TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第271号】
 
2013年 8月 1日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*********************************************************************************************************
《第271号のご案内》
 IDNの活動報告
 1.ふれあい充電講演会
  =第121回の案内:見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(PARTⅡ
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第104期の開催案内
  =アドバイザー講座の受講感想:川崎京子さん(第102期受講生)
 3.IDNパソコンひろば
  =8月は一般の講座はお休みです
   
8月27日にシニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =7月例会(第98回)開催の報告
  =NTT東日本のタブレット講座を担当しています
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 7.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
  =最新のシニアドさいたまのブログ
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第77回活動の報告:小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
  =第78回活動の案内:弘法山ハイキング
10.IDNゴルフ会
  =第18回 IDNゴルフ会の案内
11.ふれあい広場
12.編集後記
  =テレビ60年 未来へつなぐ
**************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
ふれあい充電講演会
第121回は8月22日(木)に開催します。講師は井出昭一さんです
テーマは《見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(
PARTⅡ》です
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第103期の講座は受講希望者がなく、開催を中止しました
9月7日(土)に第104期の講座を開講します
四谷ひろば
 パソコン教室
8月のシニア向けの一般の講座はお休みです
27日にシニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します
パソコン交流会 6月30日には、Googleの方を講師に迎えて講座を開催しました
次回の開催を計画中です
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
7月11日に開催した例会(第98回)の報告をしています
NTT東日本の「指タッチでインターネット」講座を7月には3回担当しました
埼玉アドバイザー
 《シニアドさいたま》
登録メンバーが33名になりました。昨年の秋に3年ぶりの会員交流会の開催。参加者の近況を報告し合いました。最近の動きをブログで紹介しています
アウトドアクラブ
 《たかお会》
第77回活動の報告をしています:小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
第78回活動の案内をしています:弘法山ハイキング(2013年9月26日)
アウトドアクラブ
 《IDNゴルフ会》
第18回コンペは、秋に1泊2プレイを計画しています。
参加者が多い日に実施するために、参加可能な日程についてお聞きしています
ホームページ・
 ブログの紹介
IDNのfacebookページ》を公開しています
四谷ひろばパソコン教室のホームページアドレスを変更しました
ふれあい広場 自薦、他薦の投稿をお待ちしています

TOPへ

********************************************************************************************
報告


TOPへ
*******************************************************************************************************
ふれあい充電講演会

■第121回のふれあい充電講演会の案内:
  ~見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(PARTⅡ) ~
 お待たせしました!講師井出氏の体調は回復しました。昨年12月に企画しました《ぐい呑みの魅力 PARTⅡ》を皆様の御要望にお応えし、場所は同じ清澄庭園《涼亭》で趣向を変えて再現していただきます。
 7年前に参加された方は懐かしいぐい呑みに再会できるでしょう。初めての方は《やきもの天国》日本各地の窯で焼かれた様々なぐい呑みに出会えます。ただ見るだけではなく、好みの器を手にして銘酒を味わってください。
 当日は、講師の方で参加者に行きわたる数の試飲用ぐい呑みのほか、抽選で当たるぐい呑みも数個用意されているとのことです。皆様の秘蔵・愛飲の銘酒の持ち込みも、親しい友人(ビジター)同伴も大歓迎です。気の合う仲間と気に入ったぐい呑みでの一杯は今年の猛暑も退散することでしょう。

酒仙歌人若山牧水は静かに独酌を楽しみました。しかし、仲間と酌み交わすのも楽しいものです。

【開催概要】
・開催日時:2013年8月22日(木) 17:30-19:30
・講師:井出昭一氏
・場所:清澄庭園《涼亭》
・集合:清澄庭園入口 17:15
・会費・酒肴代:会員3,000円  (IDN会員以外 3,500円)  
・申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
(会員以外の参加者もフルネームをご連絡ください)
・締めきり:8月15日(木)

庭園の散策をされたい方
庭園の散策をされたい方は 16:30までに入場し散策の後、集合時間に集合場所にお集まりください。
東京都立清住庭園
詳細:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
江東区清澄3-3-9 TEL 3641-5892 地下鉄大江戸線・半蔵門線「清澄白河」下車

今回の当日コーディネーター:羽澄 勝  緊急連絡:080-5385-4412(羽澄携帯へ)



井出氏秘蔵の黄瀬戸、織部、志野

7年前同じ涼亭でのぐい吞みの会

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座



■第104期のシニア情報生活アドバイザー講座のご案内
第104期の講座を開催します。
・開催時期:2013年9月7日(土)~10月5日(土) 毎週土曜日
会場:四谷ひろば
会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
 詳細は下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■アドバイザー講座の受講感想:川崎京子さん(第102期受講生)
 会社を辞める時、同僚、上司等に受講することは吹聴しておりました。家の中が好きで、ごろごろするのが好きな自分のために、外にでる機会をつくるようにするためにです。そして後戻りできないように。

 しかし、3週目過ぎたあたりで、とんでもないことに首を突っ込んでしまったと思いました。何気なく数秒で操作していたことを文章にしなければならない大変さは大きなストレスでした。そして、プレゼンの時は、タイマーとの戦いでした。どうしても最短13分を目標にしましたが5、6分で終わってしまうのです。逃げられないかと本気で思った時もありましたが、同僚や上司にみっともないことはできません。
 そんなある日、60歳過ぎてから30分の説明で、会社からパソコンを渡された元同僚からの一言でした。「私たちに教えるようにやればいいんじゃないの。分かりやすくて助かっているよ」と言われました。そうか、今まで教えていたとおりにゆっくり「電源入れてくれる~。スタートのボタンをクリックして~」とこんな感じでやればいいのかと。一気に13分位にまとめることができたのです。
 実技は、前日まで何度も練習したやり方ではありませんでしたが、なんとか講師の方々のご協力のおかげで合格することができました。ありがとうございました。

■シニア情報生活アドバイザー養成講座とは

 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに93回(第102期まで)の講座を開催し、345名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

2013年8月の初心者向け講座

四谷ひろばのパソコン教室 講座実施状況

今後の講座の詳細はこちらでご覧ください
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用して より楽しく生き生きとした生活を送るお手伝いをします。シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ三十数名の講師、アシスタントが シニアや地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。

8月は一般の講座はお休みです


シニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します

・開催日:8月27日(火曜日)  午前
これからパソコンをやってみようかと思っている方、どんなところなのかという見学を兼ねていらっしゃいませんか?
パソコンはもらったんだけど使い方がわからない!
パソコンは買ったんだけどどうしたらいいかわからない!
といった方からこれからパソコンを買おうと思うんだけど何を買ったらいいんだろうか?という方、さらに今、話題のタブレットってどうなの?という方々のご参加をお待ちしています。
また、お友達にそのような方がいらっしゃる方、是非ご紹介ください。
教室では初心者やシニアの方々に最適なタッチパネルの最新パソコンやiPad、Windows8のタブレットなどをご用意して皆様をお待ちしています。

■パソコン交流会
前回は、2013年6月30日(日曜日)に第25回パソコン交流会《グーグルが提供するサービスや技術》を開催しました。
現在、次回を計画中です。

パソコン交流会:連絡方法に関するお知らせ
 パソコン交流会では、IDN-MMS実施に伴い、会員向けの情報発信をこれまでの「Yahoo!グループ」から本システムに変更しています。これまでにご連絡を頂いた方を本システムに登録し、12月30日にメールを発信しています。(Yahoo!グループを利用したご連絡は終了しました)
・会員にも関わらず連絡が着信していない方、新たに交流会登録希望の方はご連絡ください。
・連絡先:IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之 idn-mms02@npo-idn.com

今後の話題提供をお願いします
 パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたいこんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。IDN-MMSに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ。
IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之】
idn-mms02@npo-idn.com

これまでの活動内容はこちらよりご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

7月例会(第98回)開催の報告
・日時:平成25 年7 月11日(木)14時から16 時
・場所:高齢協 佐倉センター2 階
・出席者:計8名

課題報告 テーマ1: 「狂言と私」 西浦 利清さん
 講師が昨年末に、杉並能楽堂で狂言「因幡堂」の主役であるシテを演じられた様子をDVDで紹介された。アドのプロを相手に堂々たる演技であった。
 日頃、狂言にはあまりなじみのない会員一同であるが、講師の事前解説もあって非常に解りやすく鑑賞出来た。人間の滑稽さと悲哀に満ちたストーリーを限られた空間で単純とも思える動作の中で表現している狂言の素晴さと共に、この歴史で洗練され続けた芸術を伝承し演じることに挑戦された講師の高尚な趣味に聴講者一同は感心した。海外での仕事が多かった
講師の日本回帰志向もあったのであろうか。C-PAK 会員は多士済々である。

課題報告 テーマ2:「PC を巡る最新情報の解説」 山室 輝弘さん
 今月は、6 月末に発表された「Windows8.1 Preview」の内容についてである。スタートボタンの設置、「デスクトップ」画面で起動、「デスクトップ」からシャットダウン等Windows7 の操作性を取り入れている。その他、タイルの大きさが4種類に自由に選択できる、「PC 設定」の項目が変更、詳細化等なされている等々である。Windows8 を持つ人には今秋に無料配布されることになっている。

その他の協議事項 等
(1)千葉市民自主企画講座の「パソコン講座」
  本年も千葉生涯学習センターで第1回(SPK9-1)8・9月に開催するがその講師陣を決定した。
(2)千葉市幼稚園協会のパソコン夏季講座
  協会傘下会員職員の講座が8月21・22・23 日にQiball で開催され、Excel を中心に講義が行われるが、その講師陣を決定した。
(3)NTTタブレット講座について
  今後の開催予定の紹介と協力依頼があった。
  又、このプロジェクトの今後の運営に関する内部規定が提案され9 月例会で決定することとした。

■NTT東日本のタブレット講座を担当しています
 社会の各方面が発する情報から孤立しがちな高齢者に向けて、NTT東日本ではタブレットの普及活動のために講座を実施している。この講座について、NTT東日本(本社)営業推進部がニューメディア開発協会に委託。同協会は、千葉地区については、IDNに委託したいとの要請があった。IDNはこの要請を受け、C-PAK(IDNの千葉グループ)が担当している。
 使用タブレット端末は Kindle fire、Kindle fire HD及びKindle fire HD 8.9である。

【講座の開催実績と予定 いずれも2013年】
・5月29日・30日:NTT東日本の光HOUSE 千葉(千葉市)
・6月 6日:小金原団地第1集会所(松戸市)
・6月22日:マザアスコート南柏駅前(柏市)
・7月11日:NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)
・7月17日:小金原団地第1集会所(松戸市)
・7月30日:NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)

・8月 7日(予定):NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)


7月11日 NTT東日本の光HOUSE 千葉での開催風景

講師の津田 啓さん

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama
ブログの内容については《会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介》をご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958

TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■IDNの《facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

アクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。
 そして《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください。
http://www.facebook.com/npoidn



IDNのfacebookページのTOP

■最新のシニアドさいたまのブログ(再掲)

 《シニアドさいたま》は、IDN(自立化支援ネットワーク)及びICCH(シニアサロン川越)で《シニア情報生活アドバイザー》の資格を取得した方々のブログです。
 このブログには、会員がそれぞれの居住地や所属する団体に於いて、地域のため、所属団体の目的のために、多岐にわたり資格を生かした活動を展開しており、会員が関わっている諸活動のホームページをここに紹介しています。現在会員は33名です。

 これらの活動に参加したり、パソコンの講習を受講したい方は、各ホームページにアクセスし問い合わせください。また、会員個人が開設しているホームページやブログも閲覧できます。
【世話役:東川征夫さん】

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第77回活動の報告:小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
 やや心配だった天気も満天の星が見えなかったほかはほとんど晴となり、温泉・余裕のあるスケジュールで2山の登山と高山の花を楽しむことが出来ました。
・実施日:2013年7月26日(金)~27日(土)
・コース(1日目):小諸懐古園⇒(ホテルハバス・参加者車)⇒高峰高原ホテル⇒高峰高原・高峰山登山⇒同ホテル(泊)
・コース(2日目):同ホテル⇒高峰温泉(水ノ塔山登山口)⇒水ノ塔山頂⇒高峰温泉(登山口)⇒ホテル 入浴後解散
・歩行距離 所要時間:1日目 歩行距離4km、所要時間2:00 2日目歩行距離6km、所要時間 5:00(昼食含む)
・参加者:13名

1日目
・小諸駅10:30集合、晴、駅南側の小諸懐古園に入園、自由行動で園内の「藤村記念館」、「小山敬三美術館」、「酔月橋」、「懐古神社」、「本丸跡」、「徴古館」などを見学・散策
・12:00 懐古園を後に「三の門」脇の老舗そば店「草笛」で独特の風味とボリュームたっぷりの昼食
・ホテル送迎車と参加者の畑さんの車に分乗し、標高2,000mの高峰高原ホテルへ
・14:30 高峰山(2,091m)山頂をめざし出発、最初のちょっときつい登りを経て後は緩やかな熊笹道を「ニッコウキスゲ」、「クルマユリ」、「マルバタケフキ」など高山の花々を楽しみながら山頂へ。山頂近くの巨岩・山頂の岩場と祠を拝み、下山開始。入道雲も出てきたので雷を避け、登りの尾根道を離れて高峰温泉方面へ下る。登り下りとも1時間
・16:30 ホテル帰着、休憩・温泉入浴
・18:00 ホテルの洋夕食、ビール・ワイン・日本酒・焼酎をそれぞれ少々?
・夕食後は参加者差し入れの日本酒などをみんなで楽しみ懇談、残念ながら曇天のため「満天の星」は望めず、9:30就寝

2日目
・朝風呂でニッコウキスゲやコマクサを眺め、7:30 和朝食で2日目がスタート
・晴、水ノ塔山(2,202m)へ 8:30にホテル発、少し下った高峰温泉の登山口まではホテル車
・緩やかな登り、前日の花々のほか「アキノキリンソウ」、「マツムシソウ」、「ノアザミ」、「ヤナギラン」なども楽しみながら、山頂を目指す
・スタートからおよそ1時間半で左が急斜面、小岩の積み重なった登山道に変る
・頂上下30分は鎖はないが、かなりの急な岩登りを凌ぎ、山頂に11時到着
・山頂で十分な休憩の後元の道を引き返す、ストックを手袋に替え、急な岩場を後ろ向きになったりしながら下りはじめ、トラブルなく難所を通過、
・正午に昼食休憩し、1:30全員無事に「水ノ塔山」登山を終え、登山口に帰着
・ホテルの迎車の好意を受け、帰着後にホテルの温泉で汗を流す
・2:30 ホテルロビーに再集合、いっとき懇談の後解散。
・新宿までの高速バス組8人はバスの時間待ち、電車5人は畑氏の車で小諸駅へ、再解散。

【担当幹事:東川征夫・武田康男  レポート:武田康男】


水ノ塔山(2202m)山頂で記念写真

クルマユリ
 高峰山(2091m)山頂をめざす途中の熊笹道で

■第78回活動の案内:弘法山ハイキング
 小田急線秦野駅から権現山(244m)、弘法山(235m)を経て鶴巻温泉駅へ出る距離7Km、歩行時間約3時間の初心者向きコースです。この時期は残暑でもあり、尾根道歩きのゆったりとした楽なコースです。権現山の頂上では360度の展望で富士山や江ノ島も見えます。弘法山からは静かな森林歩きを楽しめます。そして終点では、鶴巻温泉「弘法の里湯」日帰り温泉で汗を流して冷たいものを楽しみます。

【開催概要】
・実施期日:2013年9月26日(木曜日 雨天の場合は中止します。
・集合場所:小田急線 秦野駅改札口
・集合時間:午前10:30
 *参考:小田急線・新宿駅発 9:11→秦野駅着10:24(小田原行き急行)があります
・コースの概要:
小田急線 秦野駅→弘法山公園入口(25分1.3Km)→浅間山(20分0.7Km、標高185m)→権現山(15分0.5Km)→弘法山(20分、昼食)→吾妻山(60分2.5Km)→弘法の里湯(25分1.5Km)→鶴巻温泉駅
・持参するもの:雨具、飲料水、常備薬、保険証(写)、敷物、ストック(持っている人)、着替え、入浴セット、食糧(昼食・飲料・嗜好品)
・服装:トレッキングスタイル・履きなれた靴・帽子・タオル・扇子他
・参加申込先:idn-takaokai-owner@yahoogroups.jp
・参加申込締切日:9月15日(日)
・参加費:1,000円/人 
・その他 「弘法の里湯」入浴料(¥800/2時間)と、その後の反省会費用は上記とは別料金です。(自由参加)
・緊急連絡先:下記の幹事携帯電話へ
 企画幹事 松本 090-8313-6267
 総務幹事 東川 090-6343-0950 武田 090-5579-4516
  

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm

TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第18回 IDNゴルフ会の案内:
第18回コンペは、秋に1泊2プレイを計画したいと思います。
つきましては、参加可能な日程についてお聞きし、参加者が多い日に実施いたします。
なお、交通手段はJR⇔クラブバスを考えていますが、人数によりクラブバスの時間をこちらの都合に合わせてもらえる可能性もあります。

・開催場所(候補)
 栃木県の①大日向GC ②新・ユーアイゴGC
・概算費用:16千円+α 交通費(JR) 約4.4千円) 除く会費
・日程:10/9~11/8

※下記要領で《ちょう助》に参加可能日を、すべて登録してください。
スケジュール調整表《ちょう助》への書き込み方
 1step 次のURLを開く。
      [PCから] http://chosuke.rumix.jp/main.aspx?g=c6e026e5fec6a2aed
      [携帯電話から] http://chosuke.rumix.jp/x/main.aspx?g=c6e026e5fec6a2aed
 2step 「新規登録」 ボタンをクリック
 3step 画面が開くと
      ニックネームに 名前「姓」を
      パスワードは適宜の半角文字を
      日付欄は前後二日続けて都合の良い日に〇を 、それ以外は×を
 4step 最後に「この内容で登録」をクリック

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。

TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

■テレビ60年 未来へつなぐ

シンポジウムのパンフレット


千代田放送会館前の看板


 毎年春に《NHK放送文化研究所 研究発表とシンポジウム》が開催されている。今年(2013年)も、千代田放送会館で3月に《テレビ60年 未来へつなぐ》という命題で開催された。
 3日間にわたる開催の中で、3日目の研究発表《テレビ60年を迎えた視聴者の現在~広がる“カスタマイズ”視聴と“つながり”視聴~》とシンポジウム《ソーシャルパワーがテレビを変える》を聴講した。

テレビ60年を迎えた視聴者の現在
  ~広がる“カスタマイズ”視聴と“つながり”視聴~
 NHK放送文化研究所では、1982年の「テレビ30年調査」から10年ごとに全国世論調査を実施している。
 2012年の「テレビ60年調査」では、時系列でテレビ視聴の長期変化をとらえること、この10年で大きく変化したメディア環境がテレビ視聴にどう影響しているかを目的に調査を行った。

 リアルタイム視聴の《量》としては、1970年代前半まで順調に伸び、1985年前後に減少が見られたが、2000年以降は多少の増減はあるものの、2012年の調査では3時間40分と長時間で安定しているという調査結果となっている。

 2012年の調査では、《カスタマイズ視聴》と《つながり視聴》という2つの視聴スタイルに焦点を当て、現代の視聴者の姿を明らかにしようとした。
 《カスタマイズ視聴》とは、テレビ局の編成にとらわれず、自分の好きな時に録画した番組を見たり、インターネットでテレビ番組の動画を見たりする様な視聴スタイル。

 《つながり視聴》とは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でテレビに関する情報や感想を読み書きしたり、家族間のコミュニケーションを楽しむツールとしてテレビを利用するなど、人とのつながりを大切にするような視聴スタイル。

 調査の具体的な内容については省略するが、現代のテレビ視聴は、「二つの視聴スタイルを両立させ、自由自在にテレビを楽しむ《自分流》視聴」と結論づけている。

シンポジウム:ソーシャルパワーがテレビを変える
 シンポジウムは、前述の《つながり視聴》の「SNSでテレビに関する情報や感想を読み書き」の範疇に位置づけられる。

 本シンポジウムでは、SNSの普及などで個人が情報を発信・共有・拡散することをソーシャルパワーと名付け、それがテレビメディアやテレビ局にどんな影響をもたらすのかについて議論された。

 本シンポジウムには、パネリストとして、桑原 知久氏(NHK編成局 編成主幹)、若井 真介氏(日本テレビ編成局メディアデザインセンター長)、杉本 誠司氏(株式会社ニワンゴ 代表取締役社長)、鈴木 謙介氏(関西学院大学 准教授)が登場し、司会を塩田 幸司氏(NHK放送文化研究所 部長)が務めた。

 テレビ局のパネリストからは、リアルタイムでテレビを視聴してもらうためSNS活用に積極的に取り組んでいる事例として、NHKのNEWS WEB(夜11時半)、日本テレビとNHKとがテレビ60年の特集番組のために開発した《60番勝負》では、スマホより1970万回の《イィボタン》が押されたことなどが報告された。

 シンポジウムのパート1の《模索するテレビ局》に続いて、パート2の《テレビとSNSの実態》の冒頭で、NHK放送文化研究所メディア研究部の小川浩司氏より『テレビ×SNSの実態調査』の結果の概要が発表された。
 この実態調査では、世論調査、ウェブ調査、MROC(オンライン・グループ・インタビュー)の3つが実施されている世論調査(個人面接法)とウェブ調査の内容の一部を下記に紹介する。なお、本調査ではSNSとしてmixi、Facebook、Twitter、LINEなどを想定している。

テレビ視聴中のSNS利用の実態(ウェブ調査による)
調査項目 母数 調査結果
テレビ視聴とSNS利用が週に一日以上で
週に一日以上SNSを利用する人
4124 週に一日以上SNSを利用する人:49.4%(2028人)
SNSを通じてテレビについて書いたり、クイズに参加した経験者:13%
週に一日以上SNSを利用する人のうち
TVの視聴中にTV番組と関連ある読み書きをしている人
2028 全体(36%)  16~19歳(参考値67%)・20~24歳(59%)・
25~29歳(37%)・30~49歳(33~31%)・ 50~59歳(25~24%)
「世論調査(個人面接法 母数1430名)」によれば、週に1日以上のSNS利用者は、16歳以上の男女の22%である。
TVに関連した情報を読み書きする者の比率は8%である。書き込みまでする人は3%である。

 ウェブ調査結果で、テレビを見ながらSNSを利用する者の中で、TVに関連した情報をやり取りしている人が36%もあるが、全体の比率では、18%に相当する。ウェブ調査の母集団の方が個人面接法の母集団より10%多くの人がSNSを利用しており、両者に差があることをを理解したい。

 「世論調査(個人面接法 母数1430名)」によれば、週に1日以上のSNS利用者は、16歳以上の男女の22%であるが、TVに関連した情報を活用する人の比率は8%であり、書き込みまでする人は3%である。

 テレビについて書いてくれている人が多いのに驚いた(若井氏)、TVを視聴しながらSNSを利用する者は24歳までと25歳以上の落差がある(杉本氏)、ネットにおいて行動するコアターゲット層は1割であり、若年層は3割(鈴木氏)、ニコニコ動画ユーザーの年代別統計では40代までが8~9割を占める(杉本氏)、人口比率は40歳以上が7割(杉本氏)。

 このような実態を把握したうえで、パート3の《ソーシャルパワーとどう向き合うか》について議論がされた。調査結果の数字から読み取れるのは、テレビとSNSを組み合わせたソ-シャル視聴について論じるのは、若者がターゲットであることは明らかである。では、残りの中高年齢者については、どのような仕掛けをすれば、SNSを活用してテレビ視聴の向上に貢献してくれるであろうか。また、今回はデータがなかった男女別での実態の把握も必要であろう。議論を聴いていてこのようなことを感じた。

エピローグ

 私が参加したシンポジウム《ソーシャルパワーがテレビを変える》では、新しく台頭してきたSNSを利用して、視聴者の拡大(視聴率の向上)を図りたいという意図が透けて見える。現状はデータに見る通り、SNSの利用がテレビの視聴にうまく循環しているとは言えない。
 テレビとSNSを組み合わせたソ-シャル視聴が今後の新たな視聴スタイルとして拡がってゆくかについては、《(次世代)スマートテレビ》の登場なども視野に入れて、テレビを巻き込んだメディアの融合と新たな展開を見守ることが必要だと思う。【生部圭助】

<参考とした資料>
・シンポジウムの当日に配布された資料
・NHK放送文化研究所 『放送研究と調査(2013-7)』

編集後記集
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇