TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メルマガ IDN 【第196号】
Inter Depending Network


2010年 6月15日発行

IDNのTOPへ
****************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*****************************************************************************************
《第196号のご案内》
 IDNだより
  =IDNの最近の活動状況を紹介します
 1.ふれあい充電講演会
  =第96回(5月10日)の案内:史跡散策〜築地編〜
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =第79期の開催案内
 4.IDNパソコンひろば
  =2010年6月の初心者向けの講座の開催予定
  =第10回(6月6日)パソコン交流会の速報
  =第11回・12回の予告
 5.キャリア学習推進プロジェクト
  =出前授業への参加のお誘い
 6.千葉アドバイザーの会「C−PAK」
  =6月の勉強会の報告
  =7月の勉強会の予告
 7.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
 8.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 9.会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介
  =千葉アドバイザーグループ C−PAK のホームページ
10.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第49回活動報告:名真鶴半島植物観察ハイキング
  =第50回活動計画:大宮盆栽美術館見学と滝村さんの感謝会
11.IDNゴルフ会
  =次回(第11回)は6月17日(木)に開催 会場は東京湾CC
12.ふれあい広場
  =近況報告:大村 久吉さん(アドバイザー第22期)
編集後記
 =龍のコンサート三昧2010 
   【その6】ベルリン・フィルのコンサートで『ヴェルディのレクイエム』を聴く
**************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します。
ふれあい充電講演会 第96回(6月25日)は《史跡散策〜築地編〜》です
近代学問発祥の地と旧外人居留区としての築地に焦点を当ててみました
シニア情報生活
 アドバイザー養成講座
第77期を終了。卒業した方が283名になりました
第78期が6月12日に終了。第79期を6月26日に開始します
IDNパソコンひろば
(四谷ひろばパソコン教室)
四谷ひろばでの講座では3年目に入り、毎月約50〜60人の方が受講されています
6月に特別講座(WORD中級コース)を開始しました
IDNパソコンひろば
   (パソコン交流会)
第10回は6月6日(日)に開催しました。話題提供は鈴木友里さんと長谷川久之さん
第11回は7月11日に開催。話題提供は安田英人さんです
キャリア学習推進
       プロジェクト
2009年は、羽澄 勝さんと平田 信一さんが出前授業を行いました
本年も出前授業の機会があればご案内します。登壇してみませんか
千葉アドバイザーグループ
  《C−PAK》
月例会を6月10日(木)に開催。講師は巳城 雅康さんでした
次回は7月8日に開催予定。講師は大村 久吉さんです
アウトドアクラブ
  《たかお会》
第49回は、6月3日に《名真鶴半島植物観察ハイキング》を開催しまsita
第50回は7月7日に《大宮盆栽美術館見学と滝村さんの感謝会》を開催します
アウトドアクラブ
  《IDNゴルフ会》
次回は6月17日(木)に東京湾CCで開催します。
まだ、駆け込みの申し込みを受け付けます
ホームページ・ブログ・
     ツィッターの紹介
会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。C−PAKのページが、自主運営することになりました
ふれあい広場
   近況報告
今回はC−PAKの大村 久吉さん(アドバイザー第22期)が登場します
ボランティア活動やパソコン関係の活動状況について紹介しています

TOPへ

***************************************************************************************************
ふれあい充電講演会


■第96回(6月25日)の案内:史跡散策〜築地編〜
近代学問発祥の地と旧外人居留区としての築地に焦点を当ててみました。
築地といえば築地魚市場。今や外国人観光客の超人気スポットになっています。
しかしながら、知る人ぞ知る築地は江戸末期の開港前夜の欧米人居留地であり、
西欧学問が芽生えた地です。
今回は、福沢諭吉の『学問のすすめ』や国を思う新進日本人と欧米人の、
打々発止の江戸末期・明治の場面に思いをはせながら、散策することを企画しました。

福沢諭吉開塾と杉田玄白

カトリック築地教会聖堂
・開催日時:6月25日(金)13:30-16:00
・テーマ:史跡散策〜築地編〜
・案内:羽澄 勝
・集合:地下鉄日比谷線築地駅1番出口(陸上)
     13:30(時間厳守)
・会費:会員500円  (ビジター1,000円)
    (懇親会費2,500円)     
・申し込み(アドレス変更):idn-kouenkai@npo-idn.com
・締めきり:6月22日(火)
・散策ルート:
地下鉄築地駅集合⇒東本願寺⇒浮世絵に見る外人居留区⇒橋の資料館⇒
 隅田川河畔散策⇒シーボルト像⇒郷土資料室『築地小劇場の軌跡』⇒ 明石町外人居留区と学問発祥の地

今回の当日コーディネーター:羽澄勝です 
緊急連絡:080-5385-4412(羽澄携帯へ)

TOPへ

************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■第79期の開催案内

開催時期:2010年 6月26日(土)−7月24日(土)
会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは
  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。IDNはこれまでに72回(77期まで)の講座を開催し、283名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

*************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2010年6月の初心者向け講座の開催予定
パソコン入門
 ・はじめてのパソコン:6月9日より毎週水曜日午前
 ・はじめてのインターネットとメール:毎週月曜日午前
ステップアップ講座:初心者向けの講座を受講された方を対象にした講座
 ・ワード&エクセルのステップアップ講座(基礎講座を終えた方)
  火曜日の午後・水曜日の午後・金曜日の午前と午後
補習講座:講座受講者を対象
 ・日本語入力 6月19日10:00−12:00
 ・電子メールの使い方 6月19日14:00−16:00
講座復習:講座受講者を対象 参加無料
 ・なんでも相談:6月13日(日) 14時〜16時
特別講座
 ・カメラを楽しむ〜懐かしの都電〜:6月5日(実習) 6月27日(講義)

日程や講座の内容などの詳細はこちらをご覧ください

■第10回パソコン交流会開催速報
6月6日に第10回パソコン交流会を開催しました。
交流会幹事が『Word2007+2010 疑問・弱点解消講座』と銘打ちクイズ形式で行間やインデント、文章変換など、ワードの基本機能や用語の解釈など13問の問題に挑戦して頂きました。
クイズの後は、Office2007と2003の間での文書のやりとりに対する互換性の問題点や、IMEの違いによる文章変換のされ方にの違いに付いて話をさせて頂きました。

第10回パソコン交流会開催状況


【開催データ】
・日 時:6月6日(日曜日)午後2時00分〜4時30分
・場 所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・話題提供:交流会幹事:鈴木友里(62期)長谷川久之(49期)
・テ ー マ:Word2007+2010 疑問・弱点解消講座
・参加者:全17名
(当日使用したデータをグループページにアップしました)

■今後の予定
第11回パソコン交流会
・日 時:7月11日(日曜日)午後2時00分〜4時30分
・場 所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・話題提供:安田英人さん(AD講座71期)
・テーマ:『インターネットで簡単にパソコン資産を見える化するツール』ご紹介
・会 費:500円

第12回パソコン交流会
・日 時:9月12日(日曜日)午後2時00分〜4時30分
・場 所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム

今後の話題提供をお願いします
パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。
多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。
また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたい、こんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。
【IDN-PC交流会 長谷川久之】
idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

新たに参加ご希望の方へ

パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。
メーリングリストに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。会員はグループページにアップさている資料の閲覧が可能となります。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ
mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

TOPへ

*************************************************************************************************
キャリア学習推進プロジェクト

■出前授業への参加のお誘い再掲
 IDNにおいては発足当時から、会員がこれまでにいろいろな分野で、貴重な経験を積み重ねながら育んできたキャリアを、次世代に継承していくことを通じて、会員の社会貢献と生きがいを見出していくことを活動テーマに考えています。

 経験した方々の感想は、伝授したい自分の経験と知識を、学生達に伝えることが如何に難しいか、しかし彼らの顔が理解した反応に輝いた時は、言い知れぬ達成感が湧き出てくると。

 またIDNの会員の皆さんへのメッセージは、私たちにとってはごく普通の経験が、学生たちにとっては通常の授業では得ることのできない貴重な蓄積となるので、あまり難しく考えず気楽に取り組むといいのではないか、教えることから得る達成感はまた格別である、ということです。
 当面は、試行錯誤を重ねながら進めて生きたいと考えています。09年度は、若者のために貴方の貴重な経験を生かしてください。
【リーダー:羽澄 勝さん  サブリーダー:武田康男さん】

TOPへ

*************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C−PAK 

■月例会報告
・日 時:平成22年6月10日
・場 所:高齢協佐倉センター2階
・出席者:全10名
・テーマ:グーグルを使って覚える
・講 師:巳城雅康さん

日経PC21(3月号)掲載のグーグル講座を参考にしてグーグルマップとグーグルアースの機能を披露
グーグルマップは定期的に更新されるため常に最新で、住所や駅名などで検索するだけと簡単。地図の拡大や縮小、移動も自在でページをまたがることもなく、目的地とその周辺地域を確認できる。
また目的地周辺の施設や観光スポットを調べられる「周辺情報検索」や目的地までの道順を、交通手段別に案内する「経路検索」を実践。
経路検索を使って最寄の駅から自宅までの経路案内をストリートビュウを取り入れて作り、メールで送ったものを披露。
グーグルアースを使って世界何処でもリアルタイムに近いマップを見れる事を披露。
その他星座や惑星を覗いたり、世界の観光スポットを見れることを披露しようと試みたが未だ操作技術未熟なため不完全燃焼になったことはいささか残念。

ニュース
土屋氏の紹介でIDN76期生の芦田秀寿氏が御試し参加され自己紹介された。(西船橋在住)
大村氏より来月の定例会に病気療養中の橋本氏が参加される可能性があるとの報告がありました。
一年振りとなり楽しみです。
【レポート:巳城雅康さん】

■次回予定
・日 時:7月8日(水) 14時から16時です。
・場 所:高齢協佐倉センター2階
・講 師:大村さん
・テーマ: 未定

C−PAKのホームページはこちらからご覧ください
TOPへ

*************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

TOPへ

*************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか、目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と、入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは、やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で、総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し、活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります。
 入会金は正会員が1万円、賛助会員が千円です。
 年会費は、正会員が年間一口1万円、賛助会員が一口千円です。
 (年の途中で正会員入会さされる場合は割引があります。)
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03−3358−1958

TOPへ

*************************************************************************************************
会員のホームページ・ブログ・ツィッターの紹介

■千葉アドバイザーグループ C−PAK のホームページ
C−PAKのホームページを自主管理することになり、山下正夫さんが担当することになりました。
トップページと内容の構成が変更になりました。
http://www.npo-idn.com/c-pak/chiba-c-pak.htm

■自薦・他薦をお願いします

 ホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
 会員のホームページ・ブログ・ツィッターを紹介するコーナーを設けました。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したURLをIDNのホームページでも紹介します。
 最近の更新内容のある方は、再度取り上げます。ご遠慮なくどうぞ。

申し込み先:idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

*************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第49回活動報告:名真鶴半島植物観察ハイキング
たかお会第49回活動は、6月3日(木曜日)に「真鶴半島植物観察ハイキング」を実施しました。
この日は、天候に恵まれ朝から快晴で、午前10時JR真鶴駅に集合しバスで石の広場まで行きました。
この広場でミーティング、新会員の深井さんや久しぶり参加の方の紹介があり、講師の宮本森林インストラクターから、半島の歴史やコースの概要・森林浴の効能などのお話を聞き、観察ハイキングに入りました。

石の広場から森林浴遊歩道・灯明山⇒赤壁近くの車道⇒お林遊歩道に少し入り番場浦へ、この間宮本講師からは、楠木や青木や珍しい植物の話、イヌビワとイヌビワコバチの共生など、有意義なお話を聞く事が出来ました。
番場浦では太平洋と三ッ石を望む岩棚で昼食、(おにぎりがなんと旨い事か)番場浦から潮騒遊歩道⇒真鶴岬・対石近くの海岸で【ウメボシイソギンチャク】を観察(ホームページのアルバムに掲載)しました。

岬に戻り海岸線の遊歩道を歩き、途中貴船神社に参拝し、魚市場二階の町営食堂で恒例の反省会、生ビールとお刺身が美味しかった。
今回は19名の方が参加しました。多分2万歩は歩いているでしょう。
アルバムとスライドショー(動画)はたかお会のホームページに掲載してますのご覧下さい。


■第50回活動計画:大宮盆栽美術館見学と滝村さんの感謝会
盆栽美術館
さいたま市が盆栽文化の拠点施設として整備していた、大宮盆栽美術館が3月28日にオープンしました。 世界初の公設盆栽美術館として、盆栽の数々を展示しており、盆栽の世界とその美しさに触れることが出来ます。(行動時間は見学時間も入れて3時間程度です)
・実施月日:2010 年7月7 日(水曜日)
 雨天の場合でも実施します。(梅雨期ですので傘は必ず持参下さい。)
・集合場所:JR 土呂駅(宇都宮線)東口 (大宮の次の駅です)
・集合時間:午後1時 (昼食は済ませて来て下さい)
・コースの概要
 土呂駅 ⇒ 大宮盆栽美術館 ⇒ 盆栽村 ⇒ 大宮公園 ⇒氷川神社 ⇒ 大宮駅西口
・持参するもの:雨具・常備薬・保険証(写)・デジカメ(ある人)
・食糧:飲料水・嗜好品
・服装:ハイキングスタイルで・履きなれた靴・帽子・タオル 
・参加費:なし
 盆栽美術館観覧料:一般300 円  65歳以上150円

感謝会
滝村紘一さんは、永年たかお会幹事として、活動計画の立案、実行に携わり、楽しい有意義な活動を提供してくれました。この度、山梨県北杜市に転居されることになりました。永年のご苦労に感謝し感謝会を開きます。ご都合の付く方はご参加下さい。
・場所:いろはにほへと大宮西口店
     ホ−ムリィ5 ビル6F  TEL:048-648-1682
・開始時間:4時半頃から  解散は午後6時半ごろの予定
・懇親会費:男子4,000 円  女子3,500 円

参加申し込み

・締 切 日:6月30日(水)
・参加申込:下記のE−メールにお申し込みください。
       アドレス idn-takaokai-owner@yahoogroups.jp
      1.盆栽美術館・感謝会 両方 参加
      2.感謝会のみ 参加 どちらか明記して下さい。
・緊急連絡先:下記の幹事携帯電話へ
  東川 090-6343-0950   滝村 090-5587-5769

備 考

上野・赤羽から乗車の方は、高崎線に乗車しないよう注意して下さい。宇都宮線は、宇都宮行・小金井行が多いです。
土呂駅は、大宮の次の駅です。

TOPへ

*10***********************************************************************************************
IDNゴルフ会

■次回(第11回)は6月17日(木)に開催 会場は東京湾CC
次回は6月17日(木)には東京湾カントリークラブで開催します。
・開催日:2010年6月17日(木)
・開催場所:東京湾カントリークラブ 
・スタート時間とコース:9時47分 長浦コース
・費用:
 プレー費:9,800円(昼食つき)
 会  費:3,000円(賞品代、表彰式軽食費)    
・参加申し込み
   駆け込みの申し込みを受け付けます
   お問い合わせなども、下記へお願いします。
   IDNゴルフ会:idngolf@yahoogroups.jp

■IDNゴルフ会のホームページをご覧ください
IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、
これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます。

TOPへ

*11***********************************************************************************************
ふれあい広場

■近況報告:大村 久吉さん(アドバイザー第22期)
所属
・千葉パソコンアドバイザーの会(略称:C−PAK)
  会の活動を通じ、認定された「シニア情報生活アドバイザー」の趣旨に則り、
  専ら地域におけるシニアのITリテラシー向上の為のボランティア活動に注力
 ・千葉市生涯学習センター施設ボランティア
  まなびサポーターとして主催講座の企画、運営
  現在継続中の講座は「わかがえり塾」、「千葉市発見」、「デジカメピクニック」など
・Sky-lets(成田空港送迎ボランティア団体)
  主としてスポーツ選手団の送迎支援を行なっている
・千葉県および千葉市国際交流協会語学ボランティア
  イベント通訳、日本語指導なと国際交流支援を行なう

パソコン関係の主な活動
・C−PAK月例会
  年度初めに各月のスピーカー分担を決定、各月のテーマはスピーカーの自由選択
  最近のテーマは「なつかしの昭和時代」、「Letmeinソフト」、「北総菜園HP」、「Googleを遊ぶ」など
・「シニアが楽しむパソコン−その一歩」千葉市生涯学習センター主催シニア向けパソコン入門講座
  5年間に7回実施、平成22年度も引き続き3講座を開講の予定
・千葉市公民館講座
  シニア対象の「ワード」、「エクセル」の入門講座を稲毛区、若葉区の三公民館で6講座を開講
・千葉市幼稚園協会教職員研修
  平成21年度3講座実施。 平成22年度も3期に亘り開講の予定
  テーマは「入門」「ワード」、「エクセル」、「HP」など
・千葉県生涯大学OBパソコンクラブ
  「入門」、「ワード」、「エクセル」の基礎研修
・「パソコン助け合いクラブ」
  地元公民館で月2回自由参加のパソコン研修会を実施

■「ふれあい広場」について

皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
下記のメールアドレスへ自由に投稿して下さい。お待ちしています。
idn-merumaga@npo-idn.com

TOPへ

*12***********************************************************************************************
編集後記

龍のコンサート三昧2010 
 【その6】ベルリン・フィルのコンサートで『ヴェルディのレクイエム』を聴く
 2010年3月13日の1時半頃に、ライプツィヒのト−マス教会の前をバスで出発し、ルート14からルート9を経て、2008年にドレスデンからベルリンへ向かった時と同じところで高速道路をおりて市内に入った。ベルリンの宿であるベルリン・ヒルトンに夕方の4時半頃に到着した。ホテルは、コンチェルトハウス・ベルリンの道路を挟んだ南側に位置している。
 チェックインをして、しばらく休んで、コンチェルトハウス前の広場を散歩して、夕方の6時からホテルで夕食をとり、7時にバスで小雨の中を当夜のコンサート会場である《フィルハーモニー》へ向かった。


ベルリ・フィルの本拠地《フィルハーモニー》 玄関 【撮影:2006年】


ベルリ・フィル
2010年3月のプログラム 

《フィルハーモニー》の客席配置図 
【撮影:2010年】


ヴェルディの《レクイエム》の演奏終了後の挨拶
【写真をクリックすると拡大します】


歓声に応えるヤンソンスと独唱者たち

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、旧西ベルリンにある「フィルハーモニー」に本拠を置くオーケストラ。 設立は1882年5月で、ハンス・フォン・ビューローが初代の常任指揮者となった。歴代の有名な指揮者を下記に示す。

ハンス・フォン・ビューロー(常任指揮者 1887-1892)、アルトゥール・ニキシュ(常任指揮者 1895-1922年)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(常任指揮者 1922年-1954)、ヘルベルト・フォン・カラヤン(終身指揮者・芸術監督1955-1989年) 、クラウディオ・アバド(首席指揮者・芸術監督 1990-2002年) 、サイモン・ラトル(首席指揮者・芸術監督 2002年-)。

 クラウディオ・アバドは前評判の高かったロリン・マゼールを破って就任し、自身の健康面の問題で2002年のシーズン限りで辞任した。後任の最大有力候補はサイモン・ラトルとダニエル・バレンボイムの2人だったが、楽団員による投票によりラトルが常任指揮者に選ばれた。

 今回は、1983年よりコンサートマスターを務め、2008年のバルトビューネの舞台にいた安永徹さんの姿は見えず(2009年2月に退団)、新たにコンサートマスターに就任した樫本大進さんも登場しなかった。

ベルリ・フィルの本拠地《フィルハーモニー》
 《フィルハーモニー》はハンス・シャロウンの設計により1963年10月に完成した、ベルリン・フィルの本拠地となっているコンサート・ホール。
 1986年に完成したサントリーホールと同じ《ワインヤード》形式のホールで、演奏席の背後に260席が配置されており、完成当時はユニークなホールとして注目された。全座席数は2,200席。
 柿落としは、1963年10月15日にカラヤン指揮、ベルリン・フィルの演奏でベートーヴェンの《第九》が演奏された。完成当初の外観は、現在の黄色い外壁の仕上げとは異なっており、サーカスのテントに似ていることから、ベルリンっ子たちは《カラヤンのサーカス小屋》と呼んだ。

 《フィルハーモニー》については、《龍のコンサート三昧2006》の第3回に詳細に紹介しているので興味のある方はご覧いただきたい。

指揮者のマリス・ヤンソンス
 マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)は1943年に生まれのラトビアの指揮者。今回あらためて生年月日を調べたら、中堅の実力派の指揮者だと思っていたのが間違っており、年齢的には円熟の域に入っているいたことがわかった。

 レニングラード・フィルハーモニー交響楽団の指揮者を務めたアルヴィド・ヤンソンスを父としてリガで生まれた。レニングラード音楽院でピアノ、ヴァイオリン、指揮を学んだ後、ウィーン国立音楽アカデミーに留学。

 1971年、カラヤン国際指揮者コンクールで2位の成績に輝く。1973年からムラヴィンスキーの助手として、レニングラード・フィルの副指揮者を務め、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団の首席指揮者を経て、2003年よりバイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任、さらに2004年からはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の常任も務めるようになり、ヤンソンスはふたつのヨーロッパ有数の名門オーケストラの常任指揮者を兼任している。

ヴェルディの《レクイエム》
 レクイエムとは、カトリック典礼に用いられる《死者のためのミサ曲》のこと。
 ヴェルディがレクイエムの作曲を構想するに至ったのは、イタリアの作曲家で敬愛するロッシーニの死去(1868年)が契機となっている。ロッシーニの一周忌に、イタリアを代表する作曲家の共作による《レクイエム》を墓前に捧げたいと画策し、一旦合意が得られて、自分の分担部分を作曲するが、他の12名の作曲は実現しなかった。
 失意の中、ヴェルディは歌劇《アイーダ》の作曲に没頭するが、1873年4月にヴェルディが崇敬する詩人、アレッサンドロ・マンゾーニが不慮の死を遂げたのを悼んで全曲を作曲する。

 マンゾーニの一周忌にあたる1874年5月に《レクイエム》を捧げ、ミラノのサン・マルコ教会で初演が行われた。指揮にはヴェルディが自ら当たり、スカラ座から厳選された120人の合唱団と110人のオーケストラが演奏に当たった。

 ハンス・フォン・ビューローは「これはレクイエムの衣装を纏った、ヴェルディの最も新しいオペラにすぎない」という見解も述べたが、賛辞を贈り、一般に「イタリア・オペラとは相容れない」、と言われていたドイツ系の音楽家の間でも、この作品は極めて高く評価された。

当夜の演奏
 このホールを訪れるのは2回目なので、複雑なアクセスも苦にしないで自分の席を見つけることができた。演奏者たちが入場する時から、この演奏会に対する聴衆の期待の大きさが感じられた。

 ベルリン・フィルで、ヴェルディのレクイエムは過去15年間にアバド(1995年、2001年)とメータ(1997年)だけが指揮しているレパートリーだそうである。
 当夜のヤンソンス指揮の演奏について、現地の新聞批評は全紙が言葉を尽くして絶賛している。 ソリストについても、有名スターではないものの、揃ってトップ・レベルの歌唱を示し、全員が完璧な出来映えを示した充実度満点だったと評している。ヤンソンスがミュンヘンから連れてきバイエル放送合唱団(ヤンソンスはこの合唱団とも密接な関係にある)ついても、「宇宙的な広がりを与えることに成功した」、と讃えている。

エピローグ
 2008年にベルリンへ行った時には、ベルリン・フィルの演奏会場《フィルハーモニー》が火事になって、会場が、野外コンサート会場《ヴァルトビューネ》に変更になった。マウリツォ・ポリーニのピアノの、クラウディオ・アバド指揮、ベルリン・フィルの演奏でベートーベンの《ピアノ協奏曲第四番》を聴くのを楽しみにしていたが果たせなかった。そのことが、今回のコンサートツアーに行こうと思った理由のひとつだったが、今回は無事に目的を達することが出来た。

 演奏会の満足度を、演奏曲目、オーケストラ、指揮者、独奏者、演奏の出来、ホールの雰囲気、音響、席の位置、聴衆の集中度と反応などの8軸のレーダーチャートで表現してみる。これらのすべてを望むのは無理というものだが、今回のヴェルディの《レクイエム》の演奏会は、すべての軸で高得点をマークし、バランスの取れた満足度の高い演奏会だった。【生部圭助】

ベルリンのの写真は龍のコンサート三昧2010でご覧ください
編集後記集へ

TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03−3358−1958
・Eメール :idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◇◆◇