TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Inter Depending Network
メルマガ IDN
【第270号】
 
2013年 7月15日発行
IDNのTOPへ
*********************************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*********************************************************************************************************
《第270号のご案内》
 IDNの活動報告
 1.ふれあい充電講演会
  =第120回の報告:コーヒー零れ話
  =第121回の案内:見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(PARTⅡ)
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第104期の開催案内
 3.IDNパソコンひろば
  =8月は一般の講座はお休みです
   
8月27日にシニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します
  =第25回パソコン交流会の報告:グーグルが提供するサービスや技術
 5.千葉アドバイザーの会「C-PAK」
  =7月例会(第98回)開催の速報
  =NTT東日本のタブレット講座を担当しています
 6.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 7.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 8.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =IDNの《facebookページ》を公開しています
  =最新のシニアドさいたまのブログ
 9.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第77回活動の案内:小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
10.IDNゴルフ会
  =第18回 IDNゴルフ会の案内
11.ふれあい広場
12.編集後記
  =《ロマネスク様式の教会》をデジブックに
**************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します
ふれあい充電講演会
第120回7月8日(月)に開催:山下正夫氏にコーヒーにまつわるお話をうかがいました
第121回は8月22日(木)に開催:見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(PARTⅡ)
シニア情報生活アドバイザー養成講座 第103期の講座は受講希望者がなく、開催を中止しました
9月7日(土)に第104期の講座を開講します
四谷ひろば
 パソコン教室
8月のシニア向けの一般の講座はお休みです
27日にシニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します
パソコン交流会 6月30日には、Googleの方を講師に迎えて講座を開催しました
開催内容の報告をしています
千葉アドバイザーG
 《C-PAK》
7月11日に例会(第98回)を開催しました(速報)
NTT東日本の「指タッチでインターネット」講座の講師を担当しています
埼玉アドバイザー
 《シニアドさいたま》
登録メンバーが33名になりました。昨年の秋に3年ぶりの会員交流会の開催。参加者の近況を報告し合いました。最近の動きをブログで紹介しています
アウトドアクラブ
 《たかお会》
第77回活動の案内をしています
7月26日(金)~27日(土):小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
アウトドアクラブ
 《IDNゴルフ会》
第18回コンペは、秋に1泊2プレイを計画しています。
参加者が多い日に実施するために、参加可能な日程についてお聞きしています
ホームページ・
 ブログの紹介
IDNのfacebookページ》を公開しています
四谷ひろばパソコン教室のホームページアドレスを変更しました
ふれあい広場 自薦、他薦の投稿をお待ちしています

TOPへ

********************************************************************************************
報告


TOPへ
*******************************************************************************************************
ふれあい充電講演会

■第120回のふれあい充電講演会の速報:コーヒー零れ話
 今回は、かって《全日本コーヒー協会》を通してコーヒーの普及に深くたずさわって来られ、現在千葉C-PAKで活躍中の山下正夫氏にコーヒー豆の生産から消費者のもとに届くまでのよもやま話をうかがいました。

【開催概要】
・開催日時:平成25年7月8日(月)7:30~19:00(引き続き懇親会)
・会 場:四谷ひろば 2Fコミュニティルーム
・講 師:山下正夫氏

山下正夫氏経歴
 コーヒー豆の買い付け輸入これを焙煎し製品化するまでの関係者で組織する《全日本コーヒー協会長年勤務し、平成20年4月に退職。平成19年2月にIDNでアドバイザー資格認定を取得(第49期)。現在C-PAKを中心に活動中。


講師の山下正夫さん

講演会開催風景

コーディネーター:羽澄 勝さんでした

■第121回のふれあい充電講演会の案内:
  ~見て、触れて、使って判る《ぐい呑み》の魅力(PARTⅡ) ~
 お待たせしました!講師井出氏の体調は回復しました。昨年12月に企画しました《ぐい呑みの魅力 PARTⅡ》を皆様の御要望にお応えし、場所は同じ清澄庭園《涼亭》で趣向を変えて再現していただきます。
 7年前に参加された方は懐かしいぐい呑みに再会できるでしょう。初めての方は《やきもの天国》日本各地の窯で焼かれた様々なぐい呑みに出会えます。ただ見るだけではなく、好みの器を手にして銘酒を味わってください。
 当日は、講師の方で参加者に行きわたる数の試飲用ぐい呑みのほか、抽選で当たるぐい呑みも数個用意されているとのことです。皆様の秘蔵・愛飲の銘酒の持ち込みも、親しい友人(ビジター)同伴も大歓迎です。気の合う仲間と気に入ったぐい呑みでの一杯は今年の猛暑も退散することでしょう。

酒仙歌人若山牧水は静かに独酌を楽しみました。しかし、仲間と酌み交わすのも楽しいものです。

【開催概要】
・開催日時:2013年8月22日(木) 17:30-19:30
・講師:井出昭一氏
・場所:清澄庭園《涼亭》
・集合:清澄庭園入口 17:15
・会費・酒肴代:会員3,000円  (IDN会員以外 3,500円)  
・申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
(会員以外の参加者もフルネームをご連絡ください)
・締めきり:8月15日(木)

庭園の散策をされたい方
庭園の散策をされたい方は 16:30までに入場し散策の後、集合時間に集合場所にお集まりください。
東京都立清住庭園
詳細:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
江東区清澄3-3-9 TEL 3641-5892 地下鉄大江戸線・半蔵門線「清澄白河」下車

今回の当日コーディネーター:羽澄 勝  緊急連絡:080-5385-4412(羽澄携帯へ)



井出氏秘蔵の黄瀬戸、織部、志野

7年前同じ涼亭でのぐい吞みの会

ふれあい充電講演会のこれまでの開催状況はこちらでご覧ください
TOPへ

*******************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座



■第104期のシニア情報生活アドバイザー講座のご案内
第104期の講座を開催します。
・開催時期:2013年9月7日(土)~10月5日(土) 毎週土曜日
会場:四谷ひろば
会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
 詳細は下記をご覧ください
 http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは

 シニア情報生活アドバイザーは、高齢者がパソコンやネットワークを利用して、より楽しく、活動的な生活を送れるようになることを支援します。
シニア情報生活アドバイザー養成講座では、アドバイザーが活動する上で求められる基礎的な知識・技能・能力を伸ばすことを目的に学習や実習を行います。
 IDNはこれまでに91回(第102期まで)の講座を開催し、344名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「一般財団法人ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

******************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

2013年8月の初心者向け講座

四谷ひろばのパソコン教室 講座実施状況

今後の講座の詳細はこちらでご覧ください
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用して より楽しく生き生きとした生活を送るお手伝いをします。シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ三十数名の講師、アシスタントが シニアや地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。

8月は一般の講座はお休みです


シニアの為の「無料パソコン体験講座」を実施します

・開催日:8月27日(火曜日)  午前
これからパソコンをやってみようかと思っている方、どんなところなのかという見学を兼ねていらっしゃいませんか?
パソコンはもらったんだけど使い方がわからない!
パソコンは買ったんだけどどうしたらいいかわからない!
といった方からこれからパソコンを買おうと思うんだけど何を買ったらいいんだろうか?という方、さらに今、話題のタブレットってどうなの?という方々のご参加をお待ちしています。
また、お友達にそのような方がいらっしゃる方、是非ご紹介ください。
教室では初心者やシニアの方々に最適なタッチパネルの最新パソコンやiPad、Windows8のタブレットなどをご用意して皆様をお待ちしています。

■第25回パソコン交流会開催報告:グーグルが提供するサービスや技術
 2013年6月30日(日曜日)に第25回パソコン交流会を開催しました。今回はグーグル株式会社のボランティアプロジェクトGoogleServeの一環として、グーグルの社員の方から、Googleの最新サービス及びGoogle+の便利な使い方を紹介して頂きました。
 水戸黄門のキャラクターにのせたGoogle+の説明はとても分かりやすく また、ハングアウトでは手軽にテレビ電話ができることを実感。
[Google]の新しい使い方に触れ、ICTの進歩や可能性を実感する、楽しく、有意義な1日となりました。
 交流会終了後の懇親会にはGoogleから5名もの方がご参加して下さり我々の知らないさまざまなお話をうかがうことが出来ました。
Googleの皆様、ありがとうございました。
【開催概要】
・開催日時:6月30日(日曜日)午後2時30分~4時40分
・場 所]:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・テーマ:Googleが提供する最新のサービスと技術の紹介
      Google+の概要・撮った写真の自動バックアップ・写真やファイルをグループ単位で共有・ハングアウトでビデオチャット


開会のご挨拶

開催風景 この教室の最多人数を更新しました

パソコン交流会:連絡方法に関するお知らせ
 パソコン交流会では、IDN-MMS実施に伴い、会員向けの情報発信をこれまでの「Yahoo!グループ」から本システムに変更しています。これまでにご連絡を頂いた方を本システムに登録し、12月30日にメールを発信しています。(Yahoo!グループを利用したご連絡は終了しました)
・会員にも関わらず連絡が着信していない方、新たに交流会登録希望の方はご連絡ください。
・連絡先:IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之 idn-mms02@npo-idn.com

今後の話題提供をお願いします
 パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたいこんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。IDN-MMSに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ。
IDN-PC交流会グループ管理者:長谷川久之】
idn-mms02@npo-idn.com

これまでの活動内容はこちらよりご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C-PAK

7月例会(第98回)開催の速報
 7月11日定例会は西浦さんの狂言の話、山室さんのWindows8.1previewの解説などで大変に参考となる盛りだくさんの内容でした。
・日時:平成25年7月11日
・場所:高齢協 佐倉センター2F
・テーマ(1):狂言と私  講師:西浦利清さん
・テーマ(2):Windows8.1previewの解説  講師:山室輝弘さん

■NTT東日本のタブレット講座を担当しています
 社会の各方面が発する情報から孤立しがちな高齢者に向けて、NTT東日本ではタブレットの普及活動のために講座を実施している。この講座について、NTT東日本(本社)営業推進部がニューメディア開発協会に委託。同協会は、千葉地区については、IDNに委託したいとの要請があった。IDNはこの要請を受け、C-PAK(IDNの千葉グループ)が担当している。使用タブレット端末は Kindle fire、Kindle fire HD及びKindle fire HD 8.9である。

【講座の開催実績と予定 いずれも2013年】
・5月29日・30日:NTT東日本の光HOUSE 千葉(千葉市)
・6月 6日:小金原団地第1集会所(松戸市)
・6月22日:マザアスコート南柏駅前(柏市)
・7月11日:NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)
・7月17日(予定):小金原団地第1集会所(松戸市)
・30日・31日(予定):NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)

・8月 7日(予定):NTT東日本 光HOUSE 千葉(千葉市)


7月11日 NTT東日本の光HOUSE 千葉での開催風景

講師の津田 啓さん

C-PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama
ブログの内容については《会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介》をご覧ください
TOPへ

******************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、《メルマガIDN》をお届けします
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります(2013年4月より改訂になりました)
 入会金は正会員が5,000円、賛助会員が1,000円です
 年会費は、正会員が年間5,000円、賛助会員が2,000円です
 (賛助会員から正会員に移行者は、移行時にその年度の差額会費を納入してもらいます)


メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03-3358-1958

TOPへ

******************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■IDNの《facebookページ》を公開しています
 IDNとして《facebookページ》を公開しました。現在は、メルマガIDNで2週間の間隔でIDNの動きについてお知らせしていますが、《facebookページ》により、もっと短い間隔で情報発信をすること、および、コミュニケーションの場としての活用を図りたいと考えて、ページ作りを行っています。《いいね》の書き込みが増えてきました。《いいね》のあとにひとこと書いて盛り上げてください。

 facebookの効用については大なるものがありますが、その運用においては、注意すべきことも多々あります。
facebookをこれから立ち上げる方は、経験者のアドバイスを受けるのが望ましく、また、まちの本屋で参考書を入手し、一通りのことを理解したうえで始めるのがいいでしょう。

facebookページ」とは
 企業や団体がユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」といいます。
 IDNの「facebookページ」は、IDNとして公開するもので、会員、シニア情報生活アドバイザー、IDNとかかわりのある方、IDNに興味を持っていただける方々と継続的にコミュニケーションをとることを目的としています。

アクセス方法
 IDNでは、下記に示す「facebookページ」のURLを取得しました。アクセスして、内容をご覧ください。
 そして《いいね》をクリックし、ひとこと書いてください。
http://www.facebook.com/npoidn



IDNのfacebookページのTOP

■最新のシニアドさいたまのブログ(再掲)

 《シニアドさいたま》は、IDN(自立化支援ネットワーク)及びICCH(シニアサロン川越)で《シニア情報生活アドバイザー》の資格を取得した方々のブログです。
 このブログには、会員がそれぞれの居住地や所属する団体に於いて、地域のため、所属団体の目的のために、多岐にわたり資格を生かした活動を展開しており、会員が関わっている諸活動のホームページをここに紹介しています。現在会員は33名です。

 これらの活動に参加したり、パソコンの講習を受講したい方は、各ホームページにアクセスし問い合わせください。また、会員個人が開設しているホームページやブログも閲覧できます。
【世話役:東川征夫さん】

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

******************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第77回活動の案内:小諸懐古園・高峰高原散策と水ノ塔山(篭ノ登山)登山
 歴史と文学の城下町小諸で下車し、小諸懐古園(藤村記念館・小山敬三美術館)を見学し、標高2,000mの雄大な大自然のパノラマ風景を満喫できる高峰高原ホテルに宿泊して、満点の星空を眺め、高山植物を愛でながら高原を散策し、水ノ塔山(篭ノ登山)に登ります。
【開催概要】
・実施月日:7月26日(金)~27日(土) 1 泊2 日
・集合場所:しなの鉄道 小諸駅 改札出口(進行方向右1ヶ所)
・集合時間・26日10時30分
・コースの概要
<26日>
小諸駅⇒懐古園(藤村記念館等見学)(昼食)(13時ホテルバス)⇒高峰高原ホテル 希望者 高峰山登山(往復約1時間30分)泊
<27日>
朝食(7時30分)ホテル出発(9時)⇒(高原散策)⇒水ノ塔山登山(往復約3 時間半)健脚の方は篭ノ登山まで(往復5時間)⇒ホテル(宿泊者入浴無料)⇒ホテルから高速バス(ホテル前16時19分発)で小諸駅・佐久平駅経由・新宿着(20 時17分) <小諸・佐久平駅下車可能>
・参加申込:下記E-メールへお申し込みください。
 メールアドレスidn-takaokai-owner@yahoogroups.jp
・参加費:費用概算
 1,000 円 当日幹事に納入してください。
 懐古園見学料金 500円
 高峰高原ホテル宿泊料金 14,000 円程度(飲み代別)
 27日の弁当代(ホテルで) 500 円位(おむすび)

・参加申し込締切日:7 月5 日(金) (以前仮申し込みした方も)
・備考:
ホテル予約の関係上雨天決行です。雨天の場合は、軽井沢アウトレットショッピングなど。台風等自然災害の場合は4 日前に中止連絡します。


懐古園の三の門

高峰高原ホテルからのビュー

たかお会の活動予定および活動状況は下記をご覧ください
http://npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm

TOPへ

*10****************************************************************************************************
IDNゴルフ会

■第18回 IDNゴルフ会の予告:
第18回コンペは、秋に1泊2プレイを計画したいと思います。
つきましては、参加可能な日程についてお聞きし、参加者が多い日に実施いたします。
なお、交通手段はJR⇔クラブバスを考えていますが、人数によりクラブバスの時間をこちらの都合に合わせてもらえる可能性もあります。

・開催場所(候補)
 栃木県の①大日向GC ②新・ユーアイゴGC
・概算費用:16千円+α 交通費(JR) 約4.4千円) 除く会費
・日程:10/9~11/8

※下記要領で《ちょう助》に参加可能日を、すべて登録してください。
スケジュール調整表《ちょう助》への書き込み方
 1step 次のURLを開く。
      [PCから] http://chosuke.rumix.jp/main.aspx?g=c6e026e5fec6a2aed
      [携帯電話から] http://chosuke.rumix.jp/x/main.aspx?g=c6e026e5fec6a2aed
 2step 「新規登録」 ボタンをクリック
 3step 画面が開くと
      ニックネームに 名前「姓」を
      パスワードは適宜の半角文字を
      日付欄は前後二日続けて都合の良い日に〇を 、それ以外は×を
 4step 最後に「この内容で登録」をクリック

IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11**************************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。

TOPへ

*12**************************************************************************************************
編集後記

■《ロマネスク様式の教会》をデジブックに

 2004年に「ピレネーへ行きませんか?」と誘われて《ピレネー、花とロマネスク教会》と銘打ったツアーに参加し、ピレネーの山懐にあるロマネスク様式の教会を訪れた。その時撮影した写真をもとに、6つ目のデジブック(ムービースタイル編)『ロマネスク様式の教会』を制作した。


エスクナウのサン・ペール教会:入口


サンタ・マリア・デ・タウユの教会:クローバー型の後陣


サン・クレメン・デ・タウユ教会:全景


サン・クレメン・デ・タウユ教会
「栄光のキリスト」


エルミタ・デ・サン・キルク・デ・タウユの礼拝堂
 外観


モンタニアーナのサンタ・マリア教会 全景

 ピレネーは東西400km南北40~50kmでイベリア半島と大陸のくびれたところに位置している。私たちが訪れたところはイベリア半島の東部に位置するカタルーニャ地方。
 旅の前半は山峡の小さな国アンドラやアイグエス・トルテス国立公園などを訪れ、自然を満喫し、たくさんの《花》を見た。旅の後半はロマネスク様式の教会をめぐることになり、興味尽きない体験をさせてもらった。

旅の案内をしてくれた佐野虔之介さん

 虔之介さんは1946年生まれ、日本企業の広告担当をしていたが1990年に一家でソルソーナに移住した。どうしてここに住むようになったかという質問に対して、虔之介さんは、日本をはなれるにあたって、学生時代に惹きつけられた10世紀の壁画のある、カタルーニャの小さな伝統的な街、ソルソーナに決めた、と言う。虔之介さんを紹介するのにこのエピソードが最もぴったりしていると思う。

 以来、虔之介さんは当地において、ロマネスクの研究者、セミナー講師、現地の案内、旅行のコーディネーターなど幅広い活動を行っており、カタルーニャと日本の文化の交流の重要人物として、《影の文化大使》ともいわれていた。
 奥さんの和子さんは、カタルーニャの伝統音楽や宗教曲を得意としている、オルフェオ・ソルソーナ(合唱団)でアルトのパートを受け持っている。また、ハーブを使うカタルーニャ料理や「花の造形」など幅広い分野で活躍している。虔之介さんと和子さんには風人、徹心、詞音(シオン城より名づけたとのこと)という名の3人の男の子がある。
 2004年と2007年に現地で一家にお会いしており、来日された折にも数回お会いしている。最近では、現地で日本食レストランを経営していると聞いている。

デジブックにするために
 《ピレネー、花とロマネスク教会》の旅のあとに旅行記を書いて、私のホームページにアップした。ホームページのためには、フィルムから紙焼きした写真を使用した。今回デジブックを制作するために、すべての写真を現在使用している複合機で再度スキャンし、デジタルデータとした。

 ホームページを作成した時も今回も悩んだのは、土地や建物(教会)の名前の記載。たとえば《Vall de Bo》。旅行案内などでは「ボイ谷」と記されている。しかし、カタルーニャ地方では「ブイ谷」と発音しする。虔之介さんのメモにもそのように記してある。2004年に現地で説明を聞いた時の地名や建物名のメモはあるが、実際のスペルがどのようになっているかわからないものも多かった。

 幸い、旅の途中で訪れたところは、地図にマークがしてあった。ここで威力を発揮したのが《Google Earth》と《Google MAP》。検索欄に地図から拾った地名をその通りに打ち込むと、その場所が示され、そこにある教会の名前や教会の写真も表示してくれる。

 デジブックの中に《Google MAP》より必要とするところを切り取って、教会のある場所をマークして示した。ロマネスク様式の教会を求めて世界中を旅している人もいるので、《Google MAP》を見て土地勘を働かせてくれることを期待した。

教会の紹介
 今回作成したデジブックでは、おおよそ3つの地域で、9つのロマネスク様式の教会や礼拝堂を紹介している。
(1)アイグエス・トルテス国立公園を後にしてアラン渓谷のビエヤの街へ行く途中(C-28で西に向かいN-230にぶつかる少し手前)に見た3つの教会
(2)ブイ谷で初期に立てられた4つの教会と1つの礼拝堂を
(3)アラン渓谷からモンセラットへ向かう街道(N-230)沿いの町モンタニアーナにある教会

San Peir d’Escunhau Val d’Aran
エスクナウのサン・ペール教会
 アイグエス・トルテス国立公園を後にしてアラン渓谷のビエヤの街へ行く途中で見た教会のひとつ。
 この教会は12世紀にロマネスク様式で作られ、東側の部分は14世紀にゴシック様式で増築されている。北面にある入り口の形状、柱(カラム)、柱頭、アーチ、文様、たくさんのレリーフ、書かれている文字、十字架の形状、使われている石材、などなど。12世紀に作られた洗礼盤は花崗岩で作られており、彫刻が施されている。
 2004年8月に出版された芸術新潮では、「スペインの歓び」を特集しているが、この教会の扉口上部の半円壁(タンパン)に刻まれたキリスト像の写真を1ページの大きさで掲載している。

Santa Maria de Taull
サンタ・マリア・デ・タウユの教会

 この教会は1123年に建てられた。4層の鐘塔は南に位置しているが、聖堂の中に作られているところに特徴がある。
 聖堂は両側に側廊のある3身廊型であり、内部の側廊を区切る円形の柱の上にアーチがあり屋根の小屋組が乗っている。中央の後陣の内壁には有名な「栄光の聖母子」が描かれている。

San Climent de Taull
サン・クレメン・デ・タウユ教会
 南西部に位置している正方形の6層の鐘塔、聖堂、円錐形の屋根を持つ後陣のバランスが良い。中央の後陣の外観はボリューム感もたっぷりとしており、上部には3重のロンバル帯のアーチとぎざぎざ模様が見られる。
 また石積みのテクスチャーも荒々しいところと整然としたところのバランスも大変いい。聖堂は両側に側廊のある3身廊型であり、内部の側廊を区切る円形の柱は石積みの模様がレンガ状に見えて美しい。

 中央の後陣の内壁には有名な、左手に本を持っている「栄光のキリスト」が描かれている。「私は世界の光である」と言っている。この「栄光のキリスト」は16世紀から17世紀に描かれたもので現地のもんはレプリカであり、実物はバロセロナの美術館(MNAC)に移されている。

Ermita de Santa Quirc de Taull
エルミタ・デ・サン・キルク・デ・タウユの礼拝堂

 礼拝堂は矩形の聖堂と半円形の後陣で作られ、入り口は簡単なアーチが構成されている。石を積んで外壁を作り、外壁を利用して木材で小屋組みを構成し、その上に屋根を葺くという方法を明快に見ることが出来た。この礼拝堂はロマネスク様式の教会の建物の原型といえるだろう。

Santa Maria de Montanyana 12世紀~13世紀
モンタニアーナのサンタ・マリア教会

 モンタニアーナは、アラン渓谷からモンセラットへ向かう街道(N-230)沿いの町。サンタ・マリア教会は12世紀から13世紀にかけて建てられた。
 東西よりも南北に長いのに特徴があり、東面には後陣の半円形、北面には方形の出っ張りがある。南面の東側に鐘楼があり、東面に後陣の半円形の、北面には方形の出っ張り(聖具室)がある。
 この教会はメンテナンスがよくないのか、昨日ボイ谷で見たどの教会よりも荒れ果てて見える。ここは昔お城があったところで、周辺には物見の塔や城壁の遺構が残っているのを見ることが出来る。

エピローグ
 写真をスキャンし、それぞれの写真をレタッチし、デジブックへアップした。写真に対する説明文を考えたが、どれだけの量を書くか、縦位置の写真(今回多かった)の説明文を見やすくするための作業(改行の調整)に以外に手間取った。
 音楽については、デジブックで用意されている曲をたくさん聞いてみたが、結局クラシックのジャンルより『プレリュード』を使用した。
 すべてこれにかかり切っていたわけではないが、制作を始めてから1週間の時間を要した。古い写真がデジブックのおかげで甦ってくれたことで急激に熱くなった中での苦労が報われたような気がする。

 デジブックで《ロマネスク様式の教会》を制作したことを虔之介さんと《ほあぐらさん(メルマガIDNNO85号に紹介)》へ知らせた。
<虔之介さんのコメント>
 デジブックおもしろく拝見しました。奇妙なバッハも何やら思わしげでありました。日本がもう少し近いと、もっと多くの人が接する機会が増えるのでしょうが、そうはいかず、、、。少人数ながら今年の春は2人の方を北カタルーニャ方面へ案内しました。9月にはアウ谷からブルゴス、レオン方面までを予定しています。いつみてもロマネスクといわれる時代はおもしろいですから。
 生部さんも変わらずの人生追及、素晴らしいですね。またいつの日か、ピレネーの花でも撮りに来てください。それでは、デジブック到着のお知らせと御礼まで。
 ほあぐらさんのコメントは、《ほあぐらの美の世界紀行》の掲示板にあります。
【生部圭助】

デジブック『ロマネスク様式の教会』はこちらよりご覧ください
編集後記集
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03-3358-1958
・メール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇