■ADF2005開催速報

去る11月3日(木)に開催し、成功裡に終了しましたのでご報告致します。
 
・開催日時:2005年11月3日(木)13:15〜17:00(閉会後懇親会を開催)
・開催場所:財団法人機械産業記念事業財団(TEPIA)4階会議室
・出席者:シニア情報生活アドバイザーを中心に57名
 
フォーラムの概要

開会に先立ち
正午からTEPIA施設のうち、AVライブラリー及び先端技術展の見学を行った。
18名が参加し、映像技術の活用とロボットなど先端技術について説明を受けた。

午後1時115分から
生部座長の開会宣言に始まり、
理事長挨拶のあと
村岡部長の映像出演によるお祝辞を頂き、
余語情報リテラシ−事業部長(TEPIA)から「シニア−のIT学習の実態とアドバイザーへの期待」についてお話を頂いた。

引き続き
千葉地区の活動報告を羽澄、橋本両氏から、
埼玉地区の活動を岩井会長を中心にメンバーそれぞれから発表され、
それぞれ地域に根付く活動の実態報告がなされ、
質疑応答が行われた。
その後、「PCたのしみ隊」の最近1年間の活動経過が國重氏から報告され、
質疑応答が行われた。

10分間の休憩の後
「インタ−ネットを安全に使うには」と題して、
マイクロトレンド社瀬川正弘氏から約1時間にわたって、
ネット上に現れる迷惑メールやウィールスの傾向と予防対策について実践的なお話があった。

閉会の前に
3名のアドバイザー認定者に対し、認定証の授与式を行い
午後5時終了した。

30分の移動時間後
午後5時半から懇親会に入り熱気溢れる談笑の声の中、
活発な交流が行われ、今後の具体的展開を語りながら閉会に至った。

終了:午後6時30分


                                  写真:西野憲明

ADF2005−TOPへ