TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メルマガ IDN 【第209号】
Inter Depending Network


新年おめでとうございます


2011年 1月 1日発行

IDNのTOPへ
****************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*****************************************************************************************
《第209号のご案内》
 新年のご挨拶
 お知らせとお願い
  =SNF21 in 東京 2011 のスタッフ募集とフォーラムへの参加登録
 IDNだより
  =IDNの最近の活動状況を紹介します
 1.ふれあい充電講演会
  =第101回ふれあい充電講演会の案内:新春・谷中七福神めぐり
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第83期の開催案内
  =第82期受講生の受講感想
 4.IDNパソコンひろば
  =2011年1月の初心者向け講座の案内
  =第15回(12月18日)パソコン交流会の速報
 5.キャリア学習推進プロジェクト
  =出前授業への参加のお誘い
 6.千葉アドバイザーの会「C−PAK」
  =次回(1月13日)の定例会の案内
 7.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 8.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 9.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =四谷ひろばパソコン教室のWebサイト
10.アウトドアクラブ「たかお会」
  =たかお会(56回)共同開催の案内
11.IDNゴルフ会
  =第14回(3月24日)IDNゴルフ会コンペの予告
12.ふれあい広場
  =村井博美さん:ホームページを印刷する(再掲)
編集後記
  =神社仏閣の手水舎と龍
**************************************************************************************************
IDNだより

IDNの最新の活動状況を紹介します
SNF21 in 東京 2011
          のお知らせ
2011年2月17日(木)と18日(金)に《SNF21 in 東京 2011》が開催されます
運営の協力スタッフを募集しています。スタッフの方もフォーラムへの参加登録をしてください
ふれあい充電講演会
第101回を1月10日に開催します
2011年の初回は、たかお会と合同で谷中の《七福神めぐり》です
シニア情報生活
 アドバイザー養成講座
これまでに76回(82期まで)の講座を開催し、298名のアドバイザーが誕生しました
第83期は1月8日に開講します。
IDNパソコンひろば
(四谷ひろばパソコン教室)
四谷ひろばでの講座では3年目を実施中。毎月約50〜60人の方が受講されています
講師とアシスタントの登録者が30名を越しました。2011年1月の講座を案内しています
IDNパソコンひろば
   (パソコン交流会)
第15回を12月18日に開催。テーマはIE9やLiveエッセンシャルのことなど意見交換でした
参加者の自己紹介なども行い、アドバイザー講座と合同の懇親会を開催しました
キャリア学習推進
       プロジェクト
昨年は出前授業の要請がありませんでした。
2011年度に機会があればご案内します。登壇してみませんか
千葉アドバイザーグループ
  《C−PAK》
次回は1月13日に開催します。講師は利光 信爾さんです。テーマは「同好会活動にパソコンを取り入れまず一歩、そして6年目を迎えて改革の二歩目」です
アウトドアクラブ
  《たかお会》
2011年の最初のたかお会はふれあい充電講演会と共同開催です
2011年1月10日(月曜日)に
谷中の《七福神めぐり》を実施します
アウトドアクラブ
  《IDNゴルフ会》
次回は2011年3月24日(木)に東京湾カントリークラブで開催します。
間もなく、詳細の案内をいたします。ご予定ください。
ホームページ・ブログ・
     ツィッターの紹介
会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました
四谷ひろばパソコン教室のWebサイトの案内をしています
ふれあい広場 ホームページの印刷方法について紹介します。紹介者は村井博美さん。
全4回分を一挙に案内(再掲)しています。

TOPへ

***************************************************************************************************

新年のご挨拶
 新年あけましておめでとうございます。皆様にとって、またIDNにとって2011年が良い年になりますように祈念いたします。
 昨年の2月にはにIDNの創立10周年を迎えることができました。3月には記念総会を、秋には、《IDN秋の集い2010》開催し、たくさんの方とお会いすることができました。これも創始者たちの志を継承し、運営には新機軸をと努力してきた会員各位のご協力の賜物と思います。年頭にあたり、あらためてお礼申し上げます。

 平成22年(2010)12月現在の会員数とその内訳は下記のとおりです。
  会員数:152名(正会員69名、賛助会員83名)
  会員の中でのアドバイザー数:131名(正会員61名、賛助会員70名)

 IDNの講座でアドバイザーの認定を受けて、入会されていない方々を加えて、300名を超す方がIDNのお仲間ということになります。会員の構成も、アドバイザーの比率が86%と昨年より増加し、今日では、ICTに関する活動が大きな比重を占めております。

 IDNの主な事業のひとつである、シニア情報生活アドバイザー講座が82期を終え、認定を受けられた方の累計が298名になりました。全国に100以上ある養成講座実施団体の中で、養成者数においてトップの位置を占めています。
 2009年6月に発足した《パソコン交流会》もアドバイザーの方々の意欲と協力により活発な活動が続いており、すでに14回が開催されました。

 2008年4月より、アドバイザーの皆様のご苦労により、四谷ひろばパソコン教室において、初心者向けのパソコン教室を開催することができました。2008年4月から昨年末までに約1,400名が受講されました。延べ人数ではこの人数の約4倍になります。
 おかげさまで、IDNとしての当初の狙いだった、アドバイザーの活動の場の提供、IDN事業機会の増大を実現しています。また、地域交流と地域貢献などの成果を達成しつつあり、地域住民よりの評価もたかまってきております。

 《ふれあい充電講演会》は、設立当初から継続し2010年には100回を数え、多彩な講師をお迎えし、参加者との交流を深めました。
 2003に発足した「アウトドア活動」は、たかお会に69名が会員登録され、55回のハイキングや登山などを開催しました。《ゴルフ会》は3年間で13回計画し、11回を実施しました。

 IDNは、2011年2月に実施する《シニアネットフォーラム21 in 東京2011》での企画・運営の仕事をニューメディア開発協会より受託し、有志の方々の運営スタッフとしてのご協力を得て、成功裏に役目を果たしたいと願っております。

 2011年は、IDNが創立10周年を経て、新たな気持ちで次の飛躍に向けて新たな一歩を踏み出す年にしたいと思います。皆様のIDNに対する変わらないご愛顧とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。【生部 圭助】

TOPへ
0a
お知らせとお願い
SNF21 in 東京 2011 のスタッフ募集とフォーラムへの参加登録のお願い

◆スタッフの募集

シニアネットフォーラム21 開催風景(2009年)

 すでにお知らせしておりますように《シニアネットフォーラム21 in 東京 2011》が2011年2月17日(木)と18日(金)に日本青年館で開催されます。このフォーラムでは、全体の企画と当日の運営を、IDNが担当しますので、多数の方のご協力をいただきたくご案内いたします。

ご協力いただきたい内容は下記のとおりです。
 ・事前準備(会場の下見など)
 ・2月16日 夕(資料の準備など)
 ・2月17日 終日 午前 午後
 ・2月18日 終日 午前 午後
 ・終了後のまとめ作業(報告書の作成など)
詳細は《運営ご協力のお願い》をご覧ください。

ご協力いただける方は下記までご回答くださいますようお願いいたします。
メール送信先(長谷川久之):doragon_tail@hotmail.com

◆フォーラムへの参加登録
スタッフとしてご協力される方も、必ず、フォーラムへの参加登録をお願いします。
フォーラムの詳細と参加申し込み(登録)方法は、下記で案内いたしております。
http://npo-idn.com/snf21-2011tokyo/annai/

 シニアネットの活動10年目の節目をむかえるにあたり、「シニアネット・さらなる飛躍を目指して」と題してフォーラムを開催し、シニアネットのより一層の普及と活性化を図ります。シニア情報生活アドバイザーの方々にとっても魅力的なプログラムを準備いたしております。スタッフとして活動される方もできるだけフォーラムに参加できる運営をしたいと考えています。
【生部 圭助 長谷川 久之】

TOPへ

***************************************************************************************************
ふれあい充電講演会


ふれあい充電講演会(101回)の案内:新春・谷中七福神めぐり
 2011年の最初のふれあい充電講演会は、たかお会と共同開催で実施します。
・実施期日:2011年1月10日(月曜日)

谷中七福神 色紙

       小雨の場合は決行します。
 実施可否は1月9日 PM5時以降、下記たかお会Home Page
  の Top Page上段をご覧下さい。実施可否を掲載します。
 URL:http://www.npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
・集合場所:JR田端駅 北口改札出口(受付)
・集合時間:午後2時
・コースの概要:JP田端駅午後2時スタート⇒東覚寺(福録寿)⇒青雲寺(恵比寿)⇒修性寺(布袋尊)⇒長安寺(寿老人)⇒天王寺(毘沙門天)⇒護国院(大黒天)⇒弁天堂(弁財天)⇒上野駅
・実歩行時間:1時間30分(所要時間約2時間)
・新年懇親会:午後4時頃より実施します。
・参加申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
・締切日:1月5日(水)
・参加費: IDN会員(500円)・ ビジター(1000円)
・新年懇親会費:2500円(当日幹事に納入してください)
・緊急連絡先:下記の幹事携帯電話へ(急に参加できなくなった場合など必ず連絡下さい。)
 羽澄:080-5385-4412  東川:090-6343-0950 
*連絡事項:傷害保険は契約しませんので怪我をしないよう注意しましょう。
 たかお会員には、23年度運営方針と活動計画(概要)を説明します。

TOPへ

************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■第83期の開催案内
開催時期:2011年 1月 8日(土)〜 2月 5日(土)
会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■第82期受講生の受講感想
田中 佐知子さん
何か勉強したいと思っていた所シニアーアドバイザーの講座の事を知りました。
不安一杯での初受講日、先生方が穏やかで優しく接して頂き不安は直ぐに払拭する事ができました。
学ぶ事の楽しさの再確認、緊張感のある時間を体験、この頃怠っていた自己研鑽、自分を見つめなおす良い機会となる充実した一ヶ月あまりを過ごすことができました。

私の周りにもまだまだパソコンの楽しさを御存知ない方も多数いらっしゃいます。
その様な方に今回学んだ事を少しでもお役に立てる事ができたらと思って下ります。
生部先生はじめ講師の先生方、また同期の高橋さん冨山さん、大変お世話になりました。感謝いたします。

冨山 壽義さん
友人から「シニアがシニアを教える講座」があることを聞き、ネットで調べ78回も養成講座を開いているIDNを知りました。
そしてTV放映されたビデオを見てやってみるかと気楽に応募しました。

受講してみると、初日から使い慣れているはずのPCが他人に教える難しさを実感させられました。
カリキュラムが体系的であったことと、講師・先生方の懇切丁寧なその気にさせてくれるご指導により緊張感を持つことなく楽しい雰囲気で受講できました。
受講仲間の2人とは差があり、そのうえ「ビスタ」は使用したことなく特別に練習機会を与えて頂きました。
幸いにも合格できましたが、とんでもない挑戦をしたものだと自分ながらあきれています。
今後は「シニアのため、地域のため」に、ボランタリー・ライフワークに加えたいと思っています。
今後ともご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。色々と有難うございました

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは
  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。IDNはこれまでに76回(第82期まで)の講座を開催し、298名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

「シニア情報生活アドバイザー」のアシスタントを募集しています。下記へ申し込んでください。
idn@npo-idn.com

TOPへ

*************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2010年12月の初心者向け講座を実施しています
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用してより楽しく、生き生きとした生活を送るお手伝いをします。シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ30数名の講師アシスタントが、地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。

補習講座:講座受講者を対象
 ・ワード入門: 1月29日 10:00−12:00
  ワードの使い方の基本を復習します(文書の体裁、図やテキストボックス)
特別講座:
 ・両手で入力する1月16日、23日(日)午前
  
入門講座。両手を使い文字を正確に入力する練習をします
 ・ネットの活用1:1月15日 14:00−16:00
  ネットショッピングなど、インターネットの便利な使い方を学びます
 ・カメラを楽しむ:1月15日 人形町[実習]。町の風景の撮影
           1月23日午後 [講義]写真の修整など
 ・ブログ・ホームページ(応用):1月14日・21日・28日
  11月、12月に金曜日の講座で行ったブログ・ホームページの応用講座です

日程や講座の内容などの詳細は下記をご覧ください
四谷ひろばパソコン教室のWeb Site:http://yotsuya-pc.web.officelive.com/

■第15回パソコン交流会開催速報
12月18日に第15回パソコン交流会を開催しました。

第15回パソコン交流会開催風景

今回は話題提供者が現れませんでしたので、私が
 ・IE9Betaの画面表示の概略や使ってみての印象と不具合
 ・パソコン教室で行ったブログ講座に対する
  高齢の受講者の驚くべき反応
などの話をさせて頂いたあと、出席の皆様から、自己紹介や今取り組んでいることなどをお話していただきました。
普段聞けない貴重なお話を伺うことが出来ました。
終了後、アドバイザー養成講座の打ち上げと合同で懇親会を開催し、楽しいひと時を過ごしました。

【開催データ】
・第15回パソコン交流会
・日 時:12月18日(土曜日)午後2時40分〜4時40分
・場 所:四谷ひろば B館2階コミュニティ5
・話題提供:長谷川
・テ ー マ:IE9の話+ブログ講座の話
・参加者:14名

今後の予定
次回は1月末から2月初めのころに開催したいと考えています。
話題を提供していただける方はご連絡ください。

グループ管理者→ mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

今後の話題提供をお願いします
パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。
多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。
また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたいこんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。

交流会のグループページについて
 パソコン交流会ではYahoo!Japanが提供するYahoo!グループのメーリングリストやブリーフケースを利用して、会員間の連絡や情報共有を図っています。
 会員登録をしてメーリングリストからメール配信は受けているけどグループページが見られないという方はご連絡ください。
http://groups.yahoo.co.jp/group/idn-pcex/

グループページにアップしている「01-PC交流会についてVer9.pdf 」を更新しています。
読んだことのない方はご一読をおすすめします

新たに参加ご希望の方へ
 パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。
 メーリングリストに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。会員はグループページにアップさている資料の閲覧が可能となります。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ。

IDN-PC交流会  長谷川久之  
グループ管理者:mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

これまでの活動内容はこちらよりご覧ください

TOPへ

*************************************************************************************************
キャリア学習推進プロジェクト

■出前授業への参加のお誘い再掲
 IDNにおいては発足当時から、会員がこれまでにいろいろな分野で、貴重な経験を積み重ねながら育んできたキャリアを、次世代に継承していくことを通じて、会員の社会貢献と生きがいを見出していくことを活動テーマに考えています。

 経験した方々の感想は、伝授したい自分の経験と知識を、学生達に伝えることが如何に難しいか、しかし彼らの顔が理解した反応に輝いた時は、言い知れぬ達成感が湧き出てくると。

 またIDNの会員の皆さんへのメッセージは、私たちにとってはごく普通の経験が、学生たちにとっては通常の授業では得ることのできない貴重な蓄積となるので、あまり難しく考えず気楽に取り組むといいのではないか、教えることから得る達成感はまた格別である、ということです。
 当面は、試行錯誤を重ねながら進めて生きたいと考えています。2010年度は参加の機会がありませんでした。2011年度にまたご案内します。若者のために貴方の貴重な経験を生かしてください。
【リーダー:羽澄 勝さん  サブリーダー:武田康男さん】

TOPへ

*************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C−PAK

■次回の定例会の案内
・日時:1月13日(木) 14時から16時
・場所:高齢協センター2F
・講師:利光 信爾さん
・テーマ:「同好会活動にパソコンを取り入れまず一歩、そして6年目を迎えて改革の二歩目」

 氏はウクレレを奏でて同好会活動を続けて来られました。活動の中にパソコン技術を取り入れて様々な工夫をされて来られた苦労話をして頂きます。
 6年目を経てマンネリ化に対し改革の試行錯誤上に有るようで会員の皆様からのアイデアなど期待しています。

新年会の案内
 講義終了後、引き続き同会場において、利光さんの作成による、カラオケをテスト飛行しながら、ささやかな新年会を19時頃までを目途に開催します。セルフサービスとなりますので、皆様のご協力お願いします。

幹事:巳城雅康 miki-m87@nifty.com

C−PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

*************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

TOPへ

*************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります。
 入会金は正会員が1万円、賛助会員が千円です。
 年会費は、正会員が年間一口1万円、賛助会員が一口千円です。
 (年の途中で正会員入会さされる場合は割引があります。)
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03−3358−1958

TOPへ

*************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■四谷ひろばパソコン教室のWebサイト
 四谷ひろばパソコン教室はシニアや地域の方々がパソコンやインターネットを活用してより楽しく、生き生きとした生活を送るお手伝いをします。
 シニア情報生活アドバイザーの資格を持つ30数名の講師アシスタントが、地域の方々のために懇切丁寧にご指導します。
講座の内容を下記で紹介しています。
http://yotsuya-pc.web.officelive.com/

自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

*************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■たかお会(56回)共同開催の案内

 2011年の最初のたかお会はふれあい充電講演会はと共同開催で実施します。
・実施期日:2011年1月10日(月曜日)
       小雨の場合は決行します。
       実施可否は1月9日 PM5時以降、下記たかお会Home Page のTop Page上段をご覧下さい。実施可否を掲載します。
       URL:http://www.npo-idn.com/outdoor/outdoor.htm
・集合場所:JR田端駅 北口改札出口(受付)
・集合時間:午後2時(集合時間に遅れないようにしましょう。)
・コースの概要:JP田端駅午後2時スタート⇒東覚寺(福録寿)⇒青雲寺(恵比寿)⇒修性寺(布袋尊)⇒
           長安寺(寿老人)⇒天王寺(毘沙門天)⇒護国院(大黒天)⇒弁天堂(弁財天)⇒上野駅
・実歩行時間:1時間30分(所要時間約2時間)
・新年懇親会:午後4時頃より実施します。
・参加申し込み:idn-kouenkai@npo-idn.com
・締 切 日:1月5日(水)
・参加費: IDN会員(500円)・ ビジター(1000円)
・新年懇親会費:2500円(当日幹事に納入してください)
・緊急連絡先:下記の幹事携帯電話へ(急に参加できなくなった場合など必ず連絡下さい。)
 羽澄:080-5385-4412  東川:090-6343-0950 
*連絡事項:傷害保険は契約しませんので怪我をしないよう注意しましょう。
  たかお会員には、23年度運営方針と活動計画(概要)を説明します。
また、来年度に向けては、たかお会の運営体制を新たにします。

TOPへ

*10********************************************************************************************
IDNゴルフ会

第14回 IDNゴルフ会コンペの予告
次回は2011年3月24日(木)に東京湾カントリークラブで開催します。
間もなく、詳細の案内をいたします。ご予定ください。

IDNゴルフ会のホームページをご覧ください
IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます

TOPへ

*11********************************************************************************************
ふれあい広場

■村井博美さん:ホームページを印刷する(再掲)
 ホームページを印刷し保存する機会は多いかと思います。皆さんも何とか目的の印刷をされていても、アドバイザーとして正確に教えてあげることが出来ておられるでしょうか?
 ホームページを印刷すると、必要なのは1ページだけなのに3ページ印刷されたり、最後のページに2〜3行しか印刷されなかったり、いろいろと不便なことがあります。
今回は(1)から(4)までまとめて前号を再掲します。
 (1)最初のページ(1ページ目)だけを印刷する
 (2)選んだ範囲のページ(〇〇ページ〜△△ページ)を印刷する
 (3)選んだ部分だけを印刷する
 (4)用紙にぴったりおさまるように印刷する

■「ふれあい広場」について

皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
自由に投稿して下さい。お待ちしています。

TOPへ

*12**********************************************************************************************
編集後記

■神社仏閣の手水舎と龍
 龍に興味を持って、出会った龍と仲間たちを私のホームページ《龍の謂れとかたち》で紹介しており、《手水舎の龍》もその一翼を担っている。新年に神社にお参りに行かれる方も多いので、今回は《手水舎》での作法や、吐水口の役割を担っている龍を紹介する。
 神社や仏閣では、鳥居をくぐったところの参道脇、または社殿の手前に手水舎がある。手水舎は、お参りの前に手を洗い、口をすすいで身を清める場所のことで、《てみずや》または《ちょうずや》」と呼ばれる。


浅草の金龍山浅草寺の八体の龍:東京都台東区


深川不動堂の三体の龍:東京都江東区


本法寺の石造龍吐手水鉢:横浜市港区


法隆寺の南大門から入り、正面の中門と五重塔前にあう手水舎
【写真提供:《ブログ/冬青(そよご)風》の竜馬16さん】


妙法寺の手水舎の龍:東京都杉並区


手水舎の由来と起源
 古来、神社に参拝するときに、近くを流れる川の水や湧き水で手を清めていた。しかし、清流や湧き水が神社や仏閣の近く確保できなくなり、それに代わるものとして境内に手洗場を設けるようになったのが手水舎の起こりといわれている。伊勢神宮を参拝する人々が五十鈴川の御手洗場(みたらし)で身を清めるのはこの名残である。

手水舎での作法
 手水舎でどのようにして手を洗い、口をすすいで身を清めるか、迷うところであるが、手水舎に案内版があればそれに従えばいい。しかし、実際に参拝客の様子を見ていると、作法を守っている人は少ない。

手水舎での作法を以下に示す。
・右手で柄杓の柄を持ち、一回で手水(ちょうず)を掬う
・左手を洗い清める
・柄を左手に持ち替え、右手を洗い清める
・再び右手に柄を持ち替え、水を左手の中に溜め、口をすすぐ
・もう一度、左手を清める
・最後に柄杓の柄を下方に立てるようにし、清水を流し柄杓をすすぐ

 口をすすぐ時には、柄杓に口をつけないようにするがマナーだが、実際には柄杓を直接口に運び水を含む人が意外に多いが、これは作法違反である。

手水舎
 多くの手水舎は、四方転びの柱が用いられ、四方が解放されており、その中に水盤が据えられている。水盤は通常、石材のものが多いが、鉄や木などを用いたものもある。

 《龍》に着目してみると、吐水口に龍が多く用いられているが、成田山新勝寺のように、水盤の側面に龍の彫刻を施しているものもある。

手水舎の龍
 手水舎に置かれている龍は、一体が独立しておかれているものが最も多いが、豊川稲荷(東京都港区元赤坂)の手水舎の龍のように二体の龍が絡み合っているもの、龍の数が多数のものなど、種類は多い。

浅草の金龍山浅草寺:東京都台東区
 金龍山浅草寺の手水舎では、円形の水盤に8体の龍が配されており、8名が同時にお浄めをすることができる。これまでに出会った手水舎の中では最も規模が大きく、龍の数が多い。

 浅草寺の手水舎では円形の水盤の中央に、高村光雲作の沙竭羅竜王像(さからりゅうおうぞう 明治36年奉安)が置かれており、像に龍が巻きついて、頭上に龍の頭がある。
 この手水舎では、建物の天井に立派な龍の絵が描かれている。

深川不動堂:東京都江東区
 深川不動堂の本堂の前の左側に《深川龍神》が祀られており、そのそばに手水舎がある。ここでは独立した3体の龍が並んでおり、三体の龍の口より水が注がれている。

本法寺の石造龍吐手水鉢:横浜市港区
 手水舎の龍は、銅の鋳型で成形されているものが大半であるが、石に刻まれた龍もあり、手水舎の龍を求めているものにとっては、珍しい部類に属する。

 本法寺の《石造龍吐手水鉢》は、水穴にわだかまる龍と、側面に胴体を絡ませて首をもたげる龍の2体の龍と鉢を一石彫成したものである。上方の龍の胴体に管孔を通して龍口から水を吐く構造になっている。

 巨石材を用いた一石彫成の手水鉢は、意匠性にすぐれ、伝統的石彫技術を誇る近代石造物として横浜市指定有形文化財(石造建造物)となっている。石工は、名工の誉れ高い内藤慶雲(溝ノ口)と松原祐太郎である。

 石に刻まれた龍の例としては、平安神宮の大鳥居をくぐって、應天門(神門)を抜けたところに、白虎(西側)と対に置かれている蒼龍(東側)がある。

 井の頭公園(東京都武蔵野市御殿山)の井の頭弁財天の本堂の裏手には、銭洗い弁天の石の龍がある。

一体型の珍しい龍
 最も標準的な一体型の龍にも工夫を凝らしたものがある。法隆寺の南大門から入ると正面の中門と五重塔前に手水舎がある。これは、存在感のある立派な龍である。

 最近出会った妙法寺(東京都杉並区)の手水舎の龍は銅製としては形も大きく、凝った作りになっている。
 天明2年(1785年)日研上人が渇水のために掘った井戸が、未だに枯れることなく清水をたたえている。妙法寺の水屋とされる所以もここにあり、《天明の水》と呼ばれている。

ハイテクでエコな手水舎
 手水舎の中でも珍しいものがある。普段は龍の口から吐水していないが、人が近づくと吐水するものがある。
 東京大神宮(東京都千代田区)のアプローチの石段をあがって、鳥居のまえの右側に手水舎がある。手水舎の龍の水吐口は何の変哲もないが、正面に立つと龍の口より水が出る。センサーを利用して、送水弁を操作するものである。
 このような仕掛けの手水舎を大円寺(東京都目黒区)でも見た。私が出会ったのはこの2例のみであるが、ほかにもあるのだろうか。

エピローグ
 《龍の謂れとかたち》で、出会った龍と仲間たち紹介しているが、《手水舎の龍》についても、20例ほどになった。時間がなくて作業ができず、年末と年始にアップを予定しているものが数例ある。

 今回紹介している法隆寺の手水舎の龍は、《竜馬16さんのブログ/冬青(そよご)風》で写真を見つけて、ご本人の了解をいただいて掲載した。竜馬16さんは、自分のブログにある東大寺の二月堂の手水舎の宝珠を銜えた立派な龍の写真も紹介してくれた。
 このように、最近では龍情報を教えてもらったり、龍グッズのお土産をいただくことも多くなった。ホームページにアップするためには、それなりの作業が必要で、そのための時間が不足していて思うに任せない実情にある。【生部圭助】

それぞれの手水舎の龍については、龍の謂れとかたちの《030 手水舎》よりご覧ください
編集後記集へ
TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03−3358−1958
・Eメール :idn@npo-idn.com
 *連絡をして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◇◆◇