TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メルマガ IDN 【第189号】
Inter Depending Network


2010年 2月15日発行

IDNのTOPへ
****************************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員の皆様と
これまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
*****************************************************************************************
《第189号のご案内》
 IDNだより
  =IDNの最近の活動状況を紹介します
 創立10周年記念総会と当日のイベントの案内
 1.ふれあい充電講演会
  =第93回の案内:クラウドコンピューティング〜現状と活用の可能性〜
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
  =2010年 第76期の開催案内
  =2010年 第77期以降の開催予告
 4.IDNパソコンひろば
  =2010年2月の初心者向けの講座のの開催予定
  =第7回(2月)開催パソコン交流会の報告
  =第8回(3月)開催予定のパソコン交流会の案内
  =Win7 ワンポイント(月に一回開催速報メールで配信)
  =パソコン交流会へ新たに参加ご希望の方へ
 5.キャリア学習推進プロジェクト
  =出前授業への参加のお誘い
 6.千葉アドバイザーの会「C−PAK」
  =次回(2月)勉強会の案内
 7.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
  =例会と懇親会(2月10日開催)は中止になりました
 8.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 9.会員のホームページの紹介
10.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第45回の《会津高原たかつえスキー場》の申し込みを締め切りました
11.IDNゴルフ会
  =第10回(10年3月)の開催案内
12.ふれあい広場
 =「シニアネットフォーラム21 in 東京2010」が開催されました
編集後記
  =ICTの進化により我々の生活はどのように変わるか
    
〜鉄人28号からドラえもんへ〜
**************************************************************************************************
IDNだより
IDNの最新の活動状況を紹介します。
IDN 10th Anniversary
(IDN創立10周年)
NPO自立化支援ネットワークは、2月に創立10周年を迎えます
創立10周年記念総会(2月28日開催)と総会後のイベントの案内をしています
賛助会員のオブザーバー参加、会員外の方のイベントへの参加をお待ちします
シニアネットフォーラム21
   in東京 
2010の開催
「シニアネットフォーラム21 in 東京 2010」が2月4日〜5日に市ヶ谷の私学会館アルカディア市ヶ谷で開催されました。参加のご協力ありがとうございました
ふれあい通信を第28号
     お届けしました
ふれあい通信第28号を発行し、会員の皆様にお届けしました
IDNの昨年の活動内容や本年の計画などご覧ください
ふれあい充電講演会 総会終了後に第93回の講演会を開催します。アドバイザーの方もぜひご参加ください
テーマは「クラウドコンピューティング〜現状と活用の可能性〜」です
シニア情報生活
 アドバイザー養成講座
2009年12月で累計270名をこす方がアドバイザーの認定をうけられました
第76期の養成講座を2月20日に開講します
IDNパソコンひろば
(四谷ひろばパソコン教室)
四谷ひろばの教室では、毎月約50名(延べ200名)の方が受講されています
1月はお休みでしたが、2月から新規メニューも加えて実施しています
IDNパソコンひろば
   (パソコン交流会)
第7回は2月7日に開催しました。テーマはインターネットなりすまし問題と電子認証
第8回は3月7日に開催します。テーマは動画編集用BGMの集め方とMP3圧縮保存
キャリア学習推進
       プロジェクト
2009年は、羽澄 勝さんと平田 信一さんが出前授業を行いました
本年も出前授業の機会があればご案内します。登壇してみませんか
千葉アドバイザーグループ 
  《C−PAK》
1月の講師は北野正行さんに山室輝弘も登場しました
2月は山下正夫さんが講師で、テーマは《マイホームページ私流作法》です
埼玉アドバイザーの会
  《シニアドさいたま》
2010年の2月10日に予定した例会と懇親会の開催を中止しました
また、折を見て開催の案内をいたしますので、ご参加ください
アウトドアクラブ
  《たかお会》
第44回活動として、《高尾山ハイキング》を実行し、22年度年間計画を決めました
第45回(2月)の《会津高原たかつえスキー場と温泉》の申し込みを締め切りました
アウトドアクラブ
  《IDNゴルフ会》
次回(第10回)は、2010年の3月25日(木)に東京湾CCで開催します
参加申し込みをお待ちしています

TOPへ

*01************************************************************************************************

創立10周年記念総会と当日のイベントの案内
 2000年2月に設立総会を開催したIDNは、この2月に創立10周年をむかえることになります。2010年の総会(第10期)では、IDNの創立10周年を祝い、新たな気持ちでIDNが飛躍に向けて一歩を踏み出す出発点にしたいと思います。
 総会は議決権のある正会員により執り行いますが、賛助会員のオブザーバー参加も歓迎します。
総会の開催案内および、出欠のご案内をしています。
 総会終了後にイベントを計画していますので、アドバイザーの方の申し込みをお待ちします。

IDN設立10周年記念総会
時間 テーマ 担当者 備考
13:00−13:40
(40分)
総会議事
  報告事項
  決議事項
柴田 賛助会員の方の
  オブザーバーとして参加を歓迎します


IDN設立10周年記念行事
IDN設立10周年記念総会の終了後に記念行事を計画しています。
会員登録をされていないアドバイザーの方も歓迎します。下表に記載のアドレスより申し込んでください。
また、アドバイザーの方には、アドバイザーフォーラム2010への出欠にかかわらず、《近況》お送りいただくようお願いします。
・開催日:平成22年(1010)2月28日(日)13:45−16:45 終了後懇親会を開催
・場所:四谷ひろば ライブラリー
・参加費用:フォーラム(1部)と講演会(2部)は無料  懇親会は2,500円
・当日のタイムスケジュール
と申し込み先

第1部:フォーラム
13:45−15:00
(75分)
アドバイザーフォーラム2010
 テーマ:Windows7とOffice2010の
      新しい機能と活用について
    〜問題提起とディスカッション〜
 コーディネーター:山室 輝弘さん

 報告者:若干名
香村 山室氏のプレゼンテーション内容をもとに、
出席者との意見交換を行う


アドバイザーの方の参加を歓迎します


*アドバイザーの方に「近況」を書いてもらい
  「近況集」を作成する

申し込み先:idn@npo-idn.com
第2部:ふれあい充電講演会(第93回)
15:15−16:45
(90分)
創立記念講演
 テーマ:クラウドコンピューティング
   〜現状と活用の可能性〜
 講師:斉藤常治氏
      (学びing(株)代表取締役)
羽澄 【講演の中で話してほしいこと】
(1)アドバイザーが自らクラウドをうまく利用する方法
(2)初心者に対してのクラウドをどのように説明すると
   理解してもらえるか
(3)IDN運営上でのクラウド利用方法:
  共同作業での利用法・教材更新作業など
(4)クラウド利用における安全性

申し込み先:waiwaihiroba@yahoo.co.jp
第3部:懇親会
17:15−19:00 懇親会
会場:四谷ひろば B館3階ライブラリー
滝村
香村
共に語らうことにより、自他を知り、
自ら行動を開始する一里塚としたい

申し込み:ふれあい充電講演会と同時に願います

***************************************************************************************************
ふれあい充電講演会


■第93回(2月28日)の案内:クラウドコンピューティング〜現状と活用の可能性〜
 2000年2月に設立総会を開催したIDNは、この2月に創立10周年をむかえることになります。創立10周年総会の終了後に、ふれあい充電講演会を開催します。
 今回は「クラウド・コンピューティング」がテーマに、斉藤常治氏を講師にお迎えします。「クラウド・コンピューティング」の実態は明確になっていないところがありますが、企業のためのものだけでなく、私たちの日常の諸活動においても有用に活用できる可能性を秘めています。
 特に、アドバイザーとしていかに活用するか、また、初心者に対してのクラウドをどのように説明するか、など重要な知識を得ることが出来ます。ぜひご参加ください。

講師:斉藤常治氏のプロフィール

朝日新聞 09/07/17
「ニュースがわからん」より

1961年生まれの岩手県出身
1991年より、e−ラーニング関連の事業(戦略・戦術)に従事
05年8月〜06年8月 大手ネット広告会社の事業開発本部長
               ブログやSNSの営業、ネットマーケッティングを担当
2006年10月 学びing(株)を設立 代表取締役
 
講演の内容(講師へリクエストしています)
(0)クラウド・コンピューティングとは
(1)アドバイザーが自らクラウドをうまく利用する方法
(2)初心者に対してのクラウドをどのように説明すると理解してもらえるか
(3)IDN運営上でのクラウド利用方法:共同作業での利用法・教材更新作業など
(4)クラウド利用における安全

開催の案内
・開催日時:2010年2月28日(日) 15:15−16:45
・開催場所:四谷ひろば 3Fライブラリー
      http://yotsuya-pc.web.officelive.com/access.aspx
・テーマ:クラウド・コンピューティング
   〜現状と活用の可能性〜
・講師:斉藤常治氏(学びing(株)代表取締役
・講演会参加費:無料
・懇親会費:2,500円     
・申し込み先(羽澄):waiwaihiroba@yahoo.co.jp
・締めきり:2月21日(日)
*懇親会への参加についてもお知らせください
*羽澄勝の緊急連絡(羽澄携帯):080-5385-4412

TOPへ

************************************************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■2010年 第76期(四谷ひろば会場):開催案内
・第76期:2010年 2月20日(土)− 3月20日(土)
・会場:四谷ひろば
     〒160-0004 新宿区四谷4-20
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm

■2010年 第77期以降の開催予告
第77期:2010年 4月 3日(土)− 5月 1日(土)
毎回土曜日に開催(カリキュラムと開催場所は第76期と同じです)

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは
  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。IDNはこれまでに69回(74期まで)の講座を開催し、274名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

TOPへ

*************************************************************************************************
IDNパソコンひろば

■2010年2月の初心者向け講座の開催予定
パソコン入門:毎週金曜日午前中 全3ヶ月
 ・2月:はじめてのパソコン
 ・3月:インターネットと電子メール
 ・4月:はじめてのワード
はじめてのワード(ワード入門)
ステップアップ講座:
 初心者向けの講座を受講された方を対象にした講座
 ・ワード&エクセルの基礎講座(入門コースを終えた方)
 ・ワード&エクセルのステップアップ講座(Office2007) (基礎講座を終えた方)
補習講座:講座受講者を対象
 ・ネットとメールの利用:2月14日 14時〜16時
講座復習:講座受講者を対象
 ・なんでも相談:2月13日 14時〜16時 

日程や講座の内容などの詳細はこちらをご覧ください

■第7回(2月)パソコン交流会の報告
 2月7日に第7回パソコン交流会を開催しました。安田様に話題提供して頂き、『インターネットなりすまし問題と電子認証』というテーマでお話頂きました。IT社会を脅かすなり済まし問題や個人情報流出などの現状と電子認証などの情報セキュリティ対策、バイオメトリック認証について解説していただきました。今後、電子政府のオンライン申請などの普及するにつれますます重要な問題となってくるものと思われ、出席者と共に活発な議論が行われました。
 終了後は例によって近くのお店で情報交換を行い、教室では出てこない話題で親交を深めました。

パソコン交流会 開催風景  話題提供は安田英人さん 10/02/07
【開催データ】
・日 時:2月7日(日曜日)午後2時00分〜4時30分
・場 所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・話題提供:安田英人様(アドバイザー第71期生)
・テーマ:インターネットなりすまし問題と電子認証
・参加者:12名

■第8回(3月)開催パソコン交流会の案内
3月のパソコン交流会を下記の通り開催致します。ご参加くださいますよう、よろしくお願いします。
・日 時:3月7日(日曜日)午後2時00分〜4時30分
・場 所:四谷ひろば B館3階パソコンルーム
・話題提供:辻井 敞 様(アドバイザー第74期生)
・テーマ:動画編集用BGMの集め方とMP3圧縮保存
・会 費:500円

出欠ご連絡は下記グループ管理者宛リンクをクリックの上、ご回答下さい。
グループ管理者→ mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

今後の話題提供をお願いします
パソコン交流会はアドバイザーの研修の場であり皆様からの話題提供で成り立っています。
4月以後の話題提供者が決まっていませんので話題を提供して頂ける方はご連絡下さい。
多くの方々からの話題提供のお話をお待ちしています。

また、さしあたり提供する話題のない方は、こんな話が聞きたい、こんなことが知りたい、など、メーリングリストを通じて呼びかけていただきたく、よろしくお願いします。

Win7 ワンポイント
 2月の開催案内から、月に一回(開催速報メールにて)Windows7の気になる便利技やXPとの違いなどが紹介しています。
一回目は《タスクマネージャーの起動》です。

 起動している複数のアプリケーションの制御や、プロセス、パフォーマンスの確認やアプリケーションの強制終了などでお世話になる「タスクマネージャー」ですが、Windows 7では XPでやっていたように「Ctrl」+「Alt」+「Delete」では直接起動ができなくなりました。

起動には、以下の3つの方法があります。
1)「Ctrl」+「Shift」+「Esc」で起動
  このショートカットでタスクマネージャーは一発起動
2)タスクバーからの起動
  タスクバーを右クリック、メニューから「タスクマネージャーの起動」を選択しても、タスクマネージャーを起動することができます
  これは XPと同じですね
3)「Ctrl」+「Alt」+「Delete」に続き「Alt」+「T」で起動
  Windows 7では、Windows XPでやっていたように「Ctrl」+「Alt」+「Delete」でメニュー選択画面になります。
  その画面で「タスクマネージャーの起動(T)」を選択するか、引き続き「Alt」+「T」を押すことでタスクマネージャーを起動する
【以上、メールより再掲】

新たに参加ご希望の方へ

パソコン交流会は、IDNパソコンひろば活動のひとつとして、会員相互のスキルアップ、情報交換の場を提供するものです。このメルマガを定期購読されている方でご興味がありましたら下記、グループ管理者宛にご連絡下さい。
メーリングリストに登録の上、開催情報等発信させて頂きます。会員はグループページにアップさている資料の閲覧が可能となります。参加希望の連絡は下記のグループ管理者へ
mailto:idn-pcex-owner@yahoogroups.jp

【レポート:IDN-パソコン交流会 リーダー 長谷川久之さん】

TOPへ

*************************************************************************************************
キャリア学習推進プロジェクト

■出前授業への参加のお誘い:再掲
 IDNにおいては発足当時から、会員がこれまでにいろいろな分野で、貴重な経験を積み重ねながら育んできたキャリアを、次世代に継承していくことを通じて、会員の社会貢献と生きがいを見出していくことを活動テーマに考えています。

 経験した方々の感想は、伝授したい自分の経験と知識を、学生達に伝えることが如何に難しいか、しかし彼らの顔が理解した反応に輝いた時は、言い知れぬ達成感が湧き出てくると。

 またIDNの会員の皆さんへのメッセージは、私たちにとってはごく普通の経験が、学生たちにとっては通常の授業では得ることのできない貴重な蓄積となるので、あまり難しく考えず気楽に取り組むといいのではないか、教えることから得る達成感はまた格別である、ということです。
 当面は、試行錯誤を重ねながら進めて生きたいと考えています。09年度は、若者のために貴方の貴重な経験を生かしてください。
【リーダー:羽澄 勝さん  サブリーダー:武田康男さん】

TOPへ

*************************************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C−PAK 

■次回勉強会案内
日時:2月25日(木) 14:00〜16:00
場所:高齢協 佐倉センター2階
講師:山下 正夫さん
テーマ:マイホームページ私流作法
※講師のコメント
「マイホームページ私流作法」とさせていただきます
昨年4月に HTMLを使って 漸くHPを立ち上げました その作成方法について発表します
この方面に詳しい方には ご批判を これから立ち上げる人には何らかのお役に立てばと思います

TOPへ

*************************************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

■2月に予定した例会と懇親会の開催を中止しました
2月10日に開催することになっておりました、《シニアドさいたま》の例会は、参加者が少なく、開催を取り止めることに致しました。
活動的な人は夫々、自分が主体になって活動しているので、そちらを優先にしての不参加でした。
また、折を見て開催の案内をいたします。
【レポート:山家 澂さん】

《シニアドさいたま》の活動内容については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

TOPへ

*************************************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムへの参加に割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、事務局までお問い合わせください。

■入会を考えている方に

  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか,目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と,入会金の支払いが必要になります。会員には2つのタイプがあります。どちらの会員になるかは,やはり自分の意思で決めて下さい。
・正会員:主体的に活動を行う会員で,総会の議決権を有する会員
・賛助会員:団体の主旨に賛同し,活動に参加する会員

会費には入会金と年会費とがあります。
 入会金は正会員が1万円,賛助会員が千円です。
 年会費は,正会員が年間一口1万円,賛助会員が一口千円です。
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

メール送信先:idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、下記にお電話ください。
   メールが届かないことが時々発生しています。よろしくお願いします。
   電話番号:03−3358−1958

TOPへ

*************************************************************************************************
会員のホームページの紹介

■ブログもOK 自薦・他薦をお願いします

 ホームページを紹介するコーナーです。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。

【趣旨】
会員のホームページを紹介するコーナーを設けます。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したホームページのURLをIDNのホームページに紹介します。
申し込み先:merumaga-idn@npo-idn.com
これまでに登場した方のURLと紹介文をIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

*************************************************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第45回活動計画:スキー活動と温泉入浴ゆっくり旅
第45回のスキーと温泉は、参加希望者が満員になりましたので、申し込みを締め切りました。
 ・日程:2月23日(火)〜25日(木)の2泊3日
 ・場所:会津高原たかつえスキー場  
 ・宿泊:芝浦工業大学 高杖セミナーハウス(西野憲明氏紹介)
 ・交通手段:会員の自家用車使用

幹事宛メールアドレス:idn-takaokai-owner@yahoogroups.jp
緊急連絡先(幹事):東川 090−6343−0950
            :滝村 090−5587−5769

たかお会への入会ご案内
会員を常時募集しています。入会案内・入会資格等は、たかお会ホームページに掲載しています。入会ご希望の方は、下記の幹事宛メールアドレスに連絡下さい。
活動時の傷害保険契約がありますので、住所・電話番号・生年月日も連絡下さい。
   idn-takaokai-owner@yahoogroups.jp

たかお会の活動状況はホームページをご覧下さい。

TOPへ

*10***********************************************************************************************
IDNゴルフ会

■次回(第10回)の案内
IDNゴルフクラブの名前で3組確保しました。ご予定ください。
・コース:東京湾カントリークラブ
・日時:2010年3月25日(木)9:41スタート 長浦コース(いつもの時間とコース)
・料金:4バックでセルフプレーのビジター料金は概算で9800円
    (3組9名の参加の場合は8800円になります)
幹事:山本政光さん yamamoto-ma@mug.biglobe.ne.jp
幹事:武田康男さん takedayasuo@aol.com
ゴルフ会のメーリングリストのアドレス:idngolf@yahoogroups.jp
■IDNゴルフ会のホームページをご覧ください
IDNゴルフ会の発足のお知らせと会員募集、
これまでの実施報告などこちらよりご覧ください
IDNのTOPページからもご覧になれます。

TOPへ

*11***********************************************************************************************
ふれあい広場

■「シニアネットフォーラム21 in 東京2010」が開催されました
 2010年2月4日と5日に「シニアネットフォーラム21 in 東京2010」が開催されました。今回は例年と場所を変えて《アルカディア市ヶ谷 私学会館》で開催されました。
 今回はパネリストに生部が登場し、最初のプレゼンテーションで、IDNのアドバイザーの方々が四谷ひろばのパソコン教室で活躍されている様子を撮影した(制作:朝日ニュースター)映像を上映しました。フォーラムの参加者に、IDNがアドバイザー養成の実績とパソコン教室を通して地域交流と地域貢献していることを知ってもらうことが出来ました。
 フォーラムの参加に協力していただいた方にお礼を申します。【生部圭助】

基調講演2 佐々木 博氏  【写真:國重 誠之さん】

ITの進歩はシニアとシニアネットの活動を劇的に変える
−− 地域や社会を変えるパソコン教室をつくろう −−

パネルディスカッション    【写真:同左】  

シニアが変わる、地域が変わる
シニアネットの更なる飛躍
■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
下記のメールアドレスへ自由に投稿して下さい。お待ちしています。
merumaga-idn@npo-idn.com

TOPへ

*12***********************************************************************************************
編集後記

■ICTの進化により我々の生活はどのように変わるか
  〜
鉄人28号からドラえもんへ〜

 《鉄人28号からドラえもんへ》という言葉は、朝日新聞2009年12月26日の《ナント力学》より拝借したものである。情報通信技術(ICT)の進化により我々の生活はどのように変わるかを象徴的に言い表している。共通点はどちらもロボット。しかしこの両者には大きな違いがあり、パラダイムの変化を表している。
 鉄人28号は、リモコンで指示したとおりに動き活躍する。一方のドラえもんは、のび太くんが置かれている状況や気持ちまでも汲み取って、のび太くんを助けてくれる。
 2010年はまさに《鉄人28号型》から《ドラえもん型》へ変わろうとする変換の時期にあることを以下に述べてみたい。

ICTの進化の歴史を概観する

ICTのパラダイムの変化

 今まさに変換点にあることを知るためにも、ICTの進化の歴史を概観してみる。
 図に示す《ICTのパラダイムの変化》は、私が2006年1月に『住まいと電化』に投稿したときに作成したものである。1990年から5年毎に区切り、ひとつの時代として示している。

 1995年頃に、それまで《ニューメディア》と言った時代が《マルチメディア》の時代へ大きく変わる。インターネットの民間利用が始まり、メールの利用が企業に導入された。BSとCS放送が始まり、ネットワークとしては、64KのISDNは早いと喜んだ。

 2000年頃より《ブロードバンド》の時代になる。ネットワークとしてADSLが登場し、通信速度が高まる。携帯電話が普及し、この時期にIP電話(VOIP)や無線LANの利用が現実のものとなる、地上デジタル放送が各家庭で見られるようになったのもこの頃のこと。

 2005年からの5年間は《ユビキタスの時代》。《ユビキタス》とは、様々な活動シーンにおいて、時間や場所の制約を超えて、必要とする情報を誰もが意識しないで簡単に安心して活用できる、と定義されている。通信回線としてはFTTH(光)やCATVのブロードバンドの利用が本格化し、携帯電話が生活インフラとして定着する。e-Japanが国策となり、u-Japanは総務省より国のICT化の政策として提唱された。
 そして、2010年には新しい時代を迎えようとしている。

《コンテクスト・アウエアネス》という時代
 平成16年度(2004)に住宅情報化推進協議会(ALICE)で、《u-house研究会》を設置して、その研究会の主査をまかされた。会員の協力により、韓国やスウェーデンの現地調査などの成果も盛り込んで、2005年の春に2010年頃の生活を予測する報告書をまとめた。
 提案したコンセプトとは、「2010(ツー・オー・テン)の住宅は、安心をベースに多彩な生活を演出する《彩る 》でありたい。そして《彩る家》を支えるのは《電気執事》であり、《電気執事》が、コンテクスト(生活者のおかれた環境や状況)をアウエア(把握)し、生活者が要求する最適な情報やサービスをきめ細かく提供してくれる、というもの。

《アンビエント》というコンセプト
 《コンテクスト・アウエアネス》を提唱してから5年経って、2010年に《アンビエント》というコンセプトにお目にかかった。大阪大学の村田正幸教授は、「機器の側が人やその周囲の状況を察知して、サービスなどの働きかけをする。アンビエントとは、そんな考え方です」と説明している。《アンビエント》という言葉は数年前から使われていたそうであり、英語の「周辺の」とか「環境の」といった意味。
 村田正幸教授の言う《機器》のことをわれわれは《電気執事》とシャレたつもりであり、村田教授の《アンビエント》と我々が提唱した《コンテクスト・アウエアネス》はほとんど同じ概念である。
 朝日新聞の《ナント力学》の記事を書いた、平 和博氏は《アンビエント》というコンセプトを《ドラえもん》になぞらえた。《鉄人28号からドラえもんへ》という言葉は、我々が居る2010年のICTにかかわるパラダイムの変化を分かりやすく表現していると思う。

生活の変化のイメージ
 《コンテクスト・アウエアネス》や《アンビエント》と難しいことを書いてきたが、これは具体的にどのような生活をイメージしているのであろうか。いくつか例をあげて見る。

 ネットにアクセスしたら、自分が興味のある製品や事柄の広告が同時に表示された。(現在もサービスされているが、より適合率の高い広告が表示されるようになる)

 見たいと思っていたTVの番組を、指示しないのに録画してくれていた。(これはすでに対応している機器がある)

 中村橋の改札口で携帯をかざして出たら、携帯のディスプレイに目指している練馬区立美術館への案内図が表示された。(事前に練馬区立美術館の展示会の案内や道順を調べていたのを携帯が記憶してくれていた)

 2階で小型のテレビを映しながら仕事をしていたら、オリンピックの好きな種目が始まったので、1階のリビングへ降りていったら、大型テレビに同じチャンネルの映像が自動的に映し出された。(人の存在をセンサーでキャッチする技術とメディア間ハンドオーバー技術を使うもので、このシステムのデモを見たことがある)

 ドライブの帰りに自宅へ15kmのところまで戻ってきたら、自動的に自宅の空調がONされた。(GPS利用とカーナビの進化。空調機への指示には携帯の電話回線と宅内のネットワークを使う)

電気執事

自宅へ15kmのところで自宅の空調がONされる
電気執事が、コンテクスト(生活者のおかれた環境や状況)をアウエア(把握)し、
生活者が要求する最適な情報やサービスをきめ細かく提供してくれる
エピローグ
 ここに示したように、《電気執事》が、コンテクスト(生活者のおかれた環境や状況)をアウエア(把握)し、生活者の要求する最適な情報やサービスをきめ細かく提供してくれる状況になったときに、人はどのように感じるであろうか。このような《気配り》をありがたく受け入れるか、《おせっかい》と感じるか、サービスの内容にもよるが、個人差があると思う。皆さんはいかがだろうか。

 最近、《クラウド・コンピューティング》が注目されているが、《 コンテクスト・アウエアネス 》や《アンビエント》が目指していることに大きくかかわるところがある。2月28日のIDNの10周年記念総会のあとに予定されている、ふれあい充電講演会で、斉藤講師の講演を聞いて、これからの生活の変化と可能性を身近に感じてほしい。【生部圭助】

TOPへ

編集後記集へ
メルマガIDN バックナンバーの目次へ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
・住所:東京都新宿区三栄町8-37 
・電話番号:03−3358−1958
・Eメール :idn@npo-idn.com
 *申し込みをして2日間応答がない場合は、ご面倒ですが、上記にお電話ください。

TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◇◆◇