TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メルマガ IDN 【第210号】
Inter Depending Network


新年おめでとうございます


2011年 1月15日発行

IDNのTOPへ
****************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*****************************************************************************************
《第210号のご案内》
 お知らせとお願い
  =SNF21 in 東京 2011 のスタッフ募集とフォーラムへの参加登録
 IDNだより
  =IDNの最近の活動状況を紹介します
 1.ふれあい充電講演会
  =第101回ふれあい充電講演会の速報:新春・谷中七福神めぐり
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第84期の開催案内
 4.IDNパソコンひろば
  =2011年1月の初心者向け講座の案内
  =第16回(1月30日)パソコン交流会の案内:デジブックセミナー
 5.キャリア学習推進プロジェクト
  =出前授業への参加のお誘い
 6.千葉アドバイザーの会「C−PAK」
  =定例会の速報
 7.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 8.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 9.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =四谷ひろばパソコン教室のWebサイト
10.アウトドアクラブ「たかお会」
  =たかお会(57回)開催の案内:スキーと温泉入浴ゆっくり旅
11.IDNゴルフ会
  =第14回(3月24日)IDNゴルフ会コンペの予告
12.ふれあい広場
編集後記
  =東博へ初もうで
**************************************************************************************************
IDNだより

IDNの最新の活動状況を紹介します
SNF21 in 東京 2011
          のお知らせ
2011年2月17日(木)と18日(金)に《SNF21 in 東京 2011》が開催されます
運営の協力スタッフを募集しています。スタッフの方もフォーラムへの参加登録をしてください
ふれあい充電講演会
2011年の初回の第101回を1月10日に開催しました
たかお会と合同で谷中の《七福神めぐり》に大勢の方が参加されました
シニア情報生活
 アドバイザー養成講座
これまでに76回(82期まで)の講座を開催し、298名のアドバイザーが誕生しました
第83期は2月5日に終了します。第84期は2月19日に開講します
IDNパソコンひろば
(四谷ひろばパソコン教室)
四谷ひろばでの講座では3年目を実施中。毎月約50〜60人の方が受講されています
講師とアシスタントの登録者が30名を越しました。2011年1月の講座を案内しています
IDNパソコンひろば
   (パソコン交流会)
第15回を12月18日に開催。テーマはIE9やLiveエッセンシャルのことなど意見交換でした
第16回を1月30日に開催の案内をしています。テーマは《デジブックセミナー》です
キャリア学習推進
       プロジェクト
昨年は出前授業の要請がありませんでした。
2011年度に機会があればご案内します。登壇してみませんか
千葉アドバイザーグループ
  《C−PAK》
次回は1月13日に開催しました。講師は利光 信爾さんでした
テーマは「同好会活動にパソコンを取り入れまず一歩、そして6年目を迎えて改革の二歩目」
アウトドアクラブ
  《たかお会》
2011年の最初のたかお会は講演会と共同開催で谷中の《七福神めぐり》催しました
次回は、2月24日〜26日に《スキーと温泉入浴ゆっくり旅・南会津》を開催します
アウトドアクラブ
  《IDNゴルフ会》
次回は2011年3月24日(木)に東京湾カントリークラブで開催します。
間もなく、詳細の案内をいたします。ご予定ください。
ホームページ・ブログ・
     ツィッターの紹介
会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました
四谷ひろばパソコン教室のWebサイトの案内をしています
ふれあい広場 投稿をお待ちしています

TOPへ

お知らせとお願い
SNF21 in 東京 2011 のスタッフ募集とフォーラムへの参加登録のお願い

◆スタッフの募集

シニアネットフォーラム21 開催風景(2009年)

 すでにお知らせしておりますように《シニアネットフォーラム21 in 東京 2011》が2011年2月17日(木)と18日(金)に日本青年館で開催されます。このフォーラムでは、全体の企画と当日の運営を、IDNが担当します。スタッフの協力要請をいたしておりますが、重ねてお願いいたします。

ご協力いただきたい内容は下記のとおりです。
 ・事前準備(日本青年館の下見):1月27日(木)15:00〜
 ・2月16日 夕(資料の準備など)
 ・2月17日 終日 午前 午後
 ・2月18日 終日 午前 午後
 ・終了後のまとめ作業(報告書の作成など)
詳細は《運営ご協力のお願い》をご覧ください。

ご協力いただける方は下記までご回答くださいますようお願いいたします。
メール送信先(長谷川久之):doragon_tail@hotmail.com

◆フォーラムへの参加登録
スタッフとしてご協力される方も、必ず、フォーラムへの参加登録をお願いします。
フォーラムの詳細と参加申し込み(登録)方法は、下記で案内いたしております。
http://npo-idn.com/snf21-2011tokyo/annai/

 シニアネットの活動10年目の節目をむかえるにあたり、「シニアネット・さらなる飛躍を目指して」と題してフォーラムを開催し、シニアネットのより一層の普及と活性化を図ります。シニア情報生活アドバイザーの方々にとっても魅力的なプログラムを準備いたしております。スタッフとして活動される方もできるだけフォーラムに参加できる運営をしたいと考えています。
【生部 圭助 長谷川 久之】

TOPへ

***************************************************************************************************
ふれあい充電講演会


ふれあい充電講演会(101回)の速報:新春・谷中七福神めぐり
 2011年の最初のふれあい充電講演会を、たかお会と共同開催で実施しました。36名もの参加者があり、3班に分けてJP田端駅から上野までの間にある七福神に詣でました。
【開催データ】
・実施期日:2011年1月10日(月曜日)
・集合場所:JR田端駅 北口改札出口(受付)
・集合時間:午後2時
・コースの概要:
 JP田端駅午後2時スタート⇒東覚寺(福録寿)⇒青雲寺(恵比寿)⇒修性寺(布袋尊)⇒長安寺(寿老人)⇒天王寺(毘沙門天)⇒護国院(大黒 天)⇒弁天堂(弁財天)⇒上野駅
・実歩行時間:所要時間約2時間半
・上野の居酒屋で新年懇親会を実施
・参加者:36名

青雲禅寺で記念写真の撮影
【写真をクリックすると拡大します】

上野の居酒屋での懇親会が盛り上がった
TOPへ

************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■第84期の開催案内
開催時期:2011年 2月19日(土)〜 3月19日(土)
会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは
  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。IDNはこれまでに76回(第82期まで)の講座を開催し、298名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

「シニア情報生活アドバイザー」のアシスタントを募集しています。下記へ申し込んでください。
idn@npo-idn.com

TOPへ

*************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2010年12月の初心者向け講座を実施しています
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用してより楽しく、生き生きとした生活を送るお手伝いをします。シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ30数名の講師アシスタントが、地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。

補習講座:講座受講者を対象
 ・ワード入門: 1月29日 10:00−12:00
  ワードの使い方の基本を復習します(文書の体裁、図やテキストボックス)
特別講座:
 ・両手で入力する1月16日、23日(日)午前
  
入門講座。両手を使い文字を正確に入力する練習をします
 ・ネットの活用1:1月15日 14:00−16:00
  ネットショッピングなど、インターネットの便利な使い方を学びます
 ・カメラを楽しむ:1月15日 人形町[実習]。町の風景の撮影
           1月23日午後 [講義]写真の修整など
 ・ブログ・ホームページ(応用):1月14日・21日・28日
  11月、12月に金曜日の講座で行ったブログ・ホームページの応用講座です

日程や講座の内容などの詳細は下記をご覧ください
四谷ひろばパソコン教室のWeb Site:http://yotsuya-pc.web.officelive.com/

■第16回パソコン交流会の案内:デジブックセミナー
 デジカメが普及し、写真はすっかりパソコンなどの画面上で鑑賞する機会が多くなりましたが、自分の写真がきれいに製本された本になったりDVDでBGM付きの動画として見られたらとても楽しいのではないかと思います。今回は(株)DigiBook様のご好意により「フォトブック」、「フォトDVD」を無料で製作できるチャンスです。

ご自分で撮りためたデジカメ写真をご持参の上ふるってご参加ください。
(フォトブックは24ページ、また、DVDは5〜50枚の画像データで製作可能)

なお、今回は四谷ひろばパソコン教室受講者の方につきましても講座講師の推薦を頂いて参加を受け付けます。
日頃デジカメをお使いの方でパソコンへの取り込みや編集をされている方のご参加を歓迎します。

現在多くの方にお申込を頂いており教室のパソコンだけでは台数不足になる可能性があります。
ご自分のパソコン持込が可能な方はお申込時に書き添えてくださいますようお願いします。

・日時1月30日(日曜日)午後1時〜4時30分
・場所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・内容:
 デジカメ写真を活用して“フォトブック”“フォトDVD”を作ります。
 ご自分の撮りためたデジカメ写真を使って、「みんなのデジブック広場」でデジブックを作成。
 インターネットアルバム“デジブック”がそのまま“フォトブック”“フォトDVD”としてお手元に届きます。
・講師:(株)DigiBook テクニカルコンサルタント 富田香織様
・会費:500円(作品の制作費は(株)DigiBook様のご好意により不要です)

・出欠のご連絡:下記グループ管理者宛リンクをクリックの上、ご回答下さい。
 グループ管理者→ mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp
*先着順に受け付けておりますが、定員に達し次第締め切らせていただきます。

【会員登録の件】
パソコン教室の環境では一斉に登録作業を行いますとエラーが発生する可能性があるため、下記URLより、事前に会員登録を済ませて頂きますようお願いします
デジブック広場⇒http://www.digibook.net/
「新規登録」か「会員登録(無料)はこちら」と書かれている「こちら」をクリックすると登録画面となります。(メールアドレスだけでOK)

【備考】
・当日作成した作品は、2/21以後のお渡しとなります
・SNF21にて展示させていただく場合があります

今後の話題提供をお願いします
パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。
多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。
また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたいこんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。

交流会のグループページについて
 パソコン交流会ではYahoo!Japanが提供するYahoo!グループのメーリングリストやブリーフケースを利用して、会員間の連絡や情報共有を図っています。
 会員登録をしてメーリングリストからメール配信は受けているけどグループページが見られないという方はご連絡ください。
http://groups.yahoo.co.jp/group/idn-pcex/

グループページにアップしている「01-PC交流会についてVer9.pdf 」を更新しています。
読んだことのない方はご一読をおすすめします

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。
 メーリングリストに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。会員はグループページにアップさている資料の閲覧が可能となります。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ。

IDN-PC交流会  長谷川久之  
グループ管理者:mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

これまでの活動内容はこちらよりご覧ください

TOPへ

*************************************************************************************************
キャリア学習推進プロジェクト

■出前授業への参加のお誘い再掲
 IDNにおいては発足当時から、会員がこれまでにいろいろな分野で、貴重な経験を積み重ねながら育んできたキャリアを、次世代に継承していくことを通じて、会員の社会貢献と生きがいを見出していくことを活動テーマに考えています。

 経験した方々の感想は、伝授したい自分の経験と知識を、学生達に伝えることが如何に難しいか、しかし彼らの顔が理解した反応に輝いた時は、言い知れぬ達成感が湧き出てくると。

 またIDNの会員の皆さんへのメッセージは、私たちにとってはごく普通の経験が、学生たちにとっては通常の授業では得ることのできない貴重な蓄積となるので、あまり難しく考えず気楽に取り組むといいのではないか、教えることから得る達成感はまた格別である、ということです。
 当面は、試行錯誤を重ねながら進めて生きたいと考えています。2010年度は参加の機会がありませんでした。2011年度にまたご案内します。若者のために貴方の貴重な経験を生かしてください。
【リーダー:羽澄 勝さん  サブリーダー:武田康男さん】

TOPへ

*************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C−PAK

■定例会の速報
1月13日(木)の14時から定例会を開催し、終了後に新年会を開催しました。
内容については次号で報告します。
・日時:1月13日(木) 14時から16時
・場所:高齢協センター2F
・講師:利光 信爾さん
・テーマ:「同好会活動にパソコンを取り入れまず一歩、そして6年目を迎えて改革の二歩目」

幹事:巳城雅康 miki-m87@nifty.com

C−PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

*************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

TOPへ

*************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります。
 入会金は正会員が1万円、賛助会員が千円です。
 年会費は、正会員が年間一口1万円、賛助会員が一口千円です。
 (年の途中で正会員入会さされる場合は割引があります。)
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03−3358−1958

TOPへ

*************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■四谷ひろばパソコン教室のWebサイト
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用してより楽しく、生き生きとした生活を送るお手伝いをします。
 シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ30数名の講師アシスタントが、地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。
講座の内容を下記で紹介しています。
http://yotsuya-pc.web.officelive.com/

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

*************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■たかお会57回の活動計画の案内〜スキーと温泉入浴ゆっくり旅・南会津〜

今回は
南会津でスキーと温泉入浴ゆっくり旅を企画しました。

現在の計画では車2台で11人の定員です。
先着順の受付となりますのでご希望の方は早急にお申し込みください。
希望者には電車利用などもご案内したします。
ふるってご参加ください。

・実施期日:平成23年2月24日(木曜日)〜26日(土曜日) 2泊3日
・集合場所・集合時間:
  西野車7名:24日 JR新宿駅西口地下ロータリーTAXI 乗り場付近 7時00分
  東川車4名:24日 大宮駅西口 7時30分
・スキー場:会津高原 たかつえスキー場
・宿泊場所:芝浦工業大学 会津高原高杖セミナーハウス
・参加申し込み締切日:1月末日までに下記アドレスへ申し込み下さい
  幹事宛メールアドレス:idn-takaokai-owner@yahoogroups.jp
・参加費:1,000 円 当日幹事に納めてください

*たかお会第57回活動スキーツアーの担当幹事は西野さんです

開催案内の詳細はこちらをご覧ください

■たかお会56回の活動の速報:新春・谷中七福神めぐり
 2011年の最初のたかお会をふれあい充電講演会と共同開催で実施しました。36名もの参加者があり、3班に分けてJP田端駅から上野までの間に七福神に詣でました。懇親会の席上で、今年度のたかお会の計画と運営体制について東川征夫さん(総務幹事)より説明がありました。
 開催概要については、ふれあい充電講演会の欄をご覧ください。

TOPへ

*10********************************************************************************************
IDNゴルフ会

第14回 IDNゴルフ会コンペの予告
次回は2011年3月24日(木)に東京湾カントリークラブで開催します。
間もなく、詳細の案内をいたします。ご予定ください。

IDNゴルフ会のホームページをご覧ください
IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11********************************************************************************************
ふれあい広場

■「ふれあい広場」について

皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。

TOPへ

*12**********************************************************************************************
編集後記

■東博へ初もうで
 2011年の新春に東京国立博物館へ行った。東博では1階工芸展示室の改装を中心とした《本館リニューアル》を終了し、昨年の暮れから、リニューアルを記念して、所蔵作品のなかから選りすぐりの名品を期間限定で公開している。これを機会に従来の《平常展》の名称を《総合文化展》と改め、《トーハク》というネーミングも使い、若い層へのアピールを試みている。
 今回は東博が所有している国宝もいくつか展示されており、見ごたえのある企画となっている。展示されているものから、いくつかを紹介する。なお作品の解説は、チラシ、東京国立博物館ニュース、ホームページ、作品横の解説などから要約した。

 
雪舟等楊筆 秋冬山水図(国宝)


古今和歌集(元永本)(国宝)


狩野永徳筆 檜図屏風(国宝)


尾形光琳筆 風神雷神図屏風 重要文化財 



葛飾北斎筆 冨獄三十六景 神奈川沖波裏

秋冬山水図(国宝) 雪舟等楊筆 室町時代
 中央の階段を上がって2階の右方向の奥にある2室は、通常も国宝が展示されるコーナーである。ここには雪舟筆 《秋冬山水図(国宝)》が展示されている。
 向かって右が秋景、左が冬景。どちらも下から上へと見てゆくと、近いものから遠いものへ、モチーフを順にたどってゆくことができ、小画面にもかかわらず、岩山が幾重にも重なる、広大な奥深い空間を見る。
 室町時代の水墨画を代表する画家、雪舟(1420〜1506?)の山水画は、空間構成のスケールが大きく、雪舟以前の山水画には見られない堅固で理知的な構築性を強く感じさせる。

古今和歌集(元永本)(国宝) 平安時代 三井高大氏寄贈
 2階の第3室には、《古今和歌集(元永本)上帖》がある。《古今和歌集》の仮名序から巻第二十まで、すべてが揃っている現存最古の遺品。美麗な文様を雲母(きら)あるいは空摺(からず)りし、その裏面には金銀箔を撒いた紫、黄、赤、茶、緑、白などの和製唐紙を用いている。さらにこれらの色の配合を考えて組み合わせた豪華な綴葉装(てつようそう)の冊子本で、もとの体裁をほぼ伝えている。
 散らし書きに技巧を尽くした筆者は、《巻子本古今和歌集》など、一群の名筆を残しており、藤原行成の曾孫定実とする説が有力。

 右奥のコーナーにある4室(茶の美術)を左に曲がると、5・6室は武士の装いのゾーンになる。ここでは、《白糸威鎧(しろいとおどしのよろい:重要文化財)》や《色々糸威腹巻(いろいろいとおどしのはらまき)》を見る。
 さらに進んで、左へ曲がるコーナーは第7室。ここには《源氏物語屏風(初音・若菜上)》と《檜図屏風》が展示されている。

檜図屏風(国宝) 狩野永徳筆 安土桃山時代
 この屏風は、天正18年(1590)に落成した八条宮(後の桂宮家)邸を飾った襖絵だったとされている。桃山絵画における代表的画人の狩野永徳(1543〜1590)の最晩年作と考えられている。
 金箔地の大地と雲を背にした檜の大樹は、幹をうねらせ、大枝を振りかざし、枝先はまるで爪を立てるかのよう。この豪放な形態と濃密な色彩は、檜の力強い生命力となって、当時の美意識を余すところなく体現している。

風神雷神図屏風(重要文化財) 尾形光琳筆 江戸時代
 天空を疾走する風神と、雷鳴を轟かせる雷神。二神は仏教では風雨を司り、仏法を守る役割をもつ。
 左右の2つの画面に配置された二神の視線は互いに交錯し、対照的に配置される。墨であらわされた雨雲からは、今にも雷が鳴り、強風が吹き荒れるかのよう。
 2つのモチーフが対照的に配置される理知的な画面構成は、晩年の代表作「紅白梅図屏風」に結実されるが、この作品においても光琳絵画の造形的特質が鮮明にあらわれている。

四つの風神雷神図
 2008年10月から11月にかけて、尾形光琳生誕350年記念《大琳派展〜継承と変遷〜》が東博の平成館で開催された。
 ここでは、光琳の国宝《蕪子花屏風(根津美術館蔵)》なども展示された。風神雷神については、俵屋宗達の国宝、尾形光琳の重要文化財、酒井抱一に加えて鈴木基一が襖に描いた《風神雷神図》の4つが一堂に会する面白い試みだった。

 俵屋宗達の代表作として名高い《風神雷神図屏風(2曲1双・紙本金地着色、各154.5×169.8cm)》は、元々は京都の豪商・打陀公軌(うだきんのり/糸屋十右衛門)が建仁寺派である妙光寺再興の記念に俵屋宗達に製作を依頼したもの。17世紀前半寛政期、宗達最晩年の作とする説が有力。

 酒井抱一の《風神雷神図屏風(2曲1双・紙本金地着色 出光美術館蔵)》は、文政4年(1821)頃の作。酒井抱一は光琳の模写をさらに模した画を描いたが、宗達の画を知らず、光琳の画が模写でなく独自に描かれたものとして考えていたとのこと。

 抱一の弟子鈴木其一が描いた《風神雷神図襖(絹本着色、全八面、東京富士美術館蔵)》は、模写というより《風神雷神》という題材を借りてきたものと考えられている。

葛飾北斎筆 冨獄三十六景 江戸時代
 10室には、葛飾北斎の《冨獄三十六景》が展示されている。北斎はシリーズ46枚に富士山の表情を様々に描き分けた。今回はその中から22枚が展示されている。《神奈川沖波裏》、《東都浅草本願寺》、《凱風快晴(赤富士)》など、なつかしいものだが、いつみても飽きない。

エピローグ
 俵屋宗達の《風神雷神図屏風》は、妙光寺から建仁寺に寄贈され、原本は京都国立博物館に寄託されており、複製の屏風および陶板が建仁寺にある。私は2008年の秋に、建仁寺法堂にある天井画《双龍図(小泉淳作 筆)》を見に行った時にこの複製を見たことがある。同じ年の秋に4つの《風神雷神図》を、東博で見ている。

 宗達に対して光琳の絵の違いは、屏風全体の寸法が若干大きい(宗達画は各154.5x169.8cm、光琳画は各166.0x183.0cm)、風神雷神の姿の全体像が画面に入るように配置されている、風神雷神の大きさは同じであるが光琳のの方が相対的に小さく見える、光琳は枠を意識しそこに綺麗に収まるよう計算している、両神がお互いを見るように視線が交差している(宗達の画では、両神の視線が下界に向けられている)、両神の顔がやや柔和な印象を受け卑俗な擬人化がより進んでいる、輪郭線や雲の墨が濃くなり二神の動きを抑える働きをしている、という意味の解説がウィキペディアに書かれている。【生部 圭助】

宗達と光琳の屏風の比較や、《風神雷神図》に関連する拡大写真を、こちらからご覧になれます。

編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03−3358−1958
・Eメール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◇◆◇