TOP
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メルマガ IDN 【第123号】 Inter Depending Network
2007年 5月15日発行
 
IDNのTOPへ

**************************************************************************
このメルマガは自立化(相互)支援ネットワーク(IDN)の会員
の皆様とこれまでにIDNと関わりのあった方にお送りしています
お知りあいの方で、このメルマガをお送りしたら喜ばれる方をご紹介下さい
メルマガIDNのバックナンバーをこちらでご覧いただけます
**************************************************************************
《第123号のご案内》
 
 IDNだより
 1.ふれあい充電講演会
  =第71回(5月24日)ふれあい充電講演会の案内 旧岩崎邸庭園の見学と散策
 2.シニアー情報生活アドバイザー講座
   =東京:第52期・54期 受講生募集のご案内
  =川越:第53期 受講生募集のご案内
  =工藤恵子さん(アドバイザー第46期生):アドバイザーの活動を開始しました
 3.IT・PC講座
  =パソコン楽しみ隊:5月の案内
 4.「楽しくパソコンライフ」〜武兵衛の近況〜
  =第53回 パソコンは一人1台の時代か
 5.学生,社会人の進路相談
 6.千葉アドバイザーの会「C−PAK」
  =5月の勉強会レポート
 7.アドバイザー埼玉の会「シニアドさいたま」
  =例会開催の報告
 8.IDN会員募集のご案内
   =入会を考えている方に
 9.海外旅行体験話クラブ
10.会員のホームページの紹介
  =茂木 勲さん(アドバイザー第50期受講生)
11.連載
  =連載希望者者を募集します
12.アウトドアクラブ「たかお会」
  =第21回活動計画ご案内
  =平成19年度年間活動計画
13.ふれあい広場
  
工藤恵子さん(アドバイザー第期生):アドバイザーの活動を開始しました
14.編集後記
  =浅草まち歩き
**************************************************************************
IDNだより
先のメルマガ発行から2週間がたちました。いくつかの動きをお知らせします。
(1) VISTA講座開催について
5月20日のAMに開催いたします。内容は、Windows Vista、Office2007およびInternet Explorer7の3つを取り上げます。
現在20名ほどの申込者がありますが、申し込みはまだ可能です。

(2)アドバイザー講座を川越で開催します
5月11日(金)に山家PC教室(川越市霞ヶ関)で「シニアドさいたま例会」を開催しました。その席上、山家PC教室でアドバイザー講座を6月9日にスタートすることを決め、IDNとニューメディア開発協会のホームページで案内をしました。早速、所沢のNさんより問い合わせがありました。

(3)ふれあい充電講演会の予告
5月24日に「旧岩崎邸庭園の見学と散策」をいたします。受付を継続中です。
6月18日には、会員やアドバイザーの方の貴重なキャリアーを高校生の教室で披瀝するプログラムについての講演会を予定しています。私も講師をやってみよう!、どんなことをやるのか興味を感じた方はご予定ください。当日は講師をお迎えしますが、羽澄さんと生部が6月12日に実際に県立横須賀の大津高校の教室で講師を体験した様子なども披露します。まもなく開催案内をお送りします。
7月23日には、エベレストに2回登った山男の講演を企画中です。ご期待ください。

5月28日に運営会議(第2回)を開催し、IDNのホットな議題を取り上げます。たくさんの方が自由に参加できる開かれた「場」といたします。<話題の提供>や<プロジェクト(事業)の提案>など、歓迎いたします。
【以上 生部 記】


****************************************************************************
ふれあい充電講演会

第71回(5月24日)ふれあい充電講演会の案内 旧岩崎邸庭園の見学と散策
明治29年、新しい日本の建築文化が始まった大名庭園の形式を残す、岩崎家本邸を訪問します

ご案内

江戸期に越後高田藩・榊原氏、明治期は旧舞鶴藩知事などのお屋敷であった旧岩崎邸の庭は大名庭園の形式を残し、草木や花、自然をとともに安らぎを感じる都会のオアシスです。
庭にあった池を埋め立てて、芝や築山なども造られ、洋館・撞球室・和館などが建設されました。
開園は平成13年10月。
建物は重要文化財に指定されています。

杉山恵美様(今回案内してくださるボランティアガイド)のコメント
私は、重要文化財の旧岩崎邸ボランティアガイドの一期生です。平成15年1月から研修を受けて活動を始めました。
東京湯島にある旧岩崎邸は、明治29年(1896年)に建てられました。およそ20メートルの高さがある西洋木造建築で、岩崎久弥氏(三菱を創立した岩崎弥太郎氏の長男)のお屋敷でした。四季折々、自然の彩りを見せる広い庭園があり、格調の高さ、凛とした趣があります。
私はこの旧岩崎邸が大好きです。このお屋敷は、平成3年から12年間の修復工事を終えて、一般公開され、一日平均700名ほどが訪れます。洋館の建築面積はおよそ160坪。このお屋敷は、森鴎外の文学作品である「雁」の中にも出ており、北側にある無縁坂は、主人公の岡田青年の散歩コースでした。
洋館の設計者は、英国人のジョサイア・コンドル。工部大学校(現在の東京大学工学部)の教授でした。鹿鳴館やニコライ堂、三井倶楽部、旧島津邸、旧古河邸なども設計しています。
旧岩崎邸庭園では、お天気のよい日には、5,000坪ある敷地の芝庭で近くの保育園の子どもたちが遊んでいます。明治時代の着物を着ている子どもたちの声が聞こえてくるようです。お出かけください。旧岩崎邸へ。

・日時:2007年5月24日(木)午後2時〜4時30分
・懇親会:午後5時から7時 近くで
・集合:正門前
・千代田線「湯島」(C13)下車 徒歩3分
    銀座線「上野広小路」(G15)下車 徒歩10分
    場所などの案内は下記URLよりご覧ください
    http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html
・会費:会員1000円 ビジター1300円
・入園料:400円 65歳以上200円
・懇親会会費:2500円 (お酒を飲まない人2000円)
・申込みはこちらへ:shnshn@m12.alpha-net.ne.jp
・締めきりは5月18日(金)です   
・今回のコーディネーター:平田 信一

TOPへ

********************************************************************
シニア情報生活アドバイザー講座

■「シニア情報生活アドバイザー」養成講座とは

  この講座は、高齢期の生活に密着した、情報技術(パソコンやネットワーク)の楽しい活用方法を教えることが出来る人を養成する講座です。IDNはこれまでに50回の講座を開催し、216名のシニア情報生活アドバイザーを養成した実績を持っています。
 NPO(特定非営利活動法人)「自立化支援ネットワーク」(略称IDN)は、「ニューメディア開発協会」(経済産業省の外郭団体)が認定する「シニア情報生活アドバイザー講座」の養成講座実施団体に指定されています。

■東京:52期 受講生募集のご案内
第52期:2007年 5月19日(土)〜 6月16日(土) すべて土曜日
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm
・会場:TEPIA(財団法人 機械産業記念事業団)
     港区北青山2丁目8番44号(地下鉄外苑前より徒歩4分)
 *会場が変更になることもあります
ウイークデイの開催や日程の変更のご希望の方も受け付けます。ご相談ください

■川越:53期 受講生募集のご案内
第53期:2007年 6月 9日(土)〜 7月 7日(土) すべて土曜日
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm
・会場:シニアパソコン塾-川越-
     川越市的場北1−11−4
■東京:54期 受講生募集のご案内
第54期:2007年 6月30日(土)〜 7月28日(土) すべて土曜日
詳細は下記をご覧ください
http://www.npo-idn.com/senior2.htm
・会場:TEPIA(財団法人 機械産業記念事業団)
     港区北青山2丁目8番44号(地下鉄外苑前より徒歩4分)
 *会場が変更になることもあります
ウイークデイの開催や日程の変更のご希望の方も受け付けます。ご相談ください

■工藤恵子さん(アドバイザー第46期生):アドバイザーの活動を開始しました
ふれあい広場に掲載しています。

TOPへ

************************************************************************
IT・PCの勉強会

■パソコン楽しみ隊:5月の案内とその後の予告
今回は、渡辺さんの「一番苦手な画像関係の話」にあえて挑戦をしていただいております。
・日時:5月27日(日)13時〜16時
・場所:品川人材開発センター パソコン室
・テーマ:「大判ポスターを作る」
・案内役:渡辺 延子さん
・参加者によるパソコンの楽しみ方関連の情報紹介

6月はアドバイザー第49期のメンバーグループ
7月は50期のメンバーグループ
が企画をしておられます。
何が飛び出すのか お楽しみにしていて下さい。
【レポート:西野 憲明さん

■パソコン楽しみ隊へ参加のお誘い
 パソコン楽しみ隊はアドバイザーとしての技術能力、支援能力、活用能力を維持し高める相互研鑚と情報交換の場として平成16年12月からメーリングリストを設置し、毎月1回の勉強会を開催してきました。パソコン楽しみ隊の連絡や日常的な情報交換に利用しているメーリングリストにはIDNで認定を受けたアドバイザーの約30%にあたる50余名が登録しています。
 勉強会は特に形式を定めていませんが、有志がテーマに沿って案内し、その後、参加者が自由にトライアルや意見交換などしています。関心のある方はお問い合わせください。【國重】

TOPへ

*************************************************************************
楽しくパソコンライフ〜武兵衛の近況〜

■第53回パソコンは一人1台の時代か
 パソコンは高価な製品だという意識があった。しかし近年、価格も下がり身近なものになってきた。WindowsVistaが発売になり、価格が上がったパソコンもある。これはパソコン業界販売戦略の一つと捉えておこう。おかげでWindowsXP搭載パソコンが安く手に入るようになった。
 ご存知のようにWindowsXPは発売以来6年あまり愛用されたOSであり、安定性もあります。これを逃さない手はないと思います。
パソコンの利用意識を見ると、家庭内に複数台欲しいという希望も多い。
 1.家族それぞれにパソコンがあるといい。
 2.プライベートな環境でパソコンを使いたい。
 3.自分専用のパソコンが欲しい。
一家に二台以上のパソコンがある場合に、問題はインターネット接続である。手っ取り早いのは、家庭内LANの構築である。しかし、それなりの設備と知識も必要になる。
私の場合は、ルーターつきのモデムを使っている。パソコン4台までは、LANケーブルを接続するだけでインターネット接続が可能になる。

問い合わせ先 kosaka@shinano.eeyo.jp 小坂さんまで
TOPへ 

************************************************************************
学生,社会人の進路相談をいたします
■自立化支援プロジェクト(IDP)
しばらくお休みします
TOPへ

************************************************************************
千葉アドバイザーグループ C−PAK

■勉強会レポート
・日時:平成17年5月10日(木) 14:00〜16:00
・場所:高齢協 佐倉センター 2階
・出席者:11名 
・テーマ:『日常生活で身近に進む ITとデジタル化』
     1.地上デジタル放送の現状について〜関連情報と基礎知識〜
     2.デジタル画像処理の基礎知識について
・講師:利光 信爾さん
・資料:CD−ROM(作成:利光さん)
 
内容
1、地上デジタル放送について
現アナログTV放送の地上波デジタル化の“そもそも論”から基礎知識、ユーザーとしての具体的対応策など(ワンセグも含めて)関連情報ソースと併せて紹介され、個人的に購入したパソコン用・地デジチューナー&付属アンテナによるTVノートによる受信テストまでその場で行なった。
 
2、デジタル画像処理について
パソコン、デジカメ、プリンター、携帯電話、各種プレーヤー、レコーダー等、いつの間にかデジタル機器に取り囲まれ、その性能や効用を楽しんではいるが中味の“仕掛け”は殆ど理解していない。本質や原理の“音痴”から少しでも抜け出そうとの主旨で「デジタルの常識」や「ディスプレー装置の諸方式」、「画像・画質の原理」など多項目の入口が紹介された。
 
テクニカル情報  =Vista研修会テキスト紹介=   【担当】山室さん
5/20(日)開催予定のIDNアドバイザー向け研修会用テキストの概要
 
連絡・報告事項
KTF(教材編纂タスクフォース)第1回打ち合わせを行った。
13:00〜14:00  山室、橋本、中澤、飯塚
【総括=事務局】
進化の加速でデジタル家電、IT機器など何かを買うたびに使いこなしの知識更新を迫られるから忙しい。 つんのめるような姿勢で当座最低限の使い方を必死で学んで行く、これを繰り返しても細切れハウツーがバラで溜まるだけで纏まった対応力にならない。使いこなして完全に“自家薬籠中の物”になりきれない道具や課題は増えるばかりである。今回の講師・利光さんのテーマには「ITモグラ叩きに甘んじていてよいのか」という悔しさや苛立ちが隠されているようで他人事とは思えなかった。解説や講義
のほかに「みんなで一緒に勉強しよう」と、問題共有化の呼掛けもありました。
 
 地デジ移行については、国民大多数にとって未だ切迫感は感じられない。リミットが数年先であることと全貌の具体的理解がないために、気にはなっても煮詰めていない人が多いようだ。 切り替える上での選択肢を選ぶにしても、一律のリミットとは別に個々の事情に応じた最適な手段やタイミングはユーザーの数だけあり、事態の正確な認識が無いと適切な検討・判断は難しい。その点で関連情報の収集力・理解力の格差が生じやすく、特に高齢者世帯へのフォローは今後大事な問題になりそうだ。
TVノートにPC用・地デジチューナーと付属(室内)アンテナを接続してテストを行った結果この会場で安定して視聴できる民放は1局だった。 ワンセグケータイの場合はどうなのか未確認であるが、この結果からはTVノートの場合、受信地域や地形でハンデがあるらしいことが判明した。参加メンバーの大半も家庭用TVの切替え対応はこれからであり、今後は勉強会のたびに具体的な相談や報告が出てくるだろう。 タイミングの良いテーマだった。
 
 IT機器やシステムを利用し、ハード/ソフトの進化にも対応を余儀なくされる環境では、その都度個々のマニュアルに追随するだけでなく、なぜ? どうして? の技術的な仕組みや原理などをある程度でも知り、自分の物差しを持てるように努めないと、右往左往するばかりである。 とはいえ、聞き齧りや又聞き・借り物で済ませ、半可通のまま飛び越して(跨いで?)来たケースの連続だ。 砂上の楼閣とはよく言ったもので、軟弱な基礎のまま建て増しを強行したツケが溜まってこのままでは愈々モタない時期に来たというべきか。 アナログ/デジタル、発色の原理と仕組み、画質の理論、発光体の種類と特徴などなど、応急修理のように基礎に取り組んでもそう簡単には脳内に定着しない。 おまけにカタカナ語や数字の洪水で「和語」が用をなさないため質疑応答ともにぎこちなく、ともすれば舌も縺れがちの展開になった。 
スキルアップも大事だが、今後は用語辞典解説なども勉強会“取り扱い品目”に加え、遅まき乍ら基礎鉄筋の補強に努めたいものである。
【レポート:飯塚 渉さん】

C−PAKの活動状況を下記でご覧下さい。
http://www.npo-idn.com/c-pak/chiba-c-pak.htm

TOPへ

*************************************************************************
埼玉アドバイザーの会「シニアドさいたま」

■シニアドさいたま例会報告
・開催日:5月11日(金)15:00-17:00
・場所 :山家川越パソコン教室
・出席者:シニアドさいたまより6名
       生部、平田

1.山家川越パソコン教室紹介
http://kyx1760.sakura.ne.jp/ にて紹介された。

2.IDNの活動状況 
生部さんからIDNの活動及び運営状況の説明があった。特に、運営会議新設とその第1回会議の報告があった。その中で、
埼玉地域のアドバイザー養成講座を山家さんの川越パソコン教室で行う提案が出ていることが紹介された。

3.川越でアドバイザー養成講座の開催
6月9日スタートのIDNアドバイザー養成講座を川越教室で行うという建前で、埼玉地域の養成講座を山家パソコン教室でスタート
することになった。講師は当面IDNで担当し、シニアドさいたまの有志がアシスタントとして参加して、講師への道を開いて行くことになった。当日協力支援の申し出が4名の方から出た。
シニアドさいたまのメンバーの積極的な支援・参加を切望する。
【レポート:岩井正三さん】

活動状況をシニアドさいたまブログをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/seniad_saitama

TOPへ

************************************************************************
IDN会員の募集のご案内

■ IDN会員募集中
NPO(特定非営利活動法人)自立化(相互)支援ネットワークでは、正会員と賛助会員を募集しています。
*会員の方々には、会員の活動状況や情報を掲載した機関誌を、発行し配布いたします。
*会員の方々には、各プログラムの割引が適用されます。
*入会金及び年会費については「入会を考えている方に」を参考にして下さい。
*詳しいことをお知りになりたい方は、eメールで、事務局までお問い合わせください。
■入会を考えている方に
  会員になるには,自分の意思(Will)がなんといっても大切です。少なくとも何のために入会しようとしているのか,目的を決めて入るのが賢明です。
  入会の手続きとしては,入会申込書と,入会金の支払いが必要になります。会員には,正会員(主体的に活動を行う会員で,総会の議決権を有する会員)と賛助会員(団体の主旨に賛同し,直接、間接時間の許す範囲内で活動する会員)の二つのタイプがあります。
どちらの会員になるかは,やはり自分の意思で決めて下さい。

会費には入会金と年会費とがあります。
入会金は正会員が1万円,賛助会員が千円です。
年会費の方は,正会員が年間一口1万円,賛助会員が一口千円です。
年会費を何口にするかも,ご自身の意思で決定して下さい。

メール送信先:<mailto:idn@npo-idn.com>

TOPへ

************************************************************************
海外旅行体験話クラブ
しばらくお休みします
【コーディネータ:伊藤政弘さん ma-itou@bd5.so-net.ne.jp

TOPへ


*10**********************************************************************
会員のホームページの紹介

■茂木 勲さん(アドバイザー第50期生)
開設:2005年6月10日
URL: http://www016.upp.so-net.ne.jp/syakujii-FB/

 私はここ10年近く、東京都練馬区の石神井公園で野鳥をはじめ自然観察を続けています。その間に撮り溜めた写真がかなりの数にのぼったので、いつかはホームページをつくって掲載したいと思っていました。
 2005年の秋に思い立って、定番の「ホームページビルダー」を購入し、まず構想を練りました。この、「まずは全体構想をつくってからでないと」というのが私の癖で、そのために全体像が固まったのが2006年の春になり、実際の制作は2006年のゴールデンウィークに集中的に作業して、ようやくアップしたのは、6月になったしまいました。近くに住む知り合いのイラストレーターさんが表紙絵を描いてくれました。
 メニューは、「ごあいさつ」「フィールドノート」「公園で見られる花」「公園で見られる鳥」「ツミとオシドリの子育て記録」など。また、メンバーになっているボランティア団体の活動紹介などもあります。「フィールドノート」は原則毎週更新しています。ぜひ一度覗いてみてください。
 当初からのお約束の昆虫の写真をアップすること、その後、知り合いに誘われて俳句の会に参加し始めたので、つくった俳句の紹介のページのアップが次の課題です。

■ブログもOK 自薦・他薦をお願いします
 メルマガIDN第69号(2月15日発行)よりホームページの紹介を開始しました。今回までに12名の方のページと「シニアドさいたま」のページを紹介しました。遠慮しないでどうぞ手を上げてください。以下に趣旨を再掲いたします。

 会員のホームページを紹介するコーナーを設けます。会員の顔をもっと見えやすくすることが主な目的です。会員相互の交流のきっかけになればと期待します。ご希望のあった方から順次紹介します。簡単な紹介で結構ですから下記あてにご連絡ください。メルマガIDNで紹介したホームページのURLをIDNのホームページに紹介します。
申し込み先:<mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>
これまでに登場した方のURLと紹介文をこちらIDNのホームページでご覧になれます

TOPへ

*11**********************************************************************
連載
■連載希望者者を募集します
連載をご希望の方はご遠慮なく申し出てください
TOPへ

*12*********************************************************************
アウトドアクラブ「たかお会」

■第21回活動計画ご案内
長い連休の中日の今日は生憎雨になってしまいました。
皆様如何お過ごしでしょうか、海外へお出かけの方もおられるかと思います。

第21回は筑波山へ行きます。
実施は6月ですが、お忙しい皆さんですから早めにご案内致します。
歩くことはちょっととお思いの方は、つつじヶ丘から女体山までロープウェーを利用しますと簡単に山頂に立つことが出来ます。
つつじヶ丘から女体山までのハイキングコースの標準所要時間は約1時間です。
女体山から男体山までは約30分です。下山はカーブルカーを利用します。
まもなくホームページでもご案内いたします。
計画書をご検討の上、参加される方は早めに申し込みください。
・実施日:6月7日(木曜日)
・集合場所:TXつくば駅 筑波山シャトルバス乗場
・集合時間:9時50分(秋葉原発8:46で出発すればよい)
・帰りの予定:秋葉原駅着 17時54分
不明な点は幹事まで問い合わせ下さい。
【たかお会幹事  東川・滝村】

■19年度年間活動計画
今年、1年間の活動計画をアップしました。詳細は上記ホームページの
「平成19年度年間活動計画(総覧表)」をご覧下さい。
【幹事:東川・滝村】

TOPへ

*13**********************************************************************
ふれあい広場

■工藤恵子さん(アドバイザー第46期生):アドバイザーの活動を開始しました

 
昨年の8月にアドバイザー講座を受けて、もう半年以上が経ってしまいました。アドバイザーの資格をいただいてから、なんとかそれをいかせたら‥と思い、パソコン講師のボランティアサークルに入りました。
 今は、講座のアシスタントをやったり、パソコンを教えて欲しいとやってくる人にマンツーマンで教えたり‥。ほとんどシニアの方々なので
アドバイザー講座で習ったことは、すごく役にたっています。
 2ヶ月くらい前からは、パソコンの家庭教師みたいなこともしています。生徒さんは60歳位の女性の方なんですけど、電源の入れ方もわからなかった人が、少しづつパソコンに慣れてきて、こないだ初めて、私宛にメールが届いた時には、本当にうれしかったです。
 それに、今年の秋には講座の講師をやらせてもらうことになり、楽しみにしております。
いつか、IDNの先生方がおっしゃってたように、待ってるだけでは何も変わらないですね。自分からどんどん何かを見つけて動いていれば、チャンスがやってくるんだなぁ‥と感じました。
 こんな感じで、アドバイザー講座での経験を役立てることが出来ています。

■「ふれあい広場」について
皆様の近況・IDNに対する意見・催しもの案内・等など内容に制約はありません。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
下記のメールアドレスへ自由に投稿して下さい。お待ちしています。
<mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>

TOPへ

*14**********************************************************************
編集後記

■浅草まち歩き
 浅草へ行くことは少なかったが、「助六の宿 貞千代」での会合に何回か行くことがあり、いくらか土地勘ができた。「貞千代」は浅草2丁目にある。千葉から行く場合は、浅草橋から都営地下鉄浅草線で浅草へ、地上へ出て、狭い通りから雷門通りに出て、雷門の大きな提灯の下をくぐり、仲見世通りをまっすぐに抜けて観音様にお参り。花やしきのそばを通り、ひさご通りを抜けて「貞千代」へ到る、というルートをとる。
 「龍の謂れとかたち」に興味を持ち、ホームページに少しずつ取り上げることを始めてから、浅草寺は正式には「金龍山浅草寺」という山号があり、龍に謂れがあることを知った。浅草寺の観音堂の天井にある大きな龍の絵を写真におさめることから、「まち歩き」をはじめた。

<浅草寺観音堂の天井の龍図>
 観音堂に入り賽銭箱の正面に立ち、真上を見上げると3枚の絵があり、その真ん中にあるのが龍の絵である。ここの天井は高くほの暗い。私のデジカメで、おそいシャッター速度で撮影してもブレるので写真にならない。ストロボを働かせても距離があるために有効に機能しない。日を改めて、NikonFと28mmと50mmのレンズ、ストロボを持って出直した。2種類のレンズを使って、露光のバリエーションを何段階か設定して、今回示している写真を撮ることができた。床のタイルの寸法を物指し代わりにして天井の龍図の大きさを測ってみたら、短い辺の長さが5.4mであることがわかった。

<浅草寺の手水舎>
 浅草寺の手水舎は規模が大きい。8体の龍が円形状に配置されていて、それぞれの口から水を注いでいる。写真を撮影しようと待っていると、たくさんの人が手を清め、口を漱いでゆく。外人も多く、楽しみながらてを清めいるのが目につくが、口を漱ぐ人は少ない。
 8体の龍を写真に撮って一応満足したが、この手水舎の天井にも龍の絵が描いてあるのに気がついた。8体の龍の円形の中央に立っている像(誰の像か確認していない)には龍が巻きついており、像の頭上に龍の頭がある。見逃すところだった。

<浅草寺の「金龍の舞」>
 浅草寺では、「金龍の舞」、「白鷺の舞」、「福聚の舞」の3つの舞が境内で披露される。「金龍の舞」は3月18日・10月18日・11月3日の3回行われる。3月18日はいい機会だったが、アドバイザー講座の試験の立会いに北本まで出かけて、上野に戻ってから浅草寺に電話で尋ねたら、30分遅れで間に合わないとの返事。10月に期待している。

<浅草神社の「飛龍」>
 観音堂から東に歩くと、浅草神社がある。明治維新の神仏分離令により浅草寺との袂を分かち、明治元年に三社明神社と改められ、同6年に現在の名称に至る。今もなお、「三社さま」として親しまれている浅草神社。
 拝殿の建物のかもいの上の壁に「飛龍」や「麒麟」の絵が掲げられている。「飛龍」や「麒麟」の単体、「飛龍」と「麒麟」が対峙している絵は建物の四周におかれており、全部で20枚の絵がある。きちんと見えるのは南面(7枚)と西面(3枚)。東面(3枚)は斜めから見ることができるが、北面(7枚)は奥の建物に視界を塞がれておりよく見ることができない。
 飛龍は体が魚で翼をもつ動物。胴が短く尾びれがあり、水を司る霊獣とされている。龍のかたちとしては珍しい部類である。麒麟は中国の古代思想における四神のひとつ。体は鹿、頭は狼、尾は牛、足は馬、そして角を持つ。虫も踏まず草を折ることもない仁獣で、優れた王(為政者)が出現したときに現れると言われる。

<鎮護堂の手水場>
 浅草神社から仲見世通りを横切って、伝宝院通りを西に歩くと、鎮護堂という表札が出ている小さな門が目に付く。浅草奥山に住み着き、いたずらをする狸が、伝法院を火災から守りましょうと言うので、明治16年(1883)に鎮護大使者として祀った。火防・盗難及び商売繁盛を祈る人が多いという。小さなお堂、お狸さまの2体の像、水子地蔵尊がある。手水場にある口から水を注いでいる龍は古くて、素朴なもの。

<暖簾の店「べんがら」>
 鎮護堂を出て伝宝院通りを引き返し仲見世通りを横切って、柳通りを東へ歩くと、メトロ通りとの交差点に、のれんの専門店「べんがら」がある。ウインドウを覗いたら龍柄の立派な暖簾が展示してあった。ギョリとした目を持つ精巧な龍が藍色で一面に描いてある。見とれてほしくなるが、お値段は2万3千円と少々お高い。「べんがら」では350種類の暖簾の注文販売をしている。

<とらんくすや>
 メトロ通りは、仲見世通りと平行した通り。静かで昔の面影のある風情のある通りである。「べんがら」さらに南へ向かって歩くと通りの右側(西側)に「とらんくすや」がある。「男たるもの常に吉祥紋を身に着けるべし」ということで、鯉(登竜門)・唐獅子(優美と猛勇)・青海波(平穏な波は吉祥の印)・麻の葉(素直な早い上達)・梅(知恵の花)などの模様を印刷したトランクスを販売している。その中に「龍」図柄のトランクスもあり、「龍には龍の雲を得る如し、龍は一気に昇天す」と説明がある。

<黒田屋の「十二支土鈴」と「干支和紙人形」>
 メトロ通りから雷門通りへ出て右(西)へ行くと、雷門のすぐそばに黒田屋がある。この店で「十二支土鈴」と「干支和紙人形」を買った。二つとも小さくてかわいい龍。土鈴の箱には書付が入っており、京都の薬師釜で焼かれたものであることを知る。紙人形は東京で作られたものであるが、詳細はわからないと、お店の人の言。

<龍昇亭西むらの「龍最中」>
 雷門通りを渡ったところに「龍昇亭西むら」があり、ここでは「龍最中」を売っている。広重作「雷門絵図」にはこのお店がお茶屋として登場しており、金龍山浅草寺の御供物などを引き受けていたことから屋号にしたそうである。この店では、菓子を機械ではなく道具で作っている。
 以上、「龍の謂れとかたち」を求めて何回かに分けて歩き、目に付いたところを、一筆書きにした「浅草まち歩き」です。ここに紹介したところの写真と謂れを下記に掲載しています。お暇と興味のある方はごらん下さい。【生部】
http://ryuss.cocona.jp/ryu-iware/ryu-iware-katachi2.htm


観音堂の天井の龍図

手水舎の龍

べんがらののれん

浅草神社の飛龍

TOPへ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

今後このメールをご不要な方は、大変お手数ですが下記までお知らせ下さい。
東京都新宿区三栄町8-37 K1ビル3F 
自立化支援ネットワーク(IDN)事務所
  新電話番号:03−3358−1958
  Eメール   :<mailto:merumaga-idn@npo-idn.com>

TOPへ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇