析で特徴的なのは、意識変化の要因分析を行っていることであろう。意識変化の要因として3つの要因を取り上げ《コウホート分析》を試みている。

 コウホート分析とは、同一の調査項目を継続的に調査し、蓄積した時系列データから、その変化の要因を「時代による変化(時代効果)」、「加齢による変化(加齢効果)」、「世代の違いによる変化(世代効果)」の3つの要因に分解して、その結果を読み取っていく方法。(定義についてはビデオリサーチ社のHPより)

 40年で大きく変化(増加)した8つの質問項目に対して分析した結果を図でご覧いただきたい。時代と世代を合わせた効果が大きい項目、時代や世代が独立して影響を及ぼしている項目があり、年齢の影響は少ないという結果を示している。

エピローグ
 
2013年の調査結果のレポートは4月に発表されるとのことであるが、下記で1973年から前回の2008年の調査の全項目(55問)の単純集計結果を見ることが出来る。
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/090213.pdf

 第15問に「老後の生き方」という調査結果より、この35年間の変化を見てみよう。子供や孫といっしょに、なごやかに暮らす(38→28%)、自分の趣味を持ち、のんびりと余生を送る(20→29%)、できるだけ、自分の仕事を持ち続ける(20→12%)という調査結果が示されている。

 自分の仕事を持ち続けることについては、最近、老年学の先生たちがおっしゃっていることと異なっている。この5年間におけるシニアの就業意識は変わっていることが想像できるので、2013年の調査結果が発表されたら、注意深く見てみたい。

 
文研が1960年から5年ごとに実施している『国民生活時間調査』は、人びとの1日の生活を時間の面からとらえ、生活実態に沿った放送を行うために役立てるために行っている。この調査は、睡眠や仕事、テレビなど28に分類した行動と在宅状況について、2日間にわたって、15分単位で記入してもらうものである。文研では放送のために実施しているものであるが、国民の生活の実態を知る上で貴重な情報を提供してくれるものとして注目している。【生部圭助】

編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇